楽天証券のIPO抽選ルール詳細を記事にしてみました。楽天証券と言えば過去のIPO取引実績がかなり多い企業です。しばらく取扱い数が少なかった時期もありますが、ここ数年取扱い数が増加傾向にあり、申込者も減っているようなので当選確率は高めとなっています。さらに一般信用売建サービスが開始したことで株主優待をクロスする方法も使える企業です。


1口座1抽選の平等抽選を採用しており、抽選は引受けた株数を100%抽選に回す企業です。参加者が少なければ自然と当選確率が高くなります。さらに独特の抽選方法も理解しておくと抽選結果を楽しめるはずです。


楽天証券のIPO抽選ルールと当選確率


これまでは手数料によるIPOカテゴリー分けが適用されていましたが、現在は廃止されているようです。公式サイトにある「募集等に係る株券等の顧客への配分に係る基本方針」にもステージ制のことが書かれていません。よって以前よりも当選しやすくなっていると考えられます。


一部抽選によらない配分もあるようですが、基本的に多くの投資家に配分されるようになっているようです。抽選には乱数を用いて機械的に抽選されます。


楽天証券では面白いことに、銘柄別に抽選倍率が確認できるシステムなので人気だった銘柄もわかります。さらに後期型抽選方式を採用していることから、一定数の購入申し込み忘れが存在するようです。私もよく忘れるため当選の機会を逃しているように思います。入金しているだけでは駄目だと言うことです。


楽天証券のIPO抽選ルールを簡単にまとめてみました

楽天証券のIPO抽選ルールを最新情報を基にまとめてみました。どこの証券会社も同じですが、日本証券業界のルールに従い、顧客への配分は適切に処理されています。自社ルールも存在し、楽天証券の場合は一部の投資家にIPO配分が集中しないように工夫されています。公平な配分を適切な処理で行っていると言うことです。


    【楽天証券のIPO抽選方法詳細】

  • 需要申告と購入申込を2回行わないと抽選に参加できない
  • 抽選方法は購入申し込みを行った方を対象に乱数を用いて抽選を行う
  • IPOに当選した場合はWEBサイトで連絡が行われる
  • 抽選によらない配分も一部存在するらしい
  • 原則引受けた株式の全数を抽選に回す
  • 同一顧客にIPO配分が集中しないようにしている
  • リアルタイム入金が用意され入出金を無料化できる
  • 口座開設や維持管理が無料(特定口座の維持も無料)



ここで1つポイントがあります。需要申し込み(ブックビルディング申込)の際に資金が拘束されず、購入申し込み時に申し込み株数相当の資金が必要になります。後期型抽選を採用している企業の中には需要申し込み段階で資金が必要な証券会社もあることから、同社の場合はやや資金的な余裕が発生することになります。


新規公開株式に参加する流れは下記のようになります。





目論見書の確認は電子交付で行われるため「AdobeReader」などをパソコンにダウンロードする必要があります。大体の方は初めからパソコンやスマートフォンに組み込まれているシステムなので心配の必要はないと思います。


同社の取引報告書や取引残高証明書などもAdobeReader(アドビリーダー)が必要になり、どの証券会社でも必要となっています。公式サイトには無料ダウンロード先も用意されているため心配するようなことはありませんが、気にかけておきましょう。


楽天証券のIPO参加申し込み手順は少しわかりにくい?

同社の抽選参加を行うには、どこから参加すればよいのか少しわかりにくいためご紹介しておきます。たまにしか参加しない方は忘れる可能性があり気を付けておきましょう。また、マーケットスピードやアプリからのIPO申し込みはできずWEBサイトからの抽選申し込みを行わなければなりません。


楽天証券IPO抽選参加手順


上記がログイン後に「国内株式」というタブをクリックした画像です。IPOという項目はまだ出てきていません。注文というピンク色の帯はデフォルトで表示されています。


次にこのピンク色の注文をクリックすると「新規公開株式」というタブが表示されます。初めから色がついているためクリックしてもどうにもならないと思いがちですが、実は新しい項目が表示される仕組みになっています。少しわかりにくいと以前から思っています。


