東京通信(7359)とグローバルインフォメーション(4171)の抽選結果が出そろいました。12月IPOも中盤に差しかかりブックビルディングを終えた投資家も多いと思います。後期型抽選や補欠当選の方以外は作業がなくなる頃だと思います。


店頭証券の場合はネット抽選の当落が終了した後に、当選配分の電話があることも稀にあります。IPO仲間では今頃当選連絡があり逆に驚いたという方もいます!


東京通信とグローバルインフォメーションのIPO抽選結果
※東京通信公式サイト引用


東京通信はアプリ事業と広告代理事業を行っている企業です。スマートフォンのゲームアプリを開発しその広告スペースによる収益方法を行う少し変わった企業です。ゲーム自体は無料となるためユーザーにも受け入れやすいと思います。


日本だけでなくアメリカや中国でもアプリ提供を行っています。この他には広告代理事業で成果報酬型広告を運用しています。


IPO的には比較的好まれる事業を行っているため初値期待はできると思います。


グローバルインフォメーションは市場・技術動向調査レポートの販売を行っている企業です。地味な事業のため初値需要があるのか不安視していましたが、公開規模は約7.0億円のため初値2倍程度は期待が持てるようです。


市場調査リポートの販売等を行うため、国際会議や展示会がコロナにより中止に追い込まれ今期は減収減益になる見込みです。配当が30円出る予定ですが、ジャスダック市場への上場になるため成熟感が感じ取れます。


成長性はあるようなことを某社で見ました。しかし個人投資家の心には響かない気がします。配当利回りは公開価格1,210円計算で約2.48%になります。12月上場なので28日まで株を売却しなければ配当の権利を受取れそうです。


また、イークラウドでそろそろ第3号案件が出てくるようです。未上場の企業に投資ができるチャンスなので気に入った企業であれば投資を行うつもりです。


口座開設でAmazonギフト券が貰えて、さらに投資を行うと追加でAmazonギフト券を貰うことができます!詳しくは下記記事にまとめました。



東京通信(7359)IPOの公開価格が決定

仮条件範囲が1,200円~1,250円で公開価格は上限1,250円に決定しました。吸収額は約14.4億円で時価総額が61.7億円になります。


ブックビルディングは「申告された総需要株式数は公開株式数を十分に上回る状況」と記載があります。事業がスマートフォンアプリのゲーム関係なので人気が見込めたと思います。


ただゲーム関係でゲーム利用料や課金による収益ではなく、表示される広告枠からの収益になります。


事業内容や業績、株主状況などについては下記記事でまとめています。幹事引受け価格は1,150円です。

東京通信(7359)IPO上場承認と初値予想


グローバルインフォメーション(4171)IPOの公開価格が決定

仮条件範囲は1,110円~1,210円で公開価格は上限の1,210円に決定しています。市場からの吸収額は約7.0億円で時価総額は約31.8億円になります。


東京通信と同じく「申告された総需要株式数は公開株式数を十分に上回る状況」だったそうです。IPO投資家は何でも良いのでIPOに当選したいと思って申込んでいる方も多いようです。


当選してから購入を考えるスタンスの投資家も多くなってきたようです。とりあえず申込んでおく方法も悪くありませんが、キャンセルを行うと次からIPOが貰えなくなることもあるため、証券会社別にIPO抽選ルールを確認しておきましょう。


事業内容や業績、株主状況などについては下記記事でまとめています。幹事引受け価格は1,113.20円です。

グローバルインフォメーション(4171)IPO上場承認と初値予想

東京通信とグローバルインフォメーションIPOの幹事別抽選結果はこうなりました!

抽選結果を確認してみたいと思います。まずは東京通信から結果発表です。公開株数が1,150,000株と多めなので当選を期待したいところです。


幹事名抽選結果
野村證券(主幹事)落選
みずほ証券落選
岩井コスモ証券抽選前
いちよし証券電話待ち
SBI証券落選
マネックス証券落選
楽天証券抽選待ち
松井証券落選


東京通信(7359)の抽選結果


抽選結果は後期型抽選を行っている証券会社を除いて落選となりました。後期型抽選は今回のようにブックビルディングが重なった時は狙い目です。


今回も後期型抽選の証券会社で当選された方をお見かけしました。私は期待せずに抽選結果を待ちたいと思います。




次に、グローバルインフォメーションの抽選結果を確認したいと思います。主幹事がエイチ・エス証券なのでネット配分は激戦だと思います。ネット証券ではなく対面型の証券会社になります。


幹事名抽選結果
エイチ・エス証券(主幹事)落選
みずほ証券落選
SBI証券落選
岡三証券落選
マネックス証券落選
松井証券落選
楽天証券抽選待ち


グローバルインフォメーション抽選結果


主幹事エイチ・エス証券からの申込みは落選でした。この時点でほぼ当選できないと感じますが最後まで頑張ります。たまに平幹事でも当選を頂けるため期待したいと思います。


銘柄別に資金拘束されるマネックス証券では今回の上場ラッシュで当選者を多く見かけました。


私は補欠当選分が繰り上がるのか待ちの時間です。多くの方は次のIPOに資金を回すため補欠当選者は申込まないパターンも考えられます。そこに期待しています。詳しくは下記記事でまとめました!




東京通信とグローバルインフォメーションIPOの最新の初値予想は?

最新の初値予想を調べてみました。投資を行う際の参考になると思います!


最新のIPO初値予想


東京通信の大手初値予想は2,000円~2,500円となっています。公開価格が1,250円なので初値2倍くらいは見込めるようです。


ゲーム株と勘違いして参戦する投資家も現れそうです。無料でゲームを配信しているため他社とはゲームによる収益方法が異なります。この辺りが投資家の意欲を減退させそうです。


とは言えIT系のゲーム関係のため初値利益は出ると考えています。現在の雰囲気だと翌日に初値持越しにはならないと思います。


グローバルインフォメーションの大手初値予想は2,400円~3,000円となっています。公開価格が1,210円のため上場1日目は初値付かずも視野に入るようです。


単純に吸収額の違いからこのような結果になっていると考えられます。減収減益となっても吸収額が低ければ初値期待が持てるようです!


LINE証券で凄いキャンペーンが始まりました。「株の福袋キャンペーン」が行われ4,000円分の株をノーリスクで貰うことができます。


2021年1月15日までのキャンペーンになっているため、参加される方は急いだほうがよいでしょう。詳しい内容は下記記事でまとめています。よかったら参考にしてください。


クラウドバンクを使った投資を5年間続けています

1万円から投資ができコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回りは6.80%で融資元本回収率は100%を維持しています!

クラウドバンク評判

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。