SBI証券でIPOをはじめるための3つのポイントをチェック!!
どうしてSBI証券がIPOで人気なのか?


SBI証券のIPO当選方法


IPO投資は成長性が期待できる銘柄が多く、大きく値上がりする事がしばしばあります。最近ではあまりにも買いが殺到しIPOに当選し初値が付いた段階で売却をすると数十万円を手に出来る事も珍しくありません。


IPO投資というものは成長性が見込まれる企業に上場段階で購入できます。
将来的な値上がり期待が出来るのですが、この初値を狙う投資方法でもあります。






SBI証券のポイントその1

IPO取扱い数が2015年3月期(通期)約85%で主幹事や幹事に入っています。
という事はIPO抽選に参加できる機会が増えます。
次に書きますが、IPOに当選しない場合にIPOチャレンジポイントが貯まります♪


SBI証券のIPO取扱い数
↑クリックで拡大します


SBI証券はネット証券大手という事だけあり、主幹事も引き受けますからIPO当選の期待も高まります。
実は昨年度の騰落率第5位のあんしん保証の当選をしています。

一回のIPO当選で85.4万円もの爆益!


あんしん保証IPO当選SBI証券画像


2015/4/1~2015/12/30までにSBI証券で取り扱った61銘柄のうち、初値が発行価格よりプラスだったのはなんと53銘柄あり86.8%にもなります。
そのうち初値2倍以上は19銘柄で31.1%です!


年間通すとかなりの引受数なのでIPO口座でも楽しませてくれる企業になります。
株主優待でも使える企業なので幅は広がりそうです。
参考⇒ SBI証券で一般信用取引(短期)を利用した株主優待クロス取引手法






SBI証券のポイントその2

IPOに外れても、IPOチャレンジを貯めるとIPO当選確率がアップします。


SBI証券のIPOチャレンジポイントの仕組み
↑クリックで拡大します


「IPOチャレンジポイント」は新規上場株式のブックビルディング後の抽選・配分に外れた回数に応じて加算されるポイントです。
このポイントが貯まるとIPO抽選に優位になり、当選の確率が高くなる仕組みです。


だから資金が少ない方でもIPOに申込続けているといつかはIPOに当選する事ができます。
またちょっとしたアドバイスになりますが、銘柄によってIPO初値が数倍にもなる可能性があります。そんな時にIPOチャレンジポイントを使うと1回の当選でもガッツリとした利益が出る可能性があります。


ちなみに上記のあんしん保証では公開価格1460円×200株の初値利益が5730円×200株で854,000円の利益になりました。
NISA口座なので税金は掛かっていません。




その他にもIPO当選は毎年頂いてます 

リファインバース(6531)SBI証券当選

SBI証券IPO当選利益

ソシャルワイヤーSBI証券複数株当選!







SBI証券のポイントその3

NISA口座で発生した利益が非課税になる!
IPOで使えば鉄板投資方法でメリットがあります。


SBI証券のNISA口座開設キャンペーン



IPO投資は投資の中でもリスクが低い投資方法とされています。
上記の「SBI証券のポイント1」を見て頂いた通りに8割以上の確率で初値がプラスとなっています。
また私のIPOブログを見て頂いている方には投資スタンスが伝わると思いますので人気の無いIPOには申込は控える事も重要かと思います。


NISA口座なら年間120万円(2014~2015年は年間100万円)までの投資から得られる利益に対して税金がゼロになります。
通常であれば復興税を含め20.315%の税金が掛かりますが、NISA口座を使えばゼロです。上記あんしん保証の売却益で課税されたとするならば税金は173,491円となります。
普通に支払っていたら損をした気分にさせられます。


NISA口座はIPO以外にも使えますのでご自分の投資スタンスにより使い方を決める方が良いと思います。
長期投資による配当利益も税金がゼロになり考え方次第では色々と使えると思います。またジュニアNISAも始まりましたので、ご資産に余裕があればお勧め致します。
参考⇒ ジュニアNISAのポイント記事


⇒ SBI証券公式サイトへ