東海東京証券のIPO抽選ルール詳細を調べてみました。以前は電話での申込でしかIPOの参加が出来ませんでしたが、現在はインターネットからのIPO参加が可能となっています。これにより時間があいた時に申込ができ抽選に参加できる機会が増えます。口座がない方は主幹事をするときもあるので口座開設をお勧めします。





2014年のIPO取扱い銘柄
【主幹事】 日本PCサービス、東京ボード工業、ポバール興業
【平幹事】 ヨシックス、今村証券、サイジニア 、綿半ホールディングス 、U-NEXT
マークラインズ、テクノプロ・ホールディングス、ビーロット、CRI・ミドルウェア、
すかいらーく、リクルートホールディングス、他

意外に取扱い数も多くダイレクトサービスではすべてのIPOに申込が可能となっています。
CRI・ミドルウェアなどは1単位で100万円抜きの銘柄です
取扱市場は東京証券取引所、名古屋証券取引所、札幌証券取引所、福岡証券取引所
となります。東海東京証券は地場に強いイメージがあります。


2015年のIPO取扱い銘柄
【主幹事】 KeePer技研、べステラ、日本郵政、かんぽ生命保険、ゆうちょ銀行
【平幹事】 ALBERT、コラボス、ショーケース・ティービー、sMedio、
日本動物高度医療センター、モバイルファクトリー、RS Technologies、
海帆、レントラックス、ジグソー、 メニコン、富士山マガジンサービス、平山、
アイリッジ、 PCIホールディングス、ベステラ 、AppBank、グリーンペプタイド、
鎌倉新書、ダブルスタンダード、アートグリーン 、ビジョン、一蔵

2015年には第一発目のIPO、KeePer技研(6036)の主幹事を勤め大成功しています。
その後も順調に幹事を引き受けており現在IPO的に人気の企業です。
幹事引受も多くIPOをするなら口座を持っておきたい企業です。


2016年のIPO取扱い銘柄
【主幹事】 バリューゴルフ、ブラス、丸八HD、岐阜造園、グレイステクノロジー
【平幹事】 富山第一銀行、ハイアス・アンド・カンパニー、LINE 、デュアルタップ 、
カナミックネットワーク 、チェンジ、キャピタル・アセット・プランニング、九州旅客鉄道
(JR九州)、シンシア、リネットジャパングループ、ZMP

LINEやJR九州など大イベントには必ず幹事に入ってくるので口座開設しておくとIPO当選のチャンスがありそうです。


2017年のIPO取扱い銘柄
【主幹事】 安江工務店、SYSホールディングス、テンポイノベーション
【平幹事】 ジャパンエレベーターサービスホールディングス、ソレイジア・ファーマ、ティーケーピー、スシローグローバルホールディングス、GameWith、マネーフォワード、プレミアグループ、ABホテル

2017年も多くの幹事に入っています。銘柄ごとの資金拘束が無くなりIPOに参加しやすい環境が整っているため資金効率も良くなっています。同一資金でのIPO申込が可能なので押さえておきましょう!



東海東京証券が主幹事をすると初値が高くなる傾向にある

東海東京証券が主幹事をする場合は初値が高くなる傾向があります。本店は愛知県名古屋市にあり、個人的には近畿地方の上場企業の主幹事をすることが多いように思います。地場ではCMも流れていることから信頼が高いと推測できます。


主幹事案件は一見地味そうな企業でも、何かしら材料が眠っているように感じます。微妙な銘柄でも公開価格を超えてくるのは流石です。私は九州に住んでいるため店頭口座(あんしん総合サービス)を開設する機会がないため店頭口座の情報はわかりませんが、近畿地方や東海地方、などにお住いの方は店頭口座もIPO配分が狙えるのかもしれません。


主幹事をする際はネット口座からの配分期待も大きいため申し込みをすることをお勧めします。平幹事の時も株数が多い場合には当選期待があるため申し込みは必須です!
「ロボットアドバイザー」や「マネーフォワードfor MONEQUE」など新しい金融商品の取扱いも積極的なので、口座があるとAI関連や金融フィンテック銘柄の取扱いなども期待ができそうです。


東海東京証券の口座は2種類あり

①かんたんダイレクト口座(インターネットとコールセンターでの取引)
②あんしん総合サービスになる(店舗で担当者が付きサポートを受けられる)
下記ではダイレクト口座のIPOを説明しています(私もダイレクト口座です)


東海東京証券のIPO抽選ルール 当選・落選
※口座開設や維持管理は無料


【東海東京証券IPOのかんたんダイレクト口座について】

1口座1抽選方式
・個人のお客様への割当数量は引受けの10 %以上(他企業と同等)
・ブックビルディング時に申込相当額が必要ですが、他銘柄との重複申し込みが可能!
・本社一括抽選により個人への配分を決定する
・抽選対象となる需要申告に番号 ( 乱数 ) を付しその番号で抽選する
IPOの申込はインターネットからの申込!
・当選した場合は購入申込期限内に意思表示が必要(購入申込)
・補欠当選制度があるので繰上げ当選の可能性もあり
・個人優遇サービスがある
・引受数量が10単位未満の場合は本社一括抽選を行い個人優遇サービスは行わない
・口座を作ると東海東京証券カードが送られてくるのでATMを使って入金する
(手数料は無料で郵便局やコンビニ、BANCS加盟銀行で使えます)
2017年に即時入金にも対応し手数料も無料になりました!



銘柄別に前受金が必要でしたが、現在では重複申し込みが可能になっています。IPO申込期限は、ブックビルディング最終日の午前10時までとなります。


抽選は口座毎に機械的な処理をし、当選・補欠・落選を選別する事になっています。IPO幹事の中では中堅企業になりますが、主幹事を行う事もあり必須口座となります!IPO口座は少なく貴重な存在です。


JR九州IPO当選 東海東京証券


ソフトバンク当選(東海東京証券)


またIPO当選後に、「ご購入」もしくは「辞退」する意思表示が必要となります。補欠当選になった場合にも当選同様に意思表示が行われますが、購入を確約するものではありません。複数申込の場合は、当選・補欠の双方に該当する場合あります。買付可能額の拘束開放はオンライントレード申込最終日の翌朝のタイミングとなります。


IPO当選をしても購入申込をしなければ「辞退扱い」になりますので、IPOの抽選発表日時を控えておくことをお勧めします。あり得ないと思いますが、たまに忘れる人が本当にいます。上場日に初値が飛べば悔やみきれませんので忙しくても確認を怠らないようにしましょう。


当落状況は管理画面からログインをして確認をしなければならず、メール配信はありません。気を付けていないと本当に忘れることがあります。過去に私も経験していますので(汗)


主幹事や引受株数が多い銘柄の時は絶対に抽選に参加しておきましょう。抽選に参加し当選すれば大きな利益が出る可能性が高いIPOはやめられません。ローリスクハイリターン投資の極意です。


⇒ 東海東京証券公式ページへ