住信SBIネット銀行が上場(IPO)を検討していることがわかりました。ネット銀行では初物になるため上場するとなれば注目されると考えています。


若者向けのサービスを展開していることから今後もフィンテック分野を強化し、住宅ローンに偏る収益構造の多角化を目指しています。大手ネット銀行ではジャパンネット銀行、さらには楽天銀行と言った競合が存在します。


住信SBIネット銀行が上場(IPO)予定


同社は三井住友信託銀行とSBIホールディングスが株式を50%ずつ保有しています。


住信SBIネット銀行は2007年に業務を開始し、19年3月期の経常利益は前期比15%増の178億円になるそうです。収益の多くは住宅ローンからとなっており、2019年9月末時点で住宅ローン取扱額は約5兆4千億円とネット専業銀行の中では最大規模を誇ります。


住信SBIネット銀行の上場規模や上場時期は?

同社の上場規模はこれから煮詰めることになっているようです。ただし時価総額は4,000億円程度になるとメディアに掲載があります。


仮に上場を行った場合でも、三井住友信託銀行とSBIホールディングスは一定の株式を持ち続ける意向を示しているようです。企業規模が大きいだけに親子上場問題もあるようですね。


住信SBIネット銀行のサービス


また上場の時期は現在のところ未定となっています。メディアで騒がれるようになると上場時期が近いと考えられるため個人投資家を中心に期待している方が多いでしょう。


親会社の広報は「はっきりと上場について決定していない」というような感じで話しているようです。上場前にリークするようなことは言えませんからね。上場してきたときの準備は下記記事を読んでいただくとわかりやすいと思います。事前準備が大事です!




IPO投資は口座数を確保しておくことと余裕資金をどれだけ多く持っているかで当選確率が変わってきます。何処まで頑張れるかだと思います。


運による当選期待もできますが何回も当選するような方は稀でしょう。


大手ネット専業銀行の上場はIPOで人気なのか?

ネット専業銀行としてIPO市場では人気なのか?と期待する投資家は多いと思います。ただ銀行業の上場を考えると初値が飛ぶようなことはあまり考えられません。


銀行業はただでさえ低金利で収益的に厳しくなり合併などが進んでいる状態です。そんな中で投資家の買いが殺到するとは思えません。


ただし「公開価格割れするのか?」と考えた場合、公開価格割れするリスクも少ないと思います。なぜならこれまでも銀行業を行っているIPOは公開価格割れしにくかったからです。上場時期にも関係しますが、悲観的になるようなことはないと思います。


住信SBIネット銀行の場合は成長性があると期待されているため同業種との比較も難しいかもしれません。店舗を必要としないぶん経費が発生しないことは類似企業比較でも有利でしょう。

住信SBIネット銀行の企業概要

住信SBIネット銀行の企業概要を調べると下記のようになっています。また四半期ごとの口座数や預金残高なども公開されていました。


住信SBIネット銀行の口座数と預金残高


項 目気配運用の内容
会社名住信SBIネット銀行 株式会社
英語表記:SBI Sumishin Net Bank, Ltd.
代表者代表取締役会長 藤田 万之葉
代表取締役社長 円山 法昭
所在地東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー18階
資本金31,000,000,000円
株主構成三井住友信託銀行50%
SBIホールディングス50%
※2020年2月04日調べ


住信SBIネット銀行の主幹事は何処が引受けるのか?

住信SBIネット銀行の主幹事はSBI証券が引受けてきてもおかしくないと思います。事情が色々とあるため主幹事ではなくても幹事入りしてくるでしょう。


IPOに参加したければSBI証券の口座を開設しておいたほうが良いと思います。SBI証券のIPO抽選ルールについて詳しく知りたい方は下記記事に書いているので参考になると思います。




上場規模も大きくなることが予想されるため未上場株を手に入れる場合は容易かもしれません。初物ということですが銀行業になるためIT系のようなガンガン株価が上がるタイプのIPOではないでしょう。


公開価格に対して20%程度の利益が出ればよいのでは?と考えています。株価設定がいくらになるのかさえわかりませんが投資のプロが子会社を上場させてくると考えたら多少旨味があると考えらえます。


ネット銀行としてはユニークな金融商品を用意し還元率が高いクレジットカードなども用意されています。収益が高いのは住宅ローン関係の金融商品となっています。


また未上場の企業に投資してみたい方は株式型クラウドファンディングへの投資がお勧めです。業界最大手はFUNDINNO(ファンディーノ)で取扱い案件が多いため投資先企業の事業内容を確認してみると面白いと思います。




この他には上場企業のZUU(4387)が資本提携したユニコーンという企業があります。こちらは株主優待が付いているため投資しやすいと思います。ただいつ上場してくるのかわからないため余裕資金での投資が好ましいです。




未上場株を先回りして買える魅力は投資額の数倍の利益になるかもしれないということです。もしくはM&Aを行うことです。ちなみに両方の企業に投資しています。

株主優待の設定にかなり期待ができるのでは?

住信SBIネット銀行は株主優待の期待があると思います。銀行業はただでさえ値動きが悪いため個人投資家の力で株価を高く持って行くには株主優待が最適です。


しかも株主優待を設定すれば長期的に保有する投資家が多くなるため企業にとってもメリットが発生します。


商品カタログギフト優待


株主優待カタログ


銀行業の株主優待で多いのは地元の特産品関係が多いと思います。ただ同社はネット銀行なのでクオカードやカタログギフトなどになるのか?と考えています。もしくはフィンテック分野の強化を行っているため新しいサービスのポイント系などが考えられるかもしれません。


自社サービスの場合は経営に良い影響を与えることが多いため無いとは言えないと思います。


株主優待期待の他には配当金です。上場段階で株主優待があるとは思いませんが、上場後に株価を引き上げる材料として株主優待を使ってくると考えています。よく行われる手法ですね。


前受け金不要でIPO抽選に参加できる企業で当サイト特典が付いているので、準備のついでに口座を開設しておくと便利かもしれません。


IPO申込が前受け金不要の証券会社! 【幹事入りでこれから期待できる】
⇒ ライブスター証券公式サイト(特典付き)

ライブスター証券タイアップ


また前受け金不要の企業は下記記事にまとめています。前受け金不要の企業だけでも口座の準備をしておくとIPOに参加できるでしょう!


住信SBIネット銀行は3期連続で増益確保となっていることから上場を検討しているそうです。


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!