東京通信(7359)のIPOが東証マザーズに新規上場承認されたので詳しくご紹介したいと思います。今回も業績や上場規模などを確認し、IPO抽選に参考になるような情報を自己評価してみたいと思います。


主幹事は野村證券が務め公開株数1,000,000株、オーバーアロットメント150,000株です。上場規模は想定発行価格1,250円から計算すると約14.4億円になります。


東京通信(7359)IPO上場承認
※東京通信公式サイト引用


同社の主力事業はアプリ事業になり、無料カジュアルゲームアプリの企画・開発による収益が大きいようです。


スマートフォンの普及やインターネット環境の変化、ICTを活用したソリューション等により広告市場が成長し収益に結びついているようです。


具体的にはアプリ内の一部スペースを広告枠として、広告の出稿を希望する広告主へ提供することで広告収入を得る事業を行っています。


同社のような企業はたくさん世の中に存在しますが、市場規模拡大にともない売上が伸びているようです。


東京通信(7359)IPOの上場基本データと引受幹事

項目上場基本データ
市場マザーズ
業種サービス業
事業内容アプリ事業、広告代理事業、その他
上場予定12月24日
ブックビルディング期間12月08日~12月14日
想定価格1,250円
仮条件12月04日
公開価格12月15日
初値結果
企業情報https://tokyo-tsushin.com/
監査人有限責任監査法人トーマツ


【手取金の使途】

手取概算額693,500千円については、①運転資金として351,500千円及び②借入金返済として342,000千円に充当する予定であり、具体的には以下のとおりであります。

①運転資金
アプリ事業において、当社グループが提供するアプリのユーザー獲得のための広告宣伝費として、2021年12月期に150,000千円、2022年12月期に150,000千円、今後の事業規模拡大のために必要な人材の採用費及び人件費として、2021年12月期に30,000千円、2022年12月期に21,500千円を充当する予定

②借入金返済
子会社株式の取得資金のために当社が借り入れた、銀行からの借入金の返済資金として2021年1月末までに342,000千円を充当する予定

なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用する予定

※有価証券届出書(新規公開時)引用



項目株数データ
公募株数610,000株
売出株数390,000株
公開株数(合計)1,000,000株
オーバーアロットメント150,000株
上場時発行済み株数4,937,500株(公募分を含む)
想定ベースの時価総額約61.7億円
幹事団野村證券(主幹事)
みずほ証券
岩井コスモ証券
いちよし証券
SBI証券
マネックス証券
楽天証券
松井証券
委託見込ライブスター証券
DMM.com証券


東京通信(7359)上場評判とIPO分析

想定発行価格1,250円を基に吸収金額を算出すると約12.5億円となり、オーバーアロットメントを含めると約14.4億円規模の上場となります。新奇性はありませんが人気が見込めるIPOでしょう。


東京通信グループは、同社と連結子会社7社及び持分法適用会社1社で構成され、アプリ事業及び広告代理事業を主な事業として取り組んでいます。セグメントはアプリ事業、広告代理事業及びその他で構成されています。


アプリ事業は、主にスマートフォン向けの無料カジュアルゲームアプリを企画・開発し、アプリ内の一部スペースを広告枠として、広告を出稿したい広告主へ提供することでユーザーのクリック数等を獲得し、広告収入を得る事業を展開しています。


アプリを大別すると、カジュアルゲームアプリとハイパーカジュアルゲームアプリの2つに分類でき、カジュアルゲームアプリは国内外へ展開し、ハイパーカジュアルゲームアプリは海外への展開を主軸としているそうです。


同社グループは、国内向けカジュアルゲームアプリの売上高が2019年12月期は前期比39.8%増の1,063,767千円となり、国内でのトラックレコードを着実に積み上げてきたと考えているそうです。


今後もハイパーカジュアルゲームアプリを含めた海外での展開を強化し、実績を積み上げていくことに注力していく方針となっています。


東京通信(7359)上場評判と業績
※有価証券届出書引用


現在は米国及び中国での展開を推進しており、日本の文化と異なる国や地域での展開に当たっては、その好みや特性を見極めたうえ、同社の強みであるマーケティング力を活かし、多種多様なゲームアプリを配信するそうです。


多くのユーザーが広告接触することが収益拡大の機会となることから、自社アプリのユーザーを増やすために、他社アプリ内の広告枠等へ自社アプリの広告を出稿することで、自社アプリの宣伝及び認知度の向上を行います。


