スペースマーケット(4487)の初値予想と幹事配分などを今回も自己評価していきたいと思います。公開株数が多いためIPO当選が狙えそうな感じです。公開株数とオーバーアロットメントを含め2,063,900株もあるため当選確率は高いでしょう!


業績は今期黒字化する見込みですが少し微妙のようです。どの程度評価できるのかわかりませんが大手企業は公開価格を超えてくる予想を出しているようです。上場ラッシュでなければ初値2倍は狙えたかも?と感じます。


スペースマーケットIPO初値予想と幹事配分


項目株数データ
想定価格520円
仮条件520円~590円
公開価格12月12日
公募株数520,000株
売出株数1,274,700株
公開株数(合計)1,794,700株
オーバーアロットメント269,200株
幹事団大和証券(主幹事)
みずほ証券
SBI証券
SMBC日興証券
松井証券
マネックス証券 ←完全平等抽選
いちよし証券
エース証券
岩井コスモ証券
委託見込 ライブスター証券
DMM.com証券 ←前受け金不要


新奇性が感じられるIPOのため期待していましたがそれほど人気化はしないようです。だからと言って公開価格割れを起こすような銘柄ではないためスタンス的には全力参加を行うつもりです。


気を付けたいのはロックアップが1.5倍で解除されることでしょう。売出人などはロックアップ90日間で1.5倍解除になっています。新株予約権者に対しても90日間1.5倍解除が適用されます。


2019年12月の単体業績予想は売上8億円を見込前期の5.8億円から39.1%増と好調です。経常利益は800万円を予想し前期の-2.7億円から大きく改善する見込みです。個人的には現段階の業績は評価はできると感じています。


仮条件範囲は520円~590円となり上場規模は上限で約12.2億円を予定しています。上記業績からもわかりますが業績に魅力はあまりありません。上場後に業績が悪化するのであれば売り込まれるでしょう。


ベンチャーキャピタル保有株も多いためロックアップが外れると値動きが大きくなるかもしれません。「遊休不動産のスペースの貸し借り」という事業には魅力を感じますが、サービスが定着するのかまだ手探りなのでは?と感じるところがあります。


もっと詳しく知りたい

スペースマーケットの詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。仮条件発表後には追記する形で最新の初値予想も記載しています。

スペースマーケットIPO上場承認と初値予想!シェアリング衝撃で初値2倍期待



初値予想700円~800円!


幹事名配分単位引受割合
大和証券(主幹事)1,472,100株82.02%
みずほ証券107,700株6.00%
SBI証券89,700株5.00%
SMBC日興証券35,700株1.99%
松井証券17,900株1.00%
マネックス証券17,900株1.00%
いちよし証券17,900株1.00%
エース証券17,900株1.00%
岩井コスモ証券17,900株1.00%


幹事構成的には申し込みやすいため抽選に参加すれば当選が狙えるはずです。ただ当選しても利益は少ないようです。大和証券から当選を狙えそうですが、平幹事からの当選も可能でしょう。


松井証券からの申し込みだと前受け金不要なので楽です。いちよし証券も前受け金不要です!ただし完全抽選割合は松井証券の方が圧倒的にあるでしょう。


松井証券のIPO抽選ルールがやばい!幹事増加と当選者続出記事へ


その他ではマネックス証券からの申込みは行っておきたいところです。完全平等抽選を行うため当選確率が高いと思います。大和証券の次に抽選での当選者が多いはずです。


マネックス証券は銘柄事に資金を拘束されるためIPOが集中している時期にはより当選できるでしょう。2019年12月引受幹事も多いですしね。特に微妙はIPOでは高確率で当選できるのでは?と思っています。


マネックス証券のIPO配分は完全抽選の記事へ


スペースマーケットの業績拡大に不可欠なのは「利用スペース数の継続的な拡大」です。具体的な数値では中期的に1年間で利用スペース数を約8万とする事を目標に掲げています。


メディアで取り上げられることもあり興味を持っている方は多そうです。同社によれば「ネットワーク外部性が働く事により利用スペース数が拡大し、GMVが拡大し、売上高が拡大する事業構造」を有しているそうです。


これらにより売上高拡大と広告効率・オペレーション効率が向上し、継続的に業績期待があるそうです。空きスペースを貸してお金が貰えるのであれば貸出先も増えますよね。


賠償責任補償を行う保険サービスなどもあることから貸し出し人も安心できる仕組みのようです。


類似企業的には事業規模がことなりますがTKP(3449)や共立メンテナンス(9616)、レイ(4317)などがあるようです。とりあえず人気化するようなのでIPO抽選に参加しておくことをお勧めします。


株単価が低いためセカンダリー参戦者も多いと考えています。これからの時代に面白いと感じる企業なので応援したいと思います。トラブルも起こると思いますが利用者が増えれば日本の活性化にもつながりそうです。


日本初のTポイントで投資ができるサービスが開始です! 【月額20円の管理料からOK】
⇒ SBIネオモバイル証券公式

SBIネオモバイル証券

※SBIネオモバイル証券(ネオモバ)評判とデメリットについて詳しく調べてみました

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!