12月はIPOをする企業が多いので、初値上昇率の低下につながり兼ねません
が、実はIPOに当選するチャンスでもあります。


東証に上場するベンチャー企業


また上場日程などが大きく初値に影響するのも12月です。
狙い目IPOとして考えられるのは吸収金額が多くても初値買いが見込まるれIPO
になります。長年IPOをやっていると大体の事はつかめてきます。


ただすべての銘柄をチェックしておらずこの辺りはどうかな~と思う案件
を並べてみました(狙える案件として)


① ダブルスタンダード(3925)IPO
② ランドコンピュータ(3924)IPO
③ マイネット(3928)IPO
④ ソネット・メディア・ネットワークス(6185)IPO
⑤ ケイアイスター不動産(3465)IPO



当選出来そうな案件を並べてみました。
欲しいIPOとは違いますが、この辺りに当選の確率を感じます。
オープンドア(3926)なども良いと思いますがマザーズにしては吸収額が
多く若干不安があります。
フリュー(6238)などは東証2部だと公開価格を割れる可能性が高いかもです。
ビジョン(9416)などもちょっと怪しいですね。


また5億円以下の物件はIPOに当選出来たら奇跡に近いので当選したら手を上げて
大喜びでOKだと思います(セントレックスは除きます)
一蔵(6186)なども当選できそうですがこれまた微妙です。


12月IPOに今年も当選出来ると自分では考えていますが、どうですかね。
昨年はあまり12月IPOに当選出来なくて苦しかった記憶があります 
今年は既に昨年の231万円利益を抜いたので少し気が楽ですが、出来れば
300万円目指したいです。
ネット抽選が殆どなのであとはやる事をやって運に任せます。

12月に住宅金融支援機構への繰上げ返済をするので頑張らなければ・・・・


岡三オンライン証券は抽選に資金が要らない! 口座開設で書籍プレゼント
岡三オンライン証券
   

※岡三オンライン証券のIPO抽選ルール詳細記事へ

----------------------------------------------------------------------–

【少しレアなIPO口座】
① 立花証券のIPOは1口座1抽選の完全平等抽選なのだ
② 楽天証券のIPOは委託幹事が狙い目かもよ?
③ むさし証券でもIPOの取り扱いは1口座1抽選の平等抽選なんです
④ 安藤証券のIPO取扱いが始まって超穴場口座だったりする 



上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!