ツナグ・ソリューションズ(6551)初値予想とIPO分析記事になります。
野村證券案件になり、仮条件がかなり引上げられているIPOです 
売上は拡大傾向にありますが、利益に多少の波があるようです。


ツナグ・ソリューションズ(6551)IPOが新規上場承認


業種:サービス業
市場:東証マザーズ
公開予定:06/30
BB期間:06/14~06/20


100株単位
公募株数 270,000株
売出株数 180,000株
合計株数 450,000株(4500枚)    ←通常なら期待していい株数
※オーバーアロットメントによる売出し67,500株


想定価格 1,970円 ⇒ 19.7万円必要
仮条件  1,970円~2,130円に大きく上振れ決定しました!
公開価格 06/21に決定予定です


【幹事団】
野村證券
大和証券
SMBC日興証券   ←主幹事も多いので口座必須!
マネックス証券      ←IPO抽選がなんと完全平等抽選なんです
SBI証券
いちよし証券
エース証券
岩井コスモ証券  ←後期型IPOなので申し込み忘れ多し





仮条件上限2,130円を基に吸収金額を算出すると約9.6億円となり、オーバーアロットメント
を含めると約11億円になります。上場規模は通常サイズとなりそこそこ人気のIPOだと
思われます。


ツナグ・ソリューションズ初値予想最新
↑クリックで拡大します        ⇒ 1回取引で15,000円は凄いねシストレ24


ツナグ・ソリューションズ(6551)IPO販売実績
↑クリックで拡大します        穴場証券⇒ 立花証券むさし証券



人材サービス事業を主力とした事業展開をしており、全国に多店舗展開する小売業
や飲食業等の大手企業におけるアルバイト・パートのRPOサービスを中心に、年間約
265社、約6万5000店舗の採用活動を支援しています。
また、年間18万本を超える求人広告の出稿を代行し、年間65万名を超える応募者に
対応しているそうです。


メディアサービス事業では、インターネット上にて株式会社インディバルの持つWebマッチ
ング技術を活かし、アルバイト・パートを中心とした求人情報メディアの運営を中心に事業
を行っています。


リテールサービス事業では、株式会社チャンスクリエイターが株式会社セブン-イレブン
・ジャパンのコンビニエンスストアを現在3店舗運営しており、株式会社スタッフサポーターが
店舗に派遣する派遣従業員の研修店舗としての役割を担っているそうです。


【トレーダーズ・ウェブ】
2016年9月期の売上高構成比は、人材サービス事業63.2%、メディアサービス事業25.7%、リテールサービス事業11.1%。主な販売先は、リクルートジョブズ14.4%





ツナグ・ソリューションズ初値予想4200円



【幹事配分】
野村證券 391,500株
大和証券 18,000株
SMBC日興証券13,500株   ←主幹事も多いので口座必須!
マネックス証券9,000株      ←IPO抽選がなんと完全平等抽選なんです
SBI証券 4,500株
いちよし証券4,500株
エース証券4,500株
岩井コスモ証券4,500株  ←後期型IPOなので申し込み忘れ多し


【業績等の概要】 平成27年10月01日~平成28年9月30日
売上高5,087,301千円(前連結会計年度比62.7%増)
営業利益230,332千円(前連結会計年度比212.8%増)
経常利益224,574千円(前連結会計年度比254.2%増)
親会社株主に帰属する当期純利益107,509千円(前連結会計年度比648.5%増)

第11期第2四半期連結累計期間(平成28年10月01日~平成29年3月31日)
売上高3,409,369千円
営業利益186,137千円
経常利益181,780千円
親会社株主に帰属する四半期純利益86,855千円



【類似企業】
ヒト・コミュニケーションズ(3654)PER17.26倍 PBR3.4倍
シンクロ・フード(3963)PER40.9倍 PBR6.63倍
フルキャストホールディングス(4848)PER24.38倍 PBR5.55倍





ロックアップ期間は90日間となり、ロックアップ解除倍率の記載はありません。
別途、従業員持株会は180日間のロックアップが付与されています。
ベンチャーキャピタル出資は無いようです!
ストックオプション総数は134,850株存在し行使期限を迎えているのは122,850株になります。
122,850株の発行価格は334円です。
株主優待や株主配当金の設定はありません。
 ツナグ・ソリューションズ(6551)IPO新規上場承認記事へ


EPS56.42を基にPERを算出すると約37.75倍となり、BPS447.46を基にPBRを算出
すると約4.76倍となります。
上場時発行済み株式総数2,340,000株を基に時価総額を算出すると約49.8億円です。
2017年09月期の業績予想は売上25.6%増、経常利益20%増の見込みになります!


    


公開価格辺りが妥当な気もしますが、初値は約2倍が視野に入ると考えています。
IPOに当たらない事には利益になりませんが、同日3社上場なので色々と面白い
事が起こると良いですね 
2銘柄くらい当選出来ればいいんですけどね(笑)


ツナグ・ソリューションズIPO幹事です! 完全抽選で私も多数GET
マネックス証券

※マネックス証券の当選履歴などはこちらで確認
※マネックス証券で端株を貰いながらIPO口座として利用する方法はこちら

-------------------------------------------------------—-

【IPOは口座が命です】
① 2017年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】  
② 入金不要でIPOに参加できる貴重な企業 【岡三オンライン証券】
③ 主幹事や幹事も引受ける企業でネット取扱いあり! 【東海東京証券】