Funds(ファンズ)がソーシャルレンディング業界に革命を起こしたようです。同社はソーシャルレンディングNo.1メディアのクラウドポートを運営していたこともあり、業界のことを知り尽くしています。その企業がついに貸付ファンドを取り扱います。これまでの業界イメージを払拭するような内容となっているため是非ご一読ください。


同社の貸付ファンドとは、利回りや運用期間があらかじめ予定された金融商品になります。相場による値動きがなく投資を行えば予定された期間による収益をもたらしてくれます。そして、他社との差別化をする事実もわかったため、実際にインタビューした内容を惜しみなく公開させていただきます!


Funds(ファンズ)評判と実績


貸付ファンドの仕組みは個人向け社債と同様の性質を備えた金融商品になり、インターネットを介したサービスを提供しています。通常社債は格付けが付いたものを投資家は購入します。日本の証券会社が扱う社債はBBB以上のものが多く、BB以下の格付けが付いているものは限定的です。


諸外国に比べると日本は個人が社債に投資する割合がかなり低いため、投資機会の損失とまで言われています。アメリカと比較すると3分の1程度しか市場に商品が流通していません。ここで貸付ファンドに疑問が出てきますが、利回りが低いため社債への投資は行わないという方もいると思います。実際に国内発行の個人向け社債は0.5%以下の利回りになることが多いです。


株などに比べ安定性が高いということで、大きなお金で社債を買う富裕層は多くいます。この仕組みだと個人投資家が社債を買うことは難しく、最低投資金額をみても100万円程度の資金が必要になります。100万円の投資で0.5%だと5,000円になります。実際には0.1%台の商品が半分以上を占めているため5,000円も出ればよいほうです。


さらにこの利益から税金が引かれるため手元に残る利益は微々たるものです。リスクこそ低いものの魅力が高いとは言えません。そこで同社が考えたスキームが魅力的なのでご紹介します。


Funds(ファンズ)の貸付ファンドの仕組みはこうなっている

同社の貸付の仕組みでは、投資家はファンド組成企業との間で匿名組合契約を結び、その契約を通じて出資対象事業に出資を行います。出資先が収益を得ることで投資家に利益を分配する形になります。


ここまでだと通常のソーシャルレンディングと何も変わりませんが、実は大きな違いがあります。類似企業だと投資家は何処に投資をしているのかわかりませんが、インタービューをした結果明らかな違いがあることがわかってきました。


Fundsの貸付ファンドの仕組み


個人投資家が投資を行う対象は、上場企業であることや監査法人の監査をしっかり受けていることなどが条件に含まれています。同社の審査も2回あり、投資案件ごとに厳しい審査基準も設けられていると言うことです。さらにベンチャーキャピタルからの出資などの確認も行われると言うことでした。

  • 上場企業であること
  • 監査法人の監査を受けている企業であること
  • ベンチャーキャピタルの出資を受けていること

  • ※第三者の牽制があることに加え、上場もしくは上場を目指している企業を想定しており不正を起こしにくい企業を対象にしている



現在の投資対象として名前が上がっているのはアイフル(8515)やデュアルタップ(3469)などとなっています。LENDYについては上場企業からの資本も入っていて、金融フィンテック関係で有名が企業です。クラウド会計やPOSレジなどの決済サービスを行っています。ひょっとすると上場してくるかもしれません。



Funds投資対象にしている上場企業一覧


ここまでのイメージだと社債的な商品を提供するだけでスキームが変わらないと思われますよね?ただ貸し付け先がグループ企業になっている大きな違いがあります。


通常であればA社とB社のようなイメージになりますが、A社とA社子会社のようなグループ企業へ投資家の投資金が向かいます。と言うことは上場企業が親会社であればデフォルトになる可能性も低いのではないかと考えられます。


一般的なソーシャルレンディングとの違い


現在のソーシャルレンディングの仕組みでは上場企業が借り手になることは金利の面でも不可能だと言われており、同社のサービスを利用すれば上場企業でも資金の借り入れが出来るそうです。また、上場企業が運転資金を調達するわけではないためこのスキームが行えると個人的に思っています。

Fundsに投資をしたいけど業界のデメリットがありますよね?

実は私もFunds(ファンズ)に口座を開設しています。そして投資をすることを考えているため、ズバット聞いてみました。類似企業に口座を開設している方はわかると思いますが、口座開設後に投資金を入金しても投資ができないことがありますよね?