楽天証券の新規公開株式注文ボタン


ここまで表示が出来たら取扱い中銘柄の詳細が表示されるため手順に沿って申し込みを行うだけです。ただし、やはり申し込み方がわからないと言う方がいます。


よって実際に申し込みを行う手順も書いておきます。

ブックビルディングに参加する手順の詳細

同社で需要申込(ブックビルディング)に参加するには手順があります。しかも若干わかりにくくどこから申し込むの?と思われる方もいます。しばらくウロウロしているとわかると思いますが、下記に手順を書いてみました。


楽天証券のブックビルディング参加の仕方


上記のように取扱い銘柄が表示されていますが、赤丸の参加を押すと別ページが表れどこで参加するのかわからない方がいます。私も以前は似たようなものでしたが、注意事項が書かれているだけなので下へスクロールすればよいだけです。


ブックビルディング参加と購入申し込み


この画面を一番下までスクロールすると「同意する」「同意しない」と書かれているので同意するを選択すればブックビルディングに参加できます。


確認事項が多くかなり下までスクロースしないといけないため気を付けてください。購入申し込みが開始された場合はログイン後に表示されるため案内に沿って申し込みを行う方法がベストでしょう。


購入申し込みを行い抽選結果の発表はログイントップ画面のお知らせで確認ができます。もちろん、「ブックビル参加・購入」の項目でも確認できます。

目論見書をしっかり確認して抽選に参加したほうがよい

証券会社の目論見書を確認し、その後注意事項に同意しましょう。手順が逆になっても問題ないと思いますが、そのように書かれているため守っておいたほうが無難だと考えています。他の証券会社でも同じです。


目論見を確認してIPO抽選に参加する


観覧ボタンを押すと最終閲覧日が更新されるため、すべて確認しておきましょう。購入申し込み時には訂正事項が新しく追加されるため購入時にも確認が必要になります。


目論見を確認し注意事項をよく読み、「同意」すると下記のようなブックビルディング申込画像が出ます。


需要申告完了画像


申込株数が100株と表示されているため、100株と入力し価格は仮条件上限の3,290円で入力をしておきます。3,290円で入力をしておかなければ抽選から外される場合があるため出来るだけ上限申し込みが好ましいです。


そして確認ボタンを押し、次のステップで取引暗証番号を入力すれば参加申し込みが全て完了します!


この際に2回目の購入申し込みの日時を確認しておくことをお勧めします。できればカレンダーなどに書いておきましょう。私は何度も購入申し込みを忘れ抽選に参加できなかったことがあります。わかっていますが、上場する銘柄が多くなるといつも失敗してしまいます。

リアルタイム入金を使えば入出金を無料化できる

IPO投資では資金の有効活用により当選確率を引き上げることが可能です。その為には入出金を頻繁に行わなければなりません。自己資金が多くなれば入出金を繰り返すことは殆どなくなりますが、数百万円まで自己資金を用意するまで入出金を繰り返すことが一般的です。


楽天証券リアルタイム入金ができる企業


楽天銀行からだとマネーブリッジを利用し、楽天銀行にログインせずに24時間リアルタイムで資金移動が可能です。提携銀行も多いため入出金も容易だと思います。


私は楽天銀行やゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行などからネットバンキングを利用する機会が多くなっています。出金する場合は証券会社が手数料を負担してくれます。


IPO投資に参加したいと考えている方は、工夫をすることで抽選回数を増やすことができます。自己努力が必要になりますが申し込みを行わないと当選できないため頑張りましょう。


⇒ 楽天証券公式サイトへ


楽天証券を使ってIPOに申し込むと抽選倍率が表示される現実

同社で抽選に参加すると当落の結果が出た際に、抽選倍率も表示されます。他の証券会社ではこのようなサービスは行われていないため透明性があります。完全抽選を行っている証でしょうか。


抽選倍率みんかぶIPO


上記のデータを参考にさせて頂くと抽選倍率が約86倍となり、86人に1人が当選できていることになります。引受株数の問題もありますが、他の証券会社に比べるとかなり当選確率が高かったようです。やはり後期型抽選になると参加率が落ちるようです。


過去にはとんでもない配分率も存在し、レオス・キャピタルでは9倍!と言う数字も出ていました。この時は入金しているにも関わらず購入申し込みを忘れていた苦い記憶があります。