東京通信(7359)IPOのアプリ事業区分
※有価証券届出書引用


広告代理事業は、主にテクノロジーを活用したアフィリエイト広告(成果報酬型広告)代理事業を展開しており、2019年12月期より運用型広告にも取り組んでいます。


事業の特徴として、VODサービスに強みを持っており、クローズドネットワークを通じて、過去に実績がある等の集客力に強みを持つ有望なアフィリエイターを発掘しています。


また、取引不正防止に重点を置く等、大手広告主との信頼関係が構築できています。


当該事業の売上高は、主にアフィリエイト広告または運用型広告における獲得件数に広告主から受け取る成果報酬を乗算した売上高総額に広告原価(アフィリエイターに対する成果報酬や運用型広告費)総額を減算した売上総利益額総額が売上高となります。


有望なアフィリエイターの発掘は新規ユーザーの獲得に、また、大手広告主との信頼関係は成果報酬に寄与することから、これらの対応は引き続き強化していく方針です。


東京通信(7359)IPOの販売実績と取引先
※有価証券届出書引用


同社グループのセグメントはアプリ事業、広告代理事業及びその他で構成されています。


なお、その他の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントでありますが、投資事業、ソリューションセールス事業及び新規事業開発等に取り組んでいます。


東京通信(7359)の企業財務情報と配当性向

回次第4期第5期
決算年月2018年12月2019年12月
売上高1,236,8471,640,088
経常利益238,769268,026
親会社株主に帰属する当期純利益90,576144,978
包括利益38,154173,142
純資産額944,025591,523
総資産額1,175,001874,492
1株当たり純資産額88.12115.58
1株当たり当期純利益金額21.0633.72
自己資本比率(%)32.256.8
自己資本利益率(%)26.333.1
株価収益率(倍)
配当性向(%)
営業活動によるキャッシュ・フロー19,247166,345
投資活動によるキャッシュ・フロー△340,916△91,148
財務活動によるキャッシュ・フロー372,03174,600
現金及び現金同等物の期末残高582,510384,892
※数値は千円単位



第6期第3四半期連結累計期間(2020年1月01日~2020年9月30日)
  • 売上高1,658,569千円
  • 営業利益302,759千円
  • 経常利益299,364千円
  • 親会社株主に帰属する四半期純利益137,711千円



【第6期第3期のチェックポイント!】

同社が事業展開するインターネット広告市場は、2019年のインターネット広告費が6年連続の2桁成長でテレビメディア広告費を超えて初めての2兆円超えを観測しています。インターネット広告費のうち、インターネット広告媒体費はビデオ(動画)広告が前年比57.1%増の3,184億円と大きく伸長し、全体で14.8%増の1兆6,630億円となっています。

アプリ事業では国内向けカジュアルゲームアプリの売上高が大きく貢献しています。成長ドライバーとして強化している海外向けハイパーカジュアルゲームアプリが主力となる海外向けゲームアプリの売上高は520,914千円となり、単月で1億円超の売上高を記録するなど順調に推移したそうです。


東京通信(7359)の株主状況とロックアップについて

会社設立は2015年5月15日、東京都渋谷区恵比寿南一丁目1番9号に本社を構えます。社長は古屋佑樹氏(1986年11月14日まれ)、株式保有率は7.12%(313,865株)です。


従業員数48人で臨時雇用者4人、平均年齢34.9歳、平均勤続年数2.4年、平均年間給与5,771,000円です。


連結従業員数は52人で臨時雇用者は5人、セグメント別ではアプリ事業35人(臨時4人)、広告代理事業1人(臨時1人)、その他4人(臨時0人)、全社共通12人(臨時0人)となっています。


氏名又は名称所有株式数(株)所有株式数割合(%)ロック
株式会社YSホールディングス2,740,000株62.15%
株式会社monolice430,000株9.75%
外川 穣413,000株9.37%
古屋 佑樹313,865株7.12%
村野 慎之介100,000株2.27%
SHINOSKAL合同会社100,000株2.27%
株式会社セレス80,000株1.81%
※株主上位7名の状況


【ロックアップについて】

本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人である外川穣、古屋佑樹及び村野慎之介、貸株人である株式会社YSホールディングス並びに当社株主である株式会社monolice及びSHINOSKAL合同会社は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日後90日目の2021年3月23日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等を行わない旨合意しております。

また、当社株主である株式会社セレス、寺山隆一、サンエイト・PS1号投資事業組合及びサンエイトOK組合は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日後90日目の2021年3月23日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等(ただし、その売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う売却等は除く)を行わない旨合意しております。