代表取締役藤田雄一郎氏
※代表取締役の藤田雄一郎氏(以下のやり取りではmaronになって頂きます)



kimukimu

藤田さん、会話の途中ですが一つお聞きしてもよろしいでしょうか?
ここまでの説明で良い材料が多く個人的に魅力を感じています。またインタビュー前に口座開設を行っているためどうしても知りたいことがあります。

それは、投資案件がコンスタンスに出てくるかどうかです!投資をしたくてもすぐに満額成立になる場合があり、なかなか投資が出来ないことがあります。この辺りについてはどうでしょうか?



maronmaron

キムさん、ご質問の内容は想定しているため出来る限りの対応をしていくつもりです。現時点において需要がつかみにくいため多少お時間が必要になるかもしれませんが、良い案件を提示させていただきたいと考えております。提携企業を増やすことにも注力しています。



kimukimu

次に、ファンドを組成する企業が増えてくる見込みはありますか?現在のところ少ないと思いますが、今後どのようなことが考えられますでしょうか?また、事業の直近の目標としてどの程度の預け入れ資産を目標にされていますでしょうか?



maronmaron

先ほどの答えにもありますが、今後ファンドを組成する企業が増える見込みはあります。しかしながら現在情報をお教えすることはでき兼ねます。また、預け入れ資産については100億円規模をまずは目指していきたいと考えております。



kimukimu

少しだけでも良いので情報を頂くことはできませんか?せっかく藤田様にお話を聞く機会を頂きましたので・・・



maronmaron

そうですね。。。フィル・パーク事業を展開するフィル・カンパニーさんとは投資型クラウドファンディング参入に向けた助言をさせていただいており、事業上の提携も視野に協議しています。



kimukimu

新しい情報を頂き感謝しています!フィル・カンパニー(3267)はコインパーキングなどの駐車場空中部分を活用している上場企業ですよね。投資案件も参加してくる企業が増えることが予想されているようなので今後の推移を見守らせていただきます。



インタビュー中に他にも突っ込んだ話をしましたが、すべてにご対応頂き感謝しています。


同社はスタートアップ企業として注目されているためこれから急成長していくと考えられます。市場にこれまでなかったビジネスを作り上げていくために頑張って頂きたいと思います!


Funds(ファンズ)の予定利回り1.5%~6%にはしっかりとした理由がある

同社の予定利回りは1.5%~6%に設定されています。ソーシャルレンディングへの投資と考えるとやや低い気がしますが、実はそこにロジックが存在しています。リスクを軽減できるからこそ、利回りが低めに設定されている訳です。言い換えれば、これまでソーシャルレンディングへ投資を躊躇していた方にこそお勧めなのかもしれません。


ファンズの利回りが低い理由


上場企業やベンチャーキャピタルなどからの出資を受けていると言うことで、リスクを表にすると上記のようになるそうです。一般的な貸付先が中小零細企業になるのに対して、同社では自社審査をクリアーした企業(上場企業等)を対象としています。このことによりデフォルトになることを軽減できるのではないかと個人的に考えています。


同社では、貸付ファンドへの投資を「貸付投資」と名付け、新しい資産運用方法として提案しています。この辺りにこだわりが感じられます。

貸付ファンドのメリット

同社で取り扱う貸付ファンドは、借入金を用いて行う事業の成否にかかわらず、借り手の全財産が借入金の返済原資になります。この種類の借入れをリコースローンと呼び、借り手が借入金を用いて行う事業で想定したリターンを得られない場合でも、借り手企業が返済不能にならない限り投資家の利回りは確保されます。


さらに最終貸出先が返済不能に陥ることがあっても返済義務を負っているのは借り手企業のため、返済期待が出来ること、またファンド組成企業の貸付先は、ファンド組成企業の関係会社であるため貸付先企業の経営状態に問題があった際、ファンド組成企業による経営指導などがなされる可能性があります。


ファンズの返済義務


もちろん投資をするからにはリスクがあるため投資をする際にはしっかりとリスクを理解しなければなりません。そしてどの投資でも同じですが、リスク分散のために分散投資が必要になります。


