HCSホールディングス(4200)IPOの初値予想と幹事割当数などを今回も自己評価したいと思います。上場前の抽選参加スタンスや業績予想などについても調べています。


SBI証券主幹事となっており初値高騰パターンになるようです。人気のIT系になりベンチャーキャピタル保有株も少なめです。


HCSホールディングス(4200)IPOの上場評価と初値予想


項目株数データ
想定価格1,730円
仮条件6月07日
公開価格6月16日
公募株数360,000株
売出株数270,000株
公開株数(合計)630,000株
オーバーアロットメント94,500株
幹事団SBI証券(主幹事)
みずほ証券
丸三証券
水戸証券
岩井コスモ証券
エイチ・エス証券
東海東京証券
東洋証券
むさし証券
藍澤證券
極東証券
委託見込SBIネオトレード証券
LINE証券


システムインテグレーター中堅の企業になりIPOでは毎回資金が流入しています。同社の場合はSAPジャパンのサービスパートナー承認を受けERP(統合基幹業務システム)事業も行います。


販売実績からはシステムインテグレーション等の売上げが59.1%と大きいようですが、ERPも25.9%になっています。販売先大手にはNECパーソナルコンピュータの名前があり12.3%を売上ています。


今期は過去に比べ業績に勢いが感じられません。また来期予想を確認すると増収増益の予想が出ていました。


コロナ禍で同社事業も需要があると思われますが、あまりパッとしないようです。連結従業員数が428人となっており企業規模はそれなりと言ったイメージです。


ただ45億円~50億円の売上に対して2億円程度の利益なので稼いでいるとは言いにくでしょう。二次請け中心となっているため収益性が悪いと推測されます。


それでもSI系は毎回買われるため、IPOチャレンジポイントを使用する方は戦略を練っておきましょう。


HCSホールディングス(4200)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。非常に参考になる数値なので、投資家のブックビルディングスタンスにも影響を与えると考えています。


IPO初値予想


最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想3,000円~4,000円
※注目度B


大手予想では翌日持ち越しはないだろうと考えています。しかし予想値は初値2.3倍を超えています。1回転分上乗せで当日決着がつく予想でしょう。


AGキャピタルとみずほ成長支援第3号投資事業有限責任組合には公開価格1.5倍以上でロックアップが解除されます。


公開価格1.5倍程度で公募組も売りたくないと思うので、初値は2倍以上になりそうです。VC分が放出されても需要が勝りそうです。


もっと詳しく知りたい
HCSホールディングスの詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。仮条件発表後には追記する形で最新の初値予想も記載しています。
【上場】HCSホールディングス(4200)IPOの初値予想!

Twitterでも情報発信しているのでよかったら参考にしてください。Twitterは投資材料の宝庫なので上手に使いましょう!


よろしければフォローしていただく事で情報共有ができるようになります。


HCSホールディングス(4200)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事はSBI証券が単独で引受けています。


幹事名割当株数引受割合
SBI証券(主幹事)535,400株84.98%
みずほ証券31,500株5.00%
丸三証券12,600株2.00%
水戸証券12,600株2.00%
岩井コスモ証券6,300株1.00%
エイチ・エス証券6,300株1.00%
東海東京証券6,300株1.00%
東洋証券6,300株1.00%
むさし証券6,300株1.00%
藍澤證券3,200株0.51%
極東証券3,200株0.51%


SBI証券でIPOチャレンジポイントを利用すれば200株配分になるのではないかと過去のデータから予想されます。予想は承認記事で過去データを掲載しているので参考にしてください。


この他、丸三証券の口座開設者が少ないので口座開設を行っている方は申込んでおきましょう。


詳しくは下記記事にまとめています。落選当たり前で今回も挑みます!




また、SBIネオトレード証券でもHCSホールディングスのIPO取扱いが決定しています。SBIグループになり前受け金不要でIPO抽選に参加できるため、口座開設を行っている方は申込んでおきましょう。


立会外分売にも参加できるため有効活用しましょう。またタイアップ特典が付いているため良かったら現金2,000円を頂いてください。




HCSホールディングス(4200)IPOの業績予想と抽選参加スタンス

HCSホールディングスの最新業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。人気が見込めるそうなので積極的に抽選に参加します!


業績予想とBBスタンス考察


業績を確認すると2022年3月期の連結業績予想を確認することができました。それによると売上50.54億円となり前期47.58億円から6.22%増、経常利益4.07億円となり前期3.98億円から2.26%増になります。


四半期利益は2.31億円となり前期2.08億円から11.06%増を見込んでいます。また配当が20円出るとわかりました。想定ベースの配当利回りは1.16%になります。配当は出さずに内部保留しておいたほうが良い気がします。


赤字ではありませんが上場費用と配当が大きな負担になりそうです。またEPS94.33からPERは18.34倍、BPS1,310.40からPBRは1.32倍となります。株価設定は類似比較で妥当値にあるように感じます。


この手のIPOは初値だけ高くなる傾向があるため気を付けましょう。ただ初値後にぶっ飛ぶ銘柄もなかにはあるため買い需要が見込めるのかもしれません。


高値圏でのスタート期待ができるそうなので申込み忘れだけは気を付けましょう。1撃20万円の利益が見込めるかもしれません。


SBIグループのSBIネオモバイル証券でもIPOの取扱いがおこなわれるはずです。1株からIPO抽選に参加できるため当選確率は高めだと思います。


若年層は特にIPOに当選しやすいためIPOルールをチェックしておきましょう。下記記事でまとめています!!


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!