いよいよ2019年12月上場のIPOが立て続けに上場してきます。まずはSOSiLA物流リートに注力した投資家が多かったと聞いています。勝負をかけるには良かった銘柄だと思いますが地合い悪化懸念もあったため難しかったことでしょう。


SOSiLA物流リートのスポンサーは住友商事になりA+の格付けを取得しています。上場時ポートフォリをは7物件になり平均築年数は1.9年と新しめです。平均賃貸契約残存期間は8.4年、取得予定価格の合計額は765億円、鑑定評価額は797億円となっています。


SOSiLA物流リートIPOの上場直前初値予想


項 目気配運用の内容
板中心値段103,000円(公募・売出価格)
上限値段236,900円(更新値幅5,200円、更新時間10分)
下限値段77,300円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲25,750円以上、412,000円以下


最終初値予想115,000円


当初から予定されていた初値予想を継続してきました。継続の理由はNAV1倍を下回る物流リートがないことでSOSiLA物流リートに割安感があるためです。色々と指標を複合的に考慮すると120,000円あたりで初値が付いてもおかしくないようです。


また上場後5年程度で資産規模は2,000億円を目指すようなリートに成長する目標があるため、日銀や機関投資家の投資対象にいずれ当てはまることが予想されます。


仮に5年と考えると何が起きるのかわからないため何とも言えませんが順調に稼働すればリートとしても育つようです。


今回のブックビルディングに関しては比較的当選しやすく、これまで連続で公開価格割れしてきたイメージから見送りを行った方も多そうです。特にSMBC日興証券からの当選者が続出していました。






公開価格103,000円の初値が115,000円になる可能性が高くなってきました。海外勢参戦で買い気配で始まると良いですね。吸収額が526.7億円とここ最近のリートの中では大きいサイズとあり初値が付くまでどうなるのかわかりません。


某社の初値予想が高くても公開価格割れになることは普通にあります。リートの場合はそれが特に起こり得るため油断はしない方がよいでしょう。ちなみに発行価格は99,395円になるようです。


もっと詳しく知りたい

SMBC日興証券の詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。リートIPOの主幹事が多く当選しやすいです!

SMBC日興証券のIPO抽選ルール完全版!【IPO当選に近づく方法伝授】



SOSiLA(ソシラ)物流リートの詳細は下記記事でまとめています。決算期は2020年5月末が最短になり分配金は利益超過を含め2,320円~2,324円となっています。11月末は2,568円~2,574円にと予想されています。


⇒ SOSiLA(ソシラ)物流リート投資法人(2979)IPO上場承認と初値予想!分配金狙いでも公開価格割れ?


テクノフレックスIPOも利益が狙えるバラマキ銘柄だったようだ

SOSiLA物流リートと似てテクノフレックスIPOも当選者が続出しました。東証2部でベンチャーキャピタル出資が多かったため抽選参加を回避された方もいたようです。


個人的には配当利回り4.22%なので初値買い需給はあると考え7割ほどの力でブックビルディングに参加していました。どちらかと言えばSOSiLA物流リートの方が安心だと思っています。


テクノフレックス最終初値予想


項 目気配運用の内容
板中心値段900(公募・売出価格)
上限値段2,070円(更新値幅45円、更新時間10分)
下限値段675円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲225円以上、3,600円以下


最終初値予想1,000円


これと言って材料も特にないIPOとなっているため地合いに引っ張られる形で売買がスタートしそうです。直近に上場したIPOの初値も好調であることから買い気配となるようです。また幹事引受価格は832.5円となっています。


12月前半に上場することで投資家の懐事情も良好と考えらるため利益を期第できそうです!こちらも上場するまでわからないため若干注意が必要でしょう。


同社の詳細記事は下記でまとめたのでよかったら参考にしてください。上場承認時は不安でしたが投資家心理は前向きに変わってきていると思います。


⇒ テクノフレックスIPO上場承認と初値予想!インフラ関係で特需期待?


同日上場にはALiNKインターネットも控えていることから注目されない場合は公開価格割れもあり得るでしょう。


ソーシャルレンディングで5,000円分のSBIポイントを貰ってTポイントやnanacoポイントに交換できます!20万円の投資が必要ですがお得なのでもしよかったらこちらの記事もお勧めします。実際に私も投資を行っている企業になります。


クラウドクレジットTポイントキャンペーン詳細の記事へ


ALiNKインターネット(7077)IPOの気配更新と最終初値予想も調べました

ALiNKインターネットの情報も調べてみました。こちらは初値が高くなるそうなので当選された方は期待してよさそうです。公開価格割れはないでしょう。


気象データを活用し自社サイトで広告収入を得ている企業です。前期売上と今期売上が同値予想となり成長性に疑問もある中、初値2倍あたりまで伸びる可能性があるそうです。


ALiNKインターネット最終初値予想


項 目気配運用の内容
板中心値段1,700円(公募・売出価格)
上限値段3,910円(更新値幅85円、更新時間10分)
下限値段1,275円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲425円以上、6,800円以下


最終初値予想3,000円


短期筋の資金を集めて初値好調となりその後はどうなるのか?という状況です。翌日にマクアケが上場するため攻めた取引は行われないか?など色々と思うことがあります。


資金が余っている投資家期待で公募組は楽に利益がでる展開でしょうか。アドネットワーク関連毎柄とは言えませんが、アド広告業者とやり取りを重ね自社で広告運用を行っています。ここは意識されないかもですね。


成長性が鈍化していることが最大の懸念材料でしょう。それでも盛り上がると思います。頼むからセカンダリーでナイアガラだけないことを祈りたいと思います。どうせなら上に昇ってほしいと思います!


これからしばらくIPO市場から目が離せませんね。IPO当選者も沢山出てきたので利益を積み上げながら年を越せたら最高です。後期型抽選や委託抽選にも余裕があれば参考しておきましょう!


また期間限定ですがSAMURAI証券で口座を開設した投資家にAmazonギフト券1,000円分をプレゼントしています。詳細は下記記事に書いているのでよかったら参考にしてください。上場会社の子会社になりソーシャルレンディングを行っています。


SAMURAI証券Amazonギフト券キャンペーン詳細記事へ

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!