同社のファンド組成企業になるためには、財務状況や適格性、さらに事業計画の妥当性や情報公開の準備などが必要になります。そして四半期ごとにモニタリング調査が入ります。募集するファンドに対しても随時同様の審査がおこなわれているそうです。これまでの同社の事業経験から厳しい環境にあるようです。


貸付ファンド投資の種類


ファンドの利回り自体は情報が公開されてみないとわかりませんが、3%程度は最低でも期待が出来そうな気がしています。また運用期間は公式サイトの案内から短期間設定が多いのか?と感じています。個人的には短期間での取り扱いの方がリスクが低くよいと感じます。


クラウドバンクのように短期間設定だと思っていたところ、代表取締役の藤田氏はクラウドバンクの立ち上げにも貢献している人物でした。納得です。


また社債を例に出すと、超有名なSBI債は0.5%程度の利回りで200億円が即日完売するほどの金融商品です。同社のスキームが世の中にどの程度受け入れられるのかわかりませんが期待できそうです。

ファンズは資金を借り入れるためのスキームを用意しているだけ

多くのソーシャルレンディング事業はグループ内で組成企業を作ることが多いのに対して、同社では完全に分離しています。このことにより類似企業よりもアセットライトであるため、倒産リスクが抑えられていると考えられます。また、Fundsを運営するクラウドポートが万が一破産した場合は、分別管理口座にある預託金は他の財産とともに破産管財人の管理対象になるそうです。


ソーシャルレンディング比較


このことから、投資を行わない資金を寝かせるのはリスク面からあまりよくないようです。とはいえ、他社よりも優れている面が多く企業への期待は大きいと思います。現在のところ資本もベンチャーキャピタルからの出資を受けており体力もかなりあるそうです。みずほキャピタルやAG キャピタル、B Dash Venturesなどの大手企業の名前を教えて頂きました。個人的な考えですが、同社が破綻すれば他社はもっと厳しい状況ではないか?と感じます。


さらに藤田氏にお伺いしたことですが「目標とする企業はありますか?」と言う問いに対して、しぶしぶお答えいただいた答えが「ZOZO」のような巨大マーケットプレイスを持つことだそうです。そして日本で成功し世界の投資案件も手掛けることが出来ればという目標があるそうです。


かなりお答えにお時間を頂きましたが、私の質問にお答えになる姿勢が実直で信頼できると感じました。スマートフォンで簡単に投資が出来る時代になり、フィンテックを取り扱う企業も増え益々期待できそうです。


正直なところ、インタビューに代表取締役の藤田氏がお答えになるとは思ってもいませんでした。メディア対応の部署がありその方が対応するとばかり考えていました。ありがとうございます。

分配金の確定申告はどうすればいいのか?

投資を行うことで利益がでた場合に確定申告の必要性が出てきます。公式サイトでは20万円を超えなければ確定申告の必要性はないと記載があります。ただし、確定申告をすることで還付を受けられることもあります。


【公式サイト抜粋】

匿名組合契約に基づく利益の分配(以下、分配金)に対する税金は源泉徴収が行われております。例えばお客様が給与を1か所から受けており、雑所得(分配金を含む)の合計が20万円を超えない場合は確定申告の必要はありません。その他、確定申告の必要がない場合でも、申告により還付を受けられることもありますので、詳しくは国税庁の案内ページをご確認頂くほか、税理士等にご相談ください。

源泉徴収制度は、課税対象となる所得の支払者が、所得者への支払額から税金に相当する額を差し引いて所得者の代わりに国に納付する仕組みです。匿名組合契約に基づく利益の分配は、所得税法上、雑所得として課税対象となります。この分配金に対する課税には、源泉徴収制度が適用されます。したがって、ファンドの組成企業(ファンドの営業者)は、税金に相当する額を予めお客様への支払額から控除し、お客様に代わって納税いたします。



既に類似企業への投資を行っている方からすれば分かりきったことですが、利益は雑所得扱いになります。そして分配金に対して「源泉徴収され分配金」が手元に残る仕組みになります。分配金が1%~6%になっているため仮に平均値の3%を基準にすると、600万円以上を投資しても確定申告の必要がないことになります。


ただし、上記は所得税の範囲であり本当であれば住民税の申告が別途必要になると思われます。この辺りは投資家の判断だと思います。


Funds(ファンズ)は1円から投資が出来る今までにない投資

1円から投資が出来るというと語弊があるように思いますが、その仕組みを藤田氏に教えて頂きました。例えば100,000円の投資を行った場合に分配金が支払われると1円単位まで分配金を頂くことが出来ます。計算すると年利6%なので1年間に6,000円になります。ただし税金がここから引かれるため「分配金利益は4,775円」になり、源泉所得税は1,225円です。


