グレイステクノロジー(6541)IPOが新規上場承認されました。
東海東京証券主幹事のIPOが登場です!
しかも株数が少ないので当選したら爆益になる可能性があるかもしれません。
想定価格も高めの設定です 


グレイステクノロジー(6541)IPO新規上場承認


業種:サービス業
市場:東証マザーズ
公開予定:12/21
BB期間:12/05~12/09


【事業内容】
当社は、国内・国外のメーカーを中心に、以下のような各種産業機械やソフトウエアに付随する操作系及び運用系の技術マニュアル、さらに社内業務マニュアルなどあらゆるマニュアルの企画・構成、編集、制作及び翻訳(多言語化)を専門とするマニュアルオーダーメードサービス(「MOS事業」)を提供するとともに、それらマニュアルのデジタル化を推進し、企業のマニュアルに係るコスト低減を実現するマニュアル基幹システム「e-manual」の導入及び運営を行うマニュアルマネージメントシステム(「MMS事業」)を展開しております。

まとめると⇒ 産業機械を中心とした各種マニュアルの作成・管理・運用を行う基幹システム「e-manual」の提供、クラウドサービス運営及びマニュアルの企画・制作・翻訳



【資金使途】
手取概算額415,349千円に加え、本募集と同日付けをもって決議された第三者割当増資の手取概算額上限101,075千円と合わせた手取概算額合計上限516,424千円については、MMS事業を中心とした事業拡大のための運転資金(人材の採用費及び人件費、広告宣伝費)に150,000千円を充当する予定であります。運転資金の具体的な内容及び充当予定時期は以下のとおりであります。

提案営業やテクニカルライティング等に優れた人材の採用費及び人件費として、130,000千円(平成30年3月期:70,000千円、平成31年3月期:60,000千円)
「MMS事業」ユーザー獲得のための広告宣伝費として、20,000千円(平成30年3月期:10,000千円、平成31年3月期:10,000千円)

また、上記使途以外の残額は、「e-manual」のバージョンアップ等のシステム投資及び人件費や広告宣伝費等、当社の成長に寄与する投資、支出に充当する方針でありますが、現時点で具体化している事項はありません。なお、上記資金については、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品にて運用する予定であります。



100株単位
公募株数 153,600株
売出株数 90,000株
合計株数 243,600株(2436枚)   ←少ないので当選したら利益も大きい?


想定価格 3010円 ⇒ 30.1万円必要
仮条件  3000円~3100円に決定です!
公開価格 12/12に決定予定です


【幹事団】
東海東京証券(主幹事)     東海東京証券のIPO抽選ルール
SBI証券      ←IPOチャレンジポイントとは?
エース証券
岡三証券    岡三オンライン証券?
むさし証券     ←IPO口座が少ない!





■ グレイステクノロジーIPOの評判と分析
オーバーアロットメントによる売出し36,500株
想定発行価格3010円を基に吸収金額を算出すると約7.3億円となり、オーバーアロット
メントを含めると約8.4億円となります。
グレイステクノロジーHP⇒ クラウドサービスで全てのマニュアルを総合管理


グレイステクノロジー(6541)初値予想
↑クリックで拡大します       ⇒ むさし証券IPO詳細(意外と取り扱う傾向にある)


売上・利益ともに地味に伸びている企業です。
東海東京主幹事で思い出すのか、ベステラ(1433)です。
この時は予想を上回る人気となり、株価も半端ない値上がりでした。
業種は「他産業サービス」とニッチだったんですよね~
今回も再来か?と思わせるような銘柄です!個人的に懐かしいですね


MMS(マニュアルマネージメントシステム)事業とMOS(マニュアルオーダーメード
サービス)事業があり、取引大手にはファナック(6954)の名前があります。
売上ウェイトが大きいのはMOS事業のようです。


会社設立は2000年08月、東京都港区虎ノ門に本社を構えます。
社長は松村幸治氏(61歳)、株式保有率は33.27%となります。
従業員数は43人になり平均年齢34.3歳、平均勤続年数3.9年、平均年間給与約413万円
となります(臨時雇用3人)


グレイステクノロジー(6541)IPOロックアップとVC
↑クリックで拡大します          ⇒ SBI証券のIPO概要詳細


【ロックアップの状況】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、当社株主であるSBIインキュベーション株式会社、SBIベンチャー企業成長支援3号投資事業有限責任組合、SBIベンチャー企業成長支援4号投資事業有限責任組合、SBIアドバンスト・テクノロジー1号投資事業有限責任組合、SBIベンチャー企業成長支援2号投資事業有限責任組合及びSBIベンチャー企業成長支援投資事業有限責任組合は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成29年3月20日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(ただし、その売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う東京証券取引所取引における売却等は除く。)を行わない旨合意しております。
売出人かつ貸株人である松村幸治、売出人である村田斉並びに当社株主であるNMC株式会社は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の平成29年6月18日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)を行わない旨合意しております。



 株ブログ IPO・新規公開株    


ロックアップ期間は90日間(平成29年3月20日)と180日間(平成29年6月18日)
になり、ロックアップ解除倍率は1.5倍となります。
東海東京証券主幹事IPOは名古屋証券取引所の流動性が低い銘柄でも、公募割れ
していません。
よって今回の主幹事も東海東京証券に期待が持てると個人的に思います 


吸収金額や株数を見ても通常であれば十分吸収できるサイズですから、問題は
無いと思います。
ストックオプションも採用していますが、90,000株のうち行使可能なのは26,400株
のみになります(発行価格は717円)
SBIインキュベーションのウエイトが180,000株ありますが、1.5倍までは安全でしょうか。
単価が高いのでIPOに当選出来たら美味しい案件かもしれませんね~


グレイステクノロジー(6541)IPO主幹事です! ネット応募が可能になりチャンス
東海東京証券
 

※東海東京証券のIPO抽選ルール詳細はこちら



【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2016年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】  
③ 主幹事もする店頭系ネットでお勧めしている記事へ【SMBC日興証券】





グレイステクノロジー(6541)初値予想とIPO分析 | 専門性高い事業で上場規模は小さい記事へ