後期型IPO申込をご存知でしょうか。通常のIPO申込の日程とは少し変わり、ブックビルディング申込の他に購入申込を必要としている企業があります。探してみると数社あるため事前に把握しておくとよいと思います。一般信用売建ができる企業も含まれているため使い方によってはIPO以外でも使えます。


岩井コスモ証券IPO抽選ルール(購入申込)
※岩井コスモ証券


岩井コスモ証券の日程を見て頂くとブックビルディング期間の後に、「当社での購入申込期間」というものがあります。
この「当社での購入申込期間」中に購入申し込みを再度行わなければIPO抽選権を得ることはできません。もし忘れていた場合には抽選されずに失効となります。


この2回の申込みが非常に面倒なので私も度々忘れてしまいます。
幹事引受け株数が多い場合の時だけは忘れないように購入申し込みまでしておきたいものです。


カブドットコム証券IPO抽選ルール(購入申込)
※カブドットコム証券


カブドットコム証券も同様に「購入申込」をしなければいけません。
同じように「当社購入申込期間」という表示があります。この期間中に申し込みをしなければ、抽選から外されます。私は上記2社を比べた場合、カブドットコム証券での当選が多い気がします。


【申込手順】
① IPO日程と銘柄情報を確認する
② 仮条件の発表を確認
③ ブックビル申込期間中にブックビルディング申込をする
④ 購入申込期間に購入申込を済ませる
⑤ IPO当落の発表が行われる



基本的にIPO申込は「③ブックビル申込期間中にブックビルディング申込をする」の後に抽選が行われ、当選もしくは落選(補欠)が決定します。
しかし、後期型IPO申込を採用している企業はブックビルディング申込だけでは抽選されず購入申込をしないと抽選に参加できません!!


だから購入申込忘れをする事が多いのです。
企業によってはブックビルディング段階で資金が不要の場合もあります。
必要であっても、一時的に出金が可能の場合もあります。
この辺りは個別記事を見て頂きたいと思います。
※購入申込の段階で基本的に資金拘束されます。


【後期型IPO申込を採用している企業】
岩井コスモ証券
カブドットコム証券
楽天証券
GMOクリック証券


上記の中でも岩井コスモ証券とカブドットコム証券のIPO取扱いは多いため口座を持っていた方が良いでしょう。
松井証券ではブックビルディング申込をせずに購入申込が出来ますが、ブックビルディング申込者を優先的に配分するとありますから、余程の不人気IPOじゃない限り当選しないのではないかと考えられます。


カブドットコム証券のIPO抽選ルール


証券口座は無料で開設出来ますから、どれだけIPOに熱を入れるかだと思います。
IPO投資を好んでされている方はすべての口座を開設されていることでしょう。
カブドットコム証券は三菱UFJモルガン・スタンレー証券からIPOを委託されているので取扱い数も多くなっています。
後期型IPO申込を採用している企業は、少し面倒ですがその手間をどう考えるか?
だと思います。