Fundsは1円から投資できる


そうなると1年間後には104,775円になります。どの企業でも再投資の場合は千円単位以上での投資になりますが、同社では1円以上からの投資なので775円も再投資に回すことが出来ます。


もちろんFunds(ファンズ)へ入金した金額が12,345円だとしても全額を投資に回せます。ある意味機会損失がない状況を作るわけです。また分配金の受け取り方法ですが、ファンドごとに分配予定日が異なるため投資を行いたい案件の確認をすることをお勧めします。毎月分配金の他、四半期ごとの分配、満期後一括払いなどがあります。


ファンドタイプは貸付ファンドと事業ファンドの2種類を用意しているそうです。繰り返しになりますが、最低投資金額は1円から可能です。ただしあまりにも低い金額の投資は分配金が支払われない場合があるため10円単位の投資はお勧めしません。


また募集ファンドには最低成立金額があり、募集終了タイミングで最低成立金額を上回る応募がない場合には不成立となります。この他、担保設定や補償内容などもファンドごとに異なるため確認するようにしておきましょう。


⇒ Funds(ファンズ)公式サイトはこちら


Funds(ファンズ)とはどんな会社なの、評判は?

会社情報を確認すると詳細情報が確認できます。インタビューでも詳細をご提示いただきましたが、公式ページにも書かれている通り「金融専門家や弁護士、会計士」が複数在籍しています。卒業大学もそうですが、これまでの経歴や実績も公開されているため詳細を知りたい方は公式サイトを訪問してみるとよいでしょう。


これまで同社(クラウドポート)は大手メディアでも取り上げられることが多く評判も上々です。


クラウドポートの主要メンバー


企業アドバイザーとしては、東京大学名誉教授や元財務事務次官、さらに金融関係のスペシャリストとのつながりがあります。人脈の広さにも期待が出来ると思います。公式サイトには法令遵守の業務運営体制を構築とあります。


同社の会社概要は下記のようになります。



項 目 その内容
社名 株式会社クラウドポート
会社設立 2016年11月1日/td>
代表取締役 藤田雄一郎
注文受付価格の範囲 310円以上 4,960円以下
資本金 188,005,000円/td>
所在地 〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2丁目6-11 花門ビル5階/td>
事業内容 金融商品取引業、インターネットによる情報サービス業
登録・加入協会 第二種金融商品取引業 関東財務局長(金商)第3103号
一般社団法人第二種金融商品取引業協会加入
出資企業 B Dash Ventures株式会社
AG キャピタル株式会社
みずほキャピタル株式会社

ファンド組成企業にも大きなメリットがある

ファンド組成企業は上場企業を中心に行うそうです。私個人としても、同社と他社の差別化は何なのか知りたかったため調べてみました。今回のスキームを使うことで上場企業が参入しやすくなることはわかりましたが、資金を集めたい企業側にもFundsのシステムを使うメリットがありました。


企業側の協業メリットとしてあげられるのは、初期費用やシステム利用代金が無料であることが第一にあげられます。この他、第二種金融商品取引業の登録が不要であることが最大のメリットでしょう。


投資家の開拓やシステム構築などはどの企業でも同じだと考えられます。法令上の必要書類や契約書関連の作成の問題もありますが、同社で代行されるそうです。


ただし取扱いに至るまでには審査基準をクリアーしなければならないため、ファンド組成企業の信頼が高いことが条件となります。投資家には嬉しい話です。


SNSでもかなり盛り上がっているようです。口座開設は早めがよさそう

ツイッターで情報を発進している方を見つけたので確認してみると、多くの方が情報発信をしているようです。また公式サイトのツイートを発見しました。


またインタビュー当日にソーシャルレンディングNo.1メディアの「クラウドポート」を金融メディア大手の「ZUU online」に譲渡したことを知りました。今後はFunds(ファンズ)の事業に注力するそうです!市場でもそれが賢明だという声も出ています。







