日本BS放送(9414)IPOが新規上場承認されました。親会社がビックカメラのようです。主幹事は野村証券で大量に株があります。しかも東証2部なので初値パフォーマンスは悪いかもしれません。いずれ東証1部を狙うと思いますが上場時には不人気化でしょうか。


業種:情報・通信業
市場:東証2部
公開予定:03/12
BB期間:02/21~02/27


【事業内容】
当社グループは、当社及び親会社である㈱ビックカメラ(東京証券取引所市場第一部上場)で構成されており、BSデジタル放送事業の単一セグメントであります。当社は、放送法に基づく放送衛星を利用した認定基幹放送事業を営むことを主たる事業目的として設立されました。放送衛星を利用することで安価に且つ効率的に日本全国を対象として番組を放送することが可能であるBSデジタルハイビジョン放送(チャンネル:211ch、リモコンID:11)を行っており、全国無料放送による総合編成を行う放送局として、報道、教育、教養、娯楽、その他(通信販売)、その他(その他)の番組を広く扱うことにより、広告主よりタイム収入、スポット収入及びその他収入を得ております。

まとめると⇒ 放送衛星を利用した認定基幹放送事業の運営

日本BS放送IPO
↑クリックで拡大します


【資金使途】
手取概算額2,127,520千円については、「1 新規発行株式」の(注)5.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限543,123千円と合わせて、既存スタジオに係る放送関連機材、新規スタジオ設置に係る放送関連設備、本社機能拡充のための関連設備への設備投資資金及び借入金の返済に充当する予定です。


100株単位
公募株数 1,380,000株
売出株数  950,000株
合計枚数 2,330,000株(23300枚)


想定価格 1,680円⇒ 16.8万円必要!
仮条件  02/19


【幹事団】
野村證券
SMBC日興証券
みずほ証券
岡三証券
SBI証券
極東証券
いちよし証券


■ 日本BS放送IPOのポイント
オーバーアロットメントによる売出し349,500株
想定発行価格による吸収金額は約39.1億円となります。
オーバーアロットメントを含めて算出すると約45億円となり東証2部に
してはやや大きい規模でしょか。


日本BS放送IPO初値予想
↑クリックで拡大します   


売上・利益共に順調のようです。
あんまり儲かるイメージは無かったのですが平成21年のボトム後は
右肩上がりのようです。
第11期の資本金と第12期の資本金がえらい違いですが・・・・

会社設立は1999年8月となっております。
社長は目時剛氏となっており御年57歳ようです。
従業員数は67名で平均年齢は41.7歳、平均給料は7,363,000円と高いですね。
親会社はビックカメラ(3048)で東証1部上場企業ですね~
株主名簿には知っている企業ばかりです♪


日本BS放送(9414) IPO上場
↑クリックで拡大します   


【ロックアップについて】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である株式会社ビックカメラは、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成26年6月9日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し及びオーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)等は行わない旨合意しております。また、当社は主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日後180日目の平成26年9月7日までの期間中は主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の発行、当社株式に転換若しくは交換される有価証券の発行または当社株式を取得若しくは受領する権利を付与された有価証券の発行等を行わない旨合意しております。


吸収金額や株数を見るとそんなに人気になりそうな感じはしませんが、
サイバーリンクス(3683)でIPOが高騰してその流れを受けて良い初値が付きそうな
感じがします。
地合いが多少悪いのですが、昨年度の流れが続いてくれれば期待できそうです。
基本的に不人気東証2部案件ですが、他の案件が続かなければ全力参加するスタンス
です♪ ロックアップは90日となっております。

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!