IPO抽選倍率が低かったレオスキャピタル


もちろん人気がある銘柄の時は数百倍になることもありますが、幹事引き受け株数が多い銘柄では当選しやすいようです。同社は知名度が高い割にIPO参加者が少ないと昔から感じています。


幹事引受数も増加傾向にあることから期待できる証券会社でしょう。委託販売を行うこともあり、IPO募集が行われていることに気が付かないケースも中にはあります。

機械的な乱数を用いた抽選方法が独特過ぎる

同社の抽選方法は独特となっています。コンピュータにより乱数を用いて抽選番号を単位株数分付与する方法をとっています。基本的に申し込み株数が100株となるはずですが、引受け株数が多い場合には複数配分も期待ができます。

【抽選方法】
購入申込終了日の大引け後、日経平均大引け値の下三桁の数値をもとに抽選を行います。抽選方法は、引値の下三桁の数値を抽選倍率=抽選対象株数/当選株数(以下この数値をAとする)で割り、余りの数字(割り切れた場合は0。以下、この数値をBとする。)を算出します。当選番号は、1+Bからスタートして、以下Aを足していき、当選株数に達した時点の番号までとなります。従って、1+B、1+B+A×1、1+B+A×2、1+B+A×3・・・となります。

【具体例】
抽選倍率=10倍(お客様にお知らせする数値です。小数点以下は切り捨てで表示)
抽選対象株数=130株(お客様には公開しておりません)
当選株数=12株(お客様には公開しておりません)
日経平均後場引値13,256.13円

【計算式詳細】
613÷10=61・・・3
A=10、B=3
当選番号は4,14,24,34,44,54,64,74,84,94,104,114,124となりますが、当選株数が12株の為、124番のお客様は落選となります。



少し難しい話ですが、日経平均大引け値を利用して機械的に配分されているということです。深く考えても当選に結び付くことはないため抽選倍率だけ気にしておくとよいと思います。


楽天証券のIPO抽選まとめと企業規模に期待感が半端ない

同社のIPO抽選ルールは、機械的に乱数を用いた平等抽選を用いています。またネット証券大手と言うことになりIPO取扱いにも期待ができます。当選した場合の売却手数料も安くメリットが多い企業になります。同社に求めることはIPOの取扱い数を今以上に増やして頂きたいことです。


ただ取扱い数が急増すると抽選に参加する方が増えるため何とも言えませんが、後期型抽選を採用しているため意欲的な方ほど当選できると考えています。


楽天証券のIPO抽選ルールまとめ


また、他の証券会社と違ってIPOに当選した場合の売却時間が前日の17時過ぎから注文が可能になっています。上場当日の朝から忙しい方には嬉しいサービスです。


多くの証券会社は売却できる時間を上場当日の午前6時以降と決めているため、仕事をされている方は通勤の時間と被る可能性もあります。スマートフォンやタブレットなどがあるためそれほど困らないと思いますが、前日注文が行えるのは嬉しいサービスです。


入出金なども即時入金が用意されているため無料化できますし、証券会社としては大手のため安心感もあります。楽天銀行に口座を開設している方や楽天クレジットカードを利用されている方には特にメリットがあり、ポイントを使って投資信託などを購入できるサービスも始まっています。詳しくは下記記事でまとめています。

⇒ 楽天証券の投資信託が楽天スーパーポイントで買える 【楽天カードクレジットを使った裏技】


同社で一番面倒だと思うことは2回の抽選参加申し込みとなりますが、資金が必要になるのは購入申し込みのタイミングです。と言うことは他の証券会社で落選した後に、楽天証券のIPO抽選に参加することも可能な訳です。資金が乏しい方はリアルタイム入金を使うことで入出金を無料化でき抽選にも参加できます。


一昔前は一定期間内に手数料を落とさないとIPOの申込みが出来ませんでしたが、現在は取引を行っていなくてもIPO申込みが可能となっています。


今後IPO取扱い数が増えてくると思われるため、早めに口座を開設し抽選に参加すると当選できる期待があります。当選が狙えるのは幹事引受け株数が多い銘柄です。


IPO取扱い数が増加中の大手ネット証券! 申し込み倍率が低いぞ
⇒ 楽天証券公式サイトへ






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事