ダブルスタンダード(3925)IPOが新規上場承認されました。

IPOでは人気のビッグデータ銘柄でSBI証券主幹事となっています。
年末にSBI証券が頑張ってます!!


ダブルスタンダード(3925)IPO初値予想


業種:情報・通信業
市場:東証マザーズ
公開予定:12/15
BB期間:11/27~12/03


【事業内容】
当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、ビッグデータを活用した顧客企業の事業および業務改善支援ならびにビッグデータ処理で培った「技術・知見」と企画アイディアとを融合させた新たなサービスを企画立案、導入することで、顧客の売上改善や費用削減の支援をしてまいりました。
コアコンピタンスであるビッグデータを活用した企業向けサービス事業を武器に、継続的な収益確保を実現するストックコミッションモデルを構築、実現してまいりました。ユーザーから選ばれるサービス作りを企画・提供することで、ユーザーの購買活動・顧客企業の販売活動に最も大きな影響を与える「情報」について、顧客企業とユーザー間の最適化を具現化してまいりました。

まとめると⇒ 企業向けビッグデータの生成や提供、データ生成過程で培った技術を活用したサービス企画やシステム開発



【資金使途】
上記の手取概算額377,800千円及び「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限57,960千円については、本社移転費用として、101,000千円(平成29年3月期)及び採用費・教育費として、96,000千円(平成29年3月期に36,000千円、平成30年3月期に30,000千円、平成31年3月期に30,000千円)、また、業務の効率化やセキュリティの強化を目的としたシステム投資として128,000千円(平成29年3月期:44,000千円、平成30年3月期:44,000千円、平成31年3月期:40,000千円)、に充当する予定であります。
 なお、上記使途以外の残額は、将来における当社サービスの成長に寄与する支出、投資に充当する方針でありますが、具体化している事項はなく、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。



100株単位
公募株数 200,000株
売出株数 475,000株
合計株数 675,000株(6750枚)  ←やや期待できる!


想定価格 2100円 ⇒ 21万円
仮条件  2030円~2190円に決定しました!


【幹事団】
SBI証券    ←主幹事なので是非参加!
SMBC日興証券
大和証券
エイチ・エス証券
岡三証券   岡三オンライン証券
藍澤證券
エース証券
東海東京証券     ←ネット申込開始になってます





■ ダブルスタンダードIPOのポイント
オーバーアロットメントによる売出は30,000株!
想定発行価格2100円を基に吸収金額を算出すると約14.2億円となり、
オーバーアロットメントを含めて算出すると約14.8億円となります。
ダブルスタンダードHP⇒ 私たちはビッグデータを活用した事業支援カンパニー


ダブルスタンダード(3925)IPO評判と分析 
↑クリックで拡大します     IPO口座開設で1000円貰える⇒ au カブコム証券


設立後間もないので何とも言えませんが、現在は売上・利益ともに拡大傾向に
あるようです。
製造業を中心とした国内企業の情報設備投資が堅調に推移しているようですね。
またマイナンバー制度や東京オリンピックに向けた情報設備投資などが今後の
業績拡大につながるようです。
ビッグデータの活用や情報セキュリティ強化、ITインフラ整備といえば時代にのった
事業なのでIPOでも人気です 


会社設立は2012年と若い企業で東京都港区元赤坂に本社があります。
社長は清水康裕氏となり40歳です(株式保有率はわずか4.74%と少ない)
従業員数は18人で平均年齢34.7歳、平均勤続年数1.1年、平均年間給与
約505万円となります。臨時従業員数が31名となります。


ダブルスタンダードIPOロックアップ情報 
↑クリックで拡大します       郵政IPO幹事だった⇒ 立花証券 ・ 安藤証券


【ロックアップの状況】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人である本田浩之、及び当社株主であるインキュベイトファンド2号投資事業有限責任組合は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の平成28年6月10日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等を行わない旨合意しております。
売出人かつ貸株人である中島正三は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の平成28年6月10日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(ただし、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)を行わない旨合意しております。



ロックアップは180日となりロック解除倍率の記載はありません。
ベンチャーキャピタル保有分も180日のロックアップ付与なので需給も良さそうです。
会社設立後は第一期に赤字を出していますが、翌年度から続伸しています。
マザーズ上場で初値ぶっ飛びの期待感があります!!
IPO全力申込スタンス間違いないと思いますが、初値売却後も好調?
わくわくするIPO銘柄です。


ダブルスタンダードIPO主幹事のSBI証券!! ネット証券の中でIPO引受け最多数
SBI証券公式HPへ


① SBI証券のIPO詳細記事はこちらへ
② SBI証券のIPOポイントを貯めておけばいずれIPOに当選します

-------------------------------------------------------—-

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】  
② 入金不要でIPOに参加できる貴重な企業 【岡三オンライン証券】



ダブルスタンダード(3925)初値予想とIPO分析記事へ



上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!