yutori(5892)の上場直前の初値予想と東京証券取引所から発表された気配運用を調べました。個人投資家の投資意欲が減退しているため公開価格割れしなければIPO成功だと思います。


アパレル関係のIPOに投機的な資金は向かいにくいと考えています。某紙では利益がでても薄利だと予想されていますからね。


yutori(ゆとり)[5892]の上場直前の初値予想
※yutori公式ページ引用


東京証券取引所から発表された気配運用は下記のようになります。

項 目気配運用の内容
板中心値段2,520円(公募・売出価格)
上限値段5,800円(更新値幅126円、更新時間10分)
下限値段1,890円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲630円以上、10,080円以下


同社はZOZO傘下のストリートファッションブランドに強みを持つ企業になります。InstagramやTikTokを活用したブランディングを行っているD2Cブランドです。


2023年のIPOも既に終了した感があるため同社株に資金があまり入らないのでは?と思っています。IPO市場に資金が入っていませんからね。


上場規模は約16.5億円、時価総額は約39.5億円になります。オファリングレシオが約41.8%と高く最近のIPO市場を考えると厳しそうです。


また、ZOZO(3092)の売出株中心のIPOとなっています。


2023年ラストのIPOなので期待していた方も多いと思いますが、株式相場が好調でもIPOに資金が入らず苦戦を強いられる銘柄が多くなっています。


上場内容や業績などについては下記記事でまとめています。

「IPO承認」yutori(ゆとり)[5892]の上場データと初値予想を考察!ZOZOの売出株


yutori(5892)の上場直前の初値予想はこうなる!

yutoriの上場直前の初値予想について調べてみました。


上場直前の初値予想


大手の上場直前の初値予想は2,500円となっています。幹事引受け価額は2318.40円です。


日程的には2023年受け渡しの最終売買日となるため資金が12月優待に向かう可能性もありそうです。


利益が出ている投資家は税金対策(損出し)などを行う方もいそうです。上場規模的には問題ないと思っていますが、ここまでIPOに資金が向かわないと誰が予想できたでしょうか。


IPOプロセスが2023年10月01日から見直され投資家の意欲も下がっているようです。何処かのタイミングでまたIPOに資金が向かうと思いますが年内には難しそうですね。


kimukimu

2023年最後のIPOなので公開価格を超えた初値に期待したいと思います。セカンダリーも弱いと予想されているようです!



クラウドバンクに1万円投資すると楽天ポイントが2,500円分貰えます。最大4,500円分貰えるためお得です。


即時入金利用で入金無料、さらに出金も無料、そして毎月分配金が出るためお小遣いを毎月出金できます。私は利益分を全て再投資に回していますけどね。


毎日ログインするだけでも1P貰えるためコツコツ頑張っています。私がクラファンに初めて投資を行った企業です。キャンペーン内容は下記記事にまとめています。


上場企業のCREAL(クリアル)で「当サイト経由の特典」が付きました

新規登録を行うとAmazonギフトカード1,000円分プレゼント、さらに初回投資に応じて最大5万円分貰えます。劣後出資とマスターリース契約、さらに信託銀行活用の分別管理は業界随一!

クリアル(CREAL)

1万円から投資でき「ほったらかし」で資産運用できます。賃料収入をもとに配当、想定利回り4.0%~5.5%で償還実績は元本割れ0件。最強スペック企業なので下記記事でまとめました。