アキュセラ・インク(4589)IPO新規上場承認されました。2014年一発目のIPOはバイオ株なので引き続き盛り上がる可能性が高いです!画像数も多いことから当選は容易だと感じているため獲得を目指してみましょう。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事を務めます。


業種:医薬品
市場:東証マザーズ
公開予定:02/13
BB期間:01/27~01/31


【事業内容】
当社は、世界中で数百万人の人々の視力を脅かしている眼疾患を治療し、またはその進行を遅らせるための新しい治療薬の探索および開発を専門とする、臨床段階のバイオテクノロジー企業です。当社は、自社で開発した視覚サイクルモジュレーター(以下「VCM」といいます。)の経口製剤の開発に注力しており、加齢黄斑変性(以下「AMD」といいます。)、糖尿病性網膜症、糖尿病性黄斑浮腫、スターガート病、網膜色素変性症、未熟児網膜症など、様々な網膜疾患に対する治療薬の開発に取り組んでいます。

まとめると⇒ 眼科領域に特化したバイオテクノロジー事業


【資金使途】
2014年以降3年間の予算において約37.0億円をセールス&マーケティング部門設立資金、約38.3億円をエミクススタト塩酸塩等の欧州における研究開発資金、約15.0億円を視覚サイクルモジュレーター研究開発資金、約12.0億円をその他の研究開発資金、約34.6億円を設備費、器具・備品購入費その他の運転資金に充当する予定です。


100株単位
公募株数 9,200,000株
売出株数 0株
合計枚数 9,200,000株


想定価格 1650円 ⇒ 16.5万円必要!
仮条件  1650円~1800円


【幹事団】
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(主幹事)
SBI証券
大和証券
みずほ証券
SMBC日興証券


■ アキュセラ・インクIPOのポイント
本店所在地はアメリカ合衆国
オーバーアロットメントによる売出し1,380,000株
想定発行価格1650円を基に吸収金額を算出すると約152億円となり
オーバーアロットメントを含めて算出すると約175億円と巨額です。


アキュセラ・インクIPO 東証マザーズ上場
↑クリックで拡大します(損益計算書)


アキュセラ・インクIPO キャッシュフロー
↑クリックで拡大します(キャッシュフロー)


アキュセラ・インク業績推移
↑クリックで拡大します


バイオらしからぬ黒字経営となっておりちょっと期待しています。
ただ目論見書の形式が違うのでかなり見にくくて理解に苦しみます(笑)
株主名には大塚製薬関係の名前とSBI関係ベンチャーキャピタルの名前があり
知名度は高いのかもしれません。ソフトバンク系もあり。
会社設立は2002年となっており、日本における連絡先は東京都港区六本木です。
社長は窪田良氏(47歳)で監査法人は アーンスト・アンド・ヤングだけど聞いた
こと無いですね。まあ本拠地がアメリカなので知る由もありませんが・・・

■ アキュセラ・インクについて少し調べたところどうやらかなり大きな企業で
世界的に有名だと解りました。ただしマザーズ上場にしては吸収金額が大きいので
通常のIPOとしては荷もたれ感がどうしても出てきます。
知名度は抜群なので個人参戦だけではなく機関投資家と外国人投資家の参戦が
不可欠だと思います。



【従業員について】
従業員の平均年齢は46歳であり、平均勤続年数は2.75年でした。平均年間給与(賞与を含みます。)は、148,000米ドルでした。当社の従業員には、労働組合の組合員はおらず、労働協約は適用されません。当社は雇用関連のストライキを経験したことはなく、従業員との関係は良好であると考えております。


【配当性向】
当社は、当社の株主資本に対する現金配当を発表したことも支払ったこともなく、当面は、将来的に現金配当を支払う意向もありません。当社は、当社の発展および成長のためにすべての調達可能な資金および将来の利益を獲得する意向であります。


アキュセラ・インクIPO株主状況
↑クリックで拡大します


ロックアップは90日間で(役員株主の場合は180日間)となっておりますが
米国証券法ルール144が絡んでくるので目論見書を読んでも解りにくいですね。


期待する半面株数が多いので市場の動向を探りながら初値予想やIPOの申込み
をしたいと考えています。
2014年1発目のIPOになりますので公募割れはアノマリー的に考えにくいので
ある程度積極的に取り組むつもりです。
お金を使いすぎているので何とかGETして資産を少しでも増やしたいと思います!
詳細は考察記事で書きたいと思います。


アキュセラ・インク(4589)IPO初値予想考察記事です。 【セカンダリー相場?】記事へ

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!