サイバーリンクス(3683)IPOが新規上場承認されました。今年2番目のIPOですね!売出し株設定がなく公募株の250,000株とオーバーアロットメント37,500株になります。主幹事がみずほ証券になり、上場規模は約6.3億円になります。ネーミングからも初値は高くなりそうです。


業種:情報・通信業
市場:ジャスダックスS
公開予定:03/06
BB期間:02/18~02/24


【事業内容】
当社グループは、当社及び当社の関係会社(非連結子会社2社と関連会社3社)により構成されております。当社は、「気高く、強く、一筋に」の経営理念のもと、共同利用型によるクラウドサービス(注1)を提供することで、顧客企業のITコストの削減や経営の効率化を支援するとともに、業界プラットフォームとして、顧客企業だけでなく業界全体の発展に貢献するべく事業を推進しております。
具体的には、食品流通業及び官公庁等の顧客向けに基幹業務システム等のクラウドサービスを提供する「ITクラウド事業」と、移動体通信機器の店舗販売を中心とする「モバイルネットワーク事業」を主な事業内容としております。

まとめると⇒ 基幹業務システム等のクラウドサービス及び移動体通信機器の販売


【資金使途】
手取概算額494,000千円及び「1 新規発行株式」の(注)5.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限75,900千円の合計手取概算額上限569,900千円については、ITクラウド事業(注1)におけるデータセンターの災害対策のためのサーバー増強投資及びソフトウェアとして135,000千円(平成26年12月期:34,000千円、平成27年12月期:74,000千円、平成28年12月期:27,000千円)、及び@rms(注1)次期バージョンの開発に係る設備投資(サーバー増強含む)として265,000千円(平成26年12月期:188,000千円、平成27年12月期:62,000千円、平成28年12月期:15,000千円)、並びに認知度向上のための広告宣伝費として109,000千円(平成26年12月期:34,000千円、平成27年12月期:37,000千円、平成28年12月期:38,000千円)を充当する予定にしております。残額については、将来の設備投資資金に充当する予定でありますが、具体的な支出が発生するまでは安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。


100株単位
公募株数 250,000株
売出株数 0株
合計枚数 250,000株(2500枚)


想定価格 2200円 ⇒ 22万円必要!
仮条件  2200円~2400円


【幹事団】
みずほ証券
野村證券
大和証券
SMBC日興証券
岡三証券
いちよし証券
マネックス証券


■ サイバーリンクスIPOのポイント
オーバーアロットメントによる売出し37,500株
想定発行価格2200円を基に吸収金額を算出すると約5.5億円となり
オーバーアロットメントを含めて算出すると約6.3億円です。
吸収金額、株数ともに少なく激戦となりますが、当選したら利益も大きそうです。


サイバーリンクス(3683)IPO業績
↑クリックで拡大します     


売上・利益共に順調で安定しているようです。
平成20年は赤字でしたが翌年度から回復しているようです。
従業員数は367名を抱えており、平均年齢は34.4歳と若いです。
平均勤続は7年で年間平均給与は約430万円となっていました~

サイバーリンクスは1964年(昭和39年)に設立されており老舗企業です。
食品流通業及び官公庁等の顧客向けのサービスですが、モバイルネットワーク
事業ではドコモショップなども運営しているようです。
(主な業務として、法人顧客または一般顧客に対してスマートフォンや携帯電話、データカード等の販売、サービスの取次契約、料金プランのコンサルティング、故障受付、通信料金の収納等を行っております。)

社長は村上恒夫氏で67歳です。
会社の住所は和歌山県となっておりちょっと地味?
VCも少しいますが、経歴をみると松下電器にお勤めだったようで
株主に松下(パナソニック)の名前もあります。


サイバーリンクスIPO初値予想
↑クリックで拡大します  


筆頭株主のサイバーコアって検索しても出ないな~
住所はでるけどね。関係ないけど・・・
配当については年1回となっています(2012年は25円)


【ロックアップ】
貸株人である村上恒夫、当社株主である㈱サイバーコア、西日本電信電話㈱、㈱紀陽銀行、和歌山県、パナソニック システムネットワークス㈱、小坂節子、富士通㈱、日本電気㈱、楠部和弘、㈱島精機製作所、㈱ニュートラル、岩渕正明、㈱オークワ、ノーリツ鋼機㈱、村上佐江子、日本生命保険相互会社、㈱ジャパン・インフォレックス、村上真希子、村上由希子、村上登希子、佐藤正光、東直樹、湯川隆志、梶川一彦、ストックオプション保有者である村上正義は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成26年6月3日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと及びその売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、東京証券取引所における初値が形成された後に主幹事会社を通して行う東京証券取引所取引における売却等は除く。)等を行わない旨合意しております。


ロックアップは90日間で1.5倍解除となります。
アキュセラ・インクIPOの前だともっと儲かったと思います(第1号IPOとして)
公募数も少なく売出も無く、吸収金額も小さいので人気化するのは間違いありません。
ただ個人的にはみずほ証券主幹事は取れないのよね(涙)
まだサイバーリンクス初値予想などをするのは早いのですが20万円はきっと取れる
ると思います。
昨年度のシステム情報IPOと少し似ているので当選したら・・・いいよね~
ちなみにシステム情報は740円の公募が初値3500円と爆上げでした(騰落率373%)
ホチ~ッス♪


サイバーリンクスIPO幹事です! 完全抽選で私も多数GET
マネックス証券公式へ

※マネックス証券の当選履歴などはこちらで確認
※マネックス証券で端株を貰いながらIPO口座として利用する方法はこちら

-------------------------------------------------------—-

【IPOは口座が命です】
① 2013年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】  
② 2012年大活躍の証券会社はこちらの記事へ【エイチ・エス証券】
③ 主幹事もする店頭系ネットでお勧めしている記事へ【SMBC日興証券】 

-------------------------------------------------------—-

サイバーリンクス(3683)IPOの仮条件が出ました。 【200円の上振れ】記事へ
サイバーリンクス(3683)IPO初値予想考察記事になります。 【間違いないね】記事へ






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事