ただし、これまで通りクラウドポートニュースは同社が配信するそうです。公式サイトには下記の文面の記載がありました。


比較サイト「クラウドポート」がこれまで通り中立的な立場で情報提供を継続するためには、金融商品取引業者となった当社に代わり、金融メディア運営事業者であるZUU社がその運営を行うことが適切であると判断し、今回の事業譲渡に至りました。
これまで、「クラウドポート」を使っておられた融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)投資家の皆様は、ぜひ当社の新サービス、貸付ファンドのオンラインマーケット 「Funds(ファンズ)」https://funds.jp にご期待下さい。



事業譲渡をする理由は「中立的な立場で情報提供」とあります。そうですよね、どんなに自社サービスが優れていても同社案件を「優先している」と思われないとも言えません。ZUU(4387)も上場会社ですし、これからも同様のサービス継続となり既存顧客も安心できます。


実際にFundsに口座を開設してみた。注意点はあったのか?

口座開設の手順として問題なところは特にありませんが、個人の他に「法人口座」開設が可能となっています。また、口座開設や維持管理はすべて無料です。メールアドレスもフリーアドレスで登録を行ってみたところ無事申し込みできました。


無料申し込みを行ったすぐに登録したメールアドレスに確認メールが届き、その後は案内に従い個人情報を入力していきます。


Funds口座開設申し込み画像


Fundsウェルカムレター発送画像


口座開設完了待ち


申込時に本人確認書類とマイナンバーを用意しておく必要があります。スマートフォンで口座を開設される方は写真をあらかじめ撮っておくか、申込時に写真を撮りましょう。


注意点としてはあげるならば、出金用の金融機関口座の入力をしなければならないことです。申し込み時点で入力しなければなりません。私は個人申し込みを行ったため法人申し込みの仕方はわかりませんが、似たように流れになると思います。


マイナンバーなどは後から登録することも可能です。


私はウェルカムレターの受け取りを行うだけとなっていますが、どうやらサービス開始前に口座開設者を希望する方が多く大忙しの状況だそうです。ちなみにめっちゃ忙しい状況で今回ご対応頂いています。


第一号案件に投資実行しました。事前評判が凄く大人気(追記)

同社の第一号案件に投資を行うことができました。事前入金を50万円行っていたため案件を選ぶだけの作業でしたが気になることもありました。公開と同時に申し込みを行い普通に申し込めましたが、どうやら大人気となったようです。


メディアによれば6分間で完売になるほど人気があったそうです。募集された商品は3案件あり、私は上場企業のデュアルタップ(3469)案件に申し込みを行いました。利回りは年利5%と思っていたよりも高く設定されています。


ファンズ投資実行商品はデュアルタップ案件


項 目 その内容
予定利回り(年率・税引前) 5.0%
募集金額 26,200,000円
運用期間 12ヶ月
2019/2/14〜2020/1/31
担保・保証 担保なし・保証なし
償還方法 満期一括
最低投資金額 1円


【公式サイト抜粋】

当ファンドでは「東京23区」「最寄り駅から徒歩10分以内」を開発基準としたマンション「XEBEC(ジーベック)」の購入原資へ投資します。XEBECでは、標準的な設備はもちろん、オートバスやオリジナルのシステムキッチンなど人気の設備を取り入れています。また、供給物件の57%以上が最寄り駅から徒歩5分以内に位置しています。

デュアルタップ社の物件は業界平均を上回る高い入居率を維持しており、安定した賃料収入を実現しています。(2018年12月の入居率は98.5%)また賃貸管理実績は年々増加しており、2018年6月期で1626戸です。



デュアルタップは今回の資金調達方法で業績を大きく伸ばすことも視野に入れており、投資家との関係性も良好になる可能性があります。株価もストップ高を連発したほどインパクトある事業提携となりました。今回の募集は「XEBECの物件は大田区蒲田エリアの物件」になるため近所に住んでいる方は場所の特定もできると思います。


基本的に開示されませんが、ある程度絞り込まれているため調べ方によってはわかるのではないでしょうか?デュアルタップは2016年7月にJASDAQへ上場した企業になり、現在は東証2部へ昇格しています。上場企業がファンド組成企業を募集するため投資家も安心できる面があります。

ファンド募集に申し込みした後に入金する際のポイント

実はデポジット口座に入金を行っていなくてもファンドへの投資ができます。投資を行った後に気になり調べてみたので参考になるかもしれません。ちなみに私のマイページ残高は総資産50万円になり20万円が残高として表示されています。残金は次回の募集案件に投資予定です。


