日本郵政(6178)の公開価格は1400円に決定しました。
これで郵政グループ3社の公開価格は仮条件の上限にすべて決まりました。
上場発表時は予想できませんでしたが大人気の結果となっています!!


日本郵政IPO当選


想定価格 1350円 ⇒ 13.5万円
仮条件   1100円~1400円
公開価格 1400円に決定!


【時事通信】
11月4日に上場する日本郵政は26日、株式の売り出し価格を1株1400円に決めたと発表した。需要を把握するために示した仮条件の値幅上限で決定。19日に発表された傘下のゆうちょ銀行とかんぽ生命保険も上限での売り出しとなり、個人など投資家の関心の高さを映した。3社の売り出し総額は合計で1兆4362億円で、2兆円を超えた1987年のNTT、98年のNTTドコモに次ぐ規模となった。
日本郵政グループ4社のうち、日本郵政による100%出資の維持が義務付けられている日本郵便を除く3社が東証1部に同時上場する。売り出し価格で計算した時価総額は3社合計で13兆567億円に上り、NTT以来の大型上場となる。日本郵政は2016年3月期連結純利益を前期比23.3%の大幅減と予想するなど、業績が低迷。今後は、日本郵便が手掛ける物流事業の強化や、傘下金融2社の資産運用改革など収益力の向上が求められる。



   



ワクワクドキドキの当選結果を期待します。
いまだに当選した方がいいのか落選が良いのか日本郵政は微妙な気分です。
郵政IPO以降のIPOにも参加される方が多いようですから、IPO当選倍率は以後
高くなりそう?


ネオジャパン(3921)IPO幹事です!! 幹事多数の実績あり
岩井コスモ証券


※岩井コスモ証券のIPO抽選ルール詳細はこちら



【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2014年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】  
③ 主幹事もする店頭系ネットでお勧めしている記事へ【SMBC日興証券】