日本郵政IPOで盛り上がる日々ですが、一つ言えるのは他のIPOに比べ
当選する確率はかなり高いです。


日本郵政グループIPOの上場日程


ただし、それなりのリスクがあり利益率も低いと考えられています。
しかしながら大きなお金を投じた場合のリターンは凄いものになる可能性も秘めて
います。


ある程度のご資金を持たれていて積極的に参加されている方も知っていますが、
IPOブロガーさんを含め私も全力申込者は少ないのかもしれません。
結局相場の転換局面では店頭申込は断りずらいです 


そこでインターネット口座の出番です。
ネット口座ではIPOに当選した後にでもキャンセルをする事ができたりします。
そう、相場が崩れて危ないと思えばキャンセルが出来る企業も存在します。
ネット口座を勧める訳ではありませんが、そういう選択肢もあるのではないかと
考えた訳です。


【新規上場承認記事詳細】
① 日本郵政(6178)IPOが新規上場承認記事へ
② かんぽ生命保険(7181)IPOが新規上場承認記事へ
③ ゆうちょ銀行(7182)IPOが新規上場承認記事へ

【参考記事】
カブドットコム証券が穴場証券だって?
岡三オンライン証券では入金不要でIPOに参加可能!!



店頭口座とインターネット口座を上手く活用すればIPO当選確率も高くなりますが、
それはそれで面倒なのです。
この辺りのバランスをうまく活用しながら資金と時間を上手に使いたいものです。
店頭口座は電話がすぐつながる人に色々と回す事もありますので・・・・
あちらも仕事ですからね。


日本郵政グループIPO幹事です!! 完全抽選で私も多数GET
マネックス証券

※マネックス証券の当選履歴などはこちらで確認
※マネックス証券で端株を貰いながらIPO口座として利用する方法はこちら

-------------------------------------------------------—-

【IPOは口座が命です】
① 2014年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】  
② 入金不要でIPOに参加できる貴重な企業 【岡三オンライン証券】
③ 主幹事もする店頭系ネットでお勧めしている記事へ【SMBC日興証券】