ファンズマイページ残高


ファンド毎に入金期限が設定されており、この入金期限を超えてしまうと自動的にその投資は失効します。投資をしたくても振り込みなどで時間が掛かると投資できないことになるため事前入金をしておくことが賢明のようです。


また、期限までに入金が確認できない場合は再募集となるそうです。再募集と言っても期日までに入金できなかった分の金額になるため枠は少なくなります。例えば10万円が失効となれば、10万円分が募集されます。

投資を行う前に事前準備を徹底しておくこと

不確実性が含まれますが、私が投資を行った際にすんなり申込めたのはひょっとしてこれを行ったからかも?と思うようなことがあったのでご紹介します。それはリスクや注意事項のページを募集前から開いていたことです。これにり申し込みを行った際に再確認をスルーできたのでは?と感じました。


急いで申し込みを行ったためはっきりとは覚えていませんが、投資ボタンを押した後に再確認画面上でPDF確認を行わないで申し込んだ気がします。パソコンの方はそれほど手間になりませんが、スマートフォンから申し込みをする方はPDFを開いている間に申し込み上限に達する可能性があります。


貸付ファンドを申し込む際の注意事項


上記のような確認が募集時間前から表示されているため、私は事前確認をしページを開いていました。なぜこのようなことをしたかというと、他社の募集で申し込み時に手間取ったことがあるからです。


他社との個人的な比較では、申し込み時にサーバーエラーはでませんでしたし、すんなり申し込みが行えたので安心しました。アクセスが集中しすぎてページが表示できないことも過去に何度か経験していたため、同社のキャパシティーが気になっていました。インタビュー中にもお答え頂いたように強固なサーバーだったようです。


私が投資を行った以外の商品はLENDY Fundingの4ヶ月6%利回り、アイフルの12ヶ月1.8%利回りの商品がありました。デュアルタップを選んだ理由は単に募集金額が大きく利回りもよかったからです。これからの募集も期待してよいと思います。

Funds(ファンズ)に投資をしてわかった事実と分配金の利回り!

同社に投資を行い分配金を頂くことができました。毎月分配金ではありませんが3ヶ月に1回分配金が支払われるようになっています。源泉徴収もしっかり行われているため投資家は何もすることはありません。分配金利益が20万円を超えている場合は、翌年に確定申告をしなければならないことくらいです。


実際には20万円以下でも申告しなければなりませんが、この辺りは本人の考えに委ねられるでしょう。一般的に所得税には関係ありませんが住民税には関係がある方もいます。


さて、実際に予定されている分配予定表が管理画面に出ていたので掲載します。


Funds分配金予定表


分配予定表からデジポット口座入金額を合算すると、300,000円の資金が311,480円になります!一度投資を行えば楽な投資なのでとても嬉しく思います。株や為替のように一喜一憂することもなく淡々と利益を上げてくれます。


なので私もソーシャルレンディングへの投資金を少しずつ増やしています。少しでも利益を出すために複利を目指していますからね。


特にファンズへの投資は資金回収という面で安心できます。ただ人気がありすぎるため投資するときに少し頑張らなければなりません。また分配金がでているためそのお金も再投資へ回すことができるため機会損失を防ぐことができます。何しろ「1円から投資ができる」ため分配金もまとめて投資可能です!


さらに、サービス開業時よりも同社との提携企業が倍増しているため投資案件も増えています。投資家には嬉しいことです。「フィルまちづくりファンディング」「明豊プロパティーズ」「イントランスファンディング」「Intellex Funding」などが新しく組成企業として加わっています。


昨年頂いたソーシャルファンディング利益の合計は10万円を超えていたので、今年はもう少し投資額を増やして頑張りたいと思います!同社の口座残金が202,453円あるので次の募集ファンドに投資を行ってみます。


Funds(ファンズ)のファンド募集で抽選方式が始まる

ファンド申し込みがこれまでの先着申し込みだけではなく、一部のファンドでは抽選方式を採用する発表がありました。これにより募集開始時刻に申し込みを行わなくても抽選による配分が行われ投資が楽になります。


ファンズ抽選方式導入を発表


抽選による募集は先着方式よりも募集締め切り期日が早いため抽選募集で落選となっても先着方式で申し込みが可能です。もちろん特定の顧客へ意図的に当選確率を高くすることはありません。