※有価証券届出書(新規公開時)引用



上位株主には90日間(2021年3月23日まで)のロックアップが付与されています。また一部の株主には発行価格の1.5倍以上でロックアップが解除される設定になっています。


親引けは行われません。


東京通信(7359)IPOの初値予想と幹事引受け株数

大手初値予想は仮条件発表後に掲載を予定しています。しばらくお待ちください。


最新業績予想の他、仮条件発表後のPERやPBRなども後日追記します。


幹事名割当株数引受割合
野村證券(主幹事)-株-%
みずほ証券-株-%
岩井コスモ証券-株-%
いちよし証券-株-%
SBI証券-株-%
マネックス証券-株-%
楽天証券-株-%
松井証券-株-%


野村證券からの申込みを中心として多くの方が全ての証券会社から申込できそうです。岩井コスモ証券が幹事上位に食い込んでいます。当選者も見かけるため申込み忘れに気を付けましょう。


後期型抽選方式になるため抽選参加と購入申込みの2回が必要になります。私は先日も入金を行っているにもかかわらず購入申し込みを忘れていました。私のように失敗しないようにしてください。せっかくのチャンスを無駄にしてしまいます!




まだIPOは取扱いがありませんが、LINE証券で口座開設を行うと3株分の株式をただで貰うことができます。


私は妻は口座開設を行い3株分の旭化成(3407)をまだ持っています。私もその後口座開設を行い同様の作業を行っています。株を購入して配当も貰えるため単元未満株も悪くありません。しかも値上がりしています!




IPOが落ち着いてきたら株式投資型クラウドファンディングへの投資も面白いかもしれません!IPOで儲かったお金をECFで運用してさらに大きな利益を得ることも可能だと思います。


未上場株を取扱う企業へインタビューを行ってみたのでよかったら参考にしてください。日本経済新聞にファンディーノが取り上げられ株主コミュニティを利用した二次流通(セカンダリー売買)が年明けにも始まる可能性があると掲載されていました。


かなり期待しています。これで換金性が高まれば参加者も多くなるはずです!



類似企業のPERやPBRを調べてみました

類似企業とPERやPBRは仮条件発表後に記載したいと思います。


類似企業PER
PBR
PER-倍PBR-倍
PER-倍PBR-倍
PER-倍PBR-倍

ストックオプションの株数や発行価格を調べました

ストックオプション行使期間株式の数発行価格
2020年12月01日~2030年11月30日39,775株350円
2021年12月01日~2031年11月28日41,135株800円


ストックオプション(新株予約権)は39,775株が行使期限に入ります。発行価格は350円です。


ツイッターでもIPO記事のチェックができます!

最新情報を手に入れたい方やレア情報、気になったことをツイートしています。IPO投資歴は13年と長くソーシャルレンディングも4年目突入!安定の利益でブログも14年目に突入。


東京通信(7359)IPOの評価と申し込みスタンス

東京通信IPOは人気が見込めそうです。このIPOが公開価格割れになることは、余程の事がない限り大丈夫だと思います。


積極的に当選を狙いに行きたいと思います!


東京通信(7359)IPOの評価
※東京通信公式サイト引用


アプリ事業が好調のようですが、第2の収益柱を構築するために「ハイパーカジュアルゲームアプリ」への取り組みを積極的に行っていくそうです。海外向けゲームアプリの売上高が期待できるようです。


スマートフォン市場が伸びているためゲーム利用者も増え続けることが容易に想像できます。しかも海外展開が成功していることで事業への魅力があります。コロナ禍による巣ごもり需要も今期は貢献していると感じます。


競合企業は多くあると思いますが、現時点で問題になるような影響はなさそうです。今後、競争が激化することは間違いなさそうです。


創業6年目のスピード上場は投資家に好まれそうです。収益基盤もできていることから初値で買う投資家の需要が見込めそうです。


CAMPFIRE Ownersで日本保証コラボレーションファンドに12万円投資を行ってみました!ここは投資家が少なくて穴場だと思います。第1号ファンドが早期償還されたためその資金と口座に2万円あったので12万円を投資しました。


CAMPFIRE Owners(キャンプファイヤーオーナーズ)に投資実行


現在は競争せずに投資ができるため助かっています。第1号も競争せずに申込することができました。日本保証案件だとSAMURAI証券が有名だと思いますが、CAMPFIRE Ownersでも取扱いが始まっています。


現時点ではめっちゃ穴場の投資先だと思います。詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください!


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!