抽選申し込みを行った顧客に対し機械的にランダム抽選を行うと公式サイトで発表されています。すべてのファンド案件で抽選が行われるわけではありませんが、抽選方式が発表されたことにより個人的にかなり嬉しいと感じています。


注意事項としては抽選申し込みを行った後に「キャンセル」することが出来ません。先着申し込みであれば設けられた日時までキャンセル可能です。また、応募金額は100万円までという決まりがあるため100万円以上の投資を考えている方は先着順方式でも申し込みを行うことになります。


他のソーシャルレンディング企業では抽選方式を採用している企業はないと思います。私も数社に投資を行っていますが見たことがありません。


これからは抽選にまず申し込んでおき、外れたら先着順で申し込むスタンスを取る投資家が多くなりそうです。社長の藤田雄一郎氏にインタビューした際に投資家が殺到した場合に投資が出来ないことが悩みだと伝えていただけに、今回のサービスは期待できそうです。


同社はソーシャルレンディングやクラウドファンディングの「比較サイト」を過去に運営していた企業のため他社と考えることが少し異なるようです。今後のサービス展開にも期待できそうです!勢い的には業界の中で一番では?と感じています。


Funds(ファンズ)に投資をする前に知っておくべきメリットとデメリット

同社を利用した投資を行う場合に注意するポイントがあります。これまでの記事をまとめる形になりますが、要点をピックアップしてみました。既存のソーシャルレンディングとは少し異なり、新しい領域への投資と考えてよいでしょう。


投資家リスクとしてはリターンがやや低いけれど、元本保証を考えた場合にメリットがあります。この辺りは投資家の投資額や考え方次第だと考えられます。


貸付ファンドはリスクが低い金融商品


    【メリット】

  • ファンド組成企業の信頼度が高い
  • リスクを軽減する関係会社貸付スキームを採用している
  • 利回りが比較的高い
  • 最低投資額は1円以上
  • 相場に左右されない利益を見込める
  • 自社の業務に注力できる(取扱者)
  • 抽選方式が採用され投資チャンスがさらに広がった


    【デメリット】

  • 借り手企業が返済できない場合に元本が減る可能性がある
  • 取扱い者である同社やファンドの倒産リスクがある
  • 運用期間中は解約ができない
  • 運用期間が延長になるケースが中にはある
  • 逆に早期償還となるケースがある
  • 投資家が殺到し投資が出来ない可能性がある



わたし個人としては、Funds(ファンズ)への投資も行いますし、他社でも継続して投資を行うつもりです。投資額もそれほど大きくないためこのまま資金分散も行います。同社を使った最大の魅力は社債に近い投資商品であることと、安定した利回りの追及が出来ることでしょう。


これまでリスクが高いと思われ躊躇していた投資家には嬉しいサービスとなりそうです。また、入金時には振り込み代金を投資家が支払いますが出金手数料は無料です。入金するとデポジット口座というところに入金されますが、これは預け入れ資金になります。最近デポジットという言い方が主流になっています。


入金不要で投資が出来る


また、投資申し込みを行った後でも入金作業が行えるようになっています。あまりにも競争倍率が高い場合には助かるシステムです。予め入金しておくことがベストですが、今後リアルタイム入金などが導入されればどちらで投資をしても構わないでしょう。


資金反映には1営業日かかるようですが、こちらも改善されていくはずです。投資を行うと応募金額や応募人数などの表記があるため、人気があるファンドも確認が出来るようになっています。


この他、事業ファンド(電子申込型電子募集取扱業務の対象となるファンド)は、投資申込から8日間のクーリング・オフが認められています。その他のファンドではキャンセルが出来ないことになっています。今後サービスが拡大されるたびにメディア露出も多くなると思いますので、投資を検討されている方は早めに対応したほうがよさそうです。


また、Fundsの収益は投資家から徴収されるのではなく、ファンド組成企業から受け取る仕組みになります。投資家が負担する費用は投資金の入金を行う振り込み代だけとなります。新しい切り口の投資が始まり業界でも話題沸騰となっており期待できそうです!サービス開始前にも関わらず絶好調らしいです。


貸付先は主に上場企業で1円から投資が可能! 【あのクラウドポート運営で超話題】
⇒ Funds(ファンズ)公式へ

Funds