SBI証券でIPOをはじめるための3つのポイントをチェック!!どうしてSBI証券がIPOで人気なのか調べてみました。実はIPOチャレンジポイントを利用した当選が恐ろしいほど魅力的なんです。IPO投資をするなら一番初めに口座を開設しておきたい企業です。


IPOチャレンジポイントを使用して当選すると複数株配分になることも実際にあります。2018年3月に上場したRPAホールディングス(6572)では公開価格3,570円の初値が14,280円でした。この時のSBI証券配分はなんと300株です!計算すると1回のIPO当選で320万円以上の利益となります。私は10ポイント足らずで配分無しという絶望を味わいました。


SBI証券IPO取扱数詳細


IPO投資は成長性が期待できる銘柄が多く、大きく値上がりする事がしばしばあります。最近ではあまりにも買いが殺到しIPOに当選し初値が付いた段階で売却をすると数十万円を手に出来る事も珍しくありません。


IPO投資というものは成長性が見込まれる企業に上場段階で購入できます。
将来的な値上がり期待が出来るのですが、この初値を狙う投資方法でもあります。私の投資スタンスとしては、IPOの抽選にとにかく申込続けて当選すれば初値売却を繰り返します。


10年くらい同じことを繰り返しているため2,100万円くらいの利益がでています。利益が出た分を再投資に回せばさらにIPO当選に近づくでしょう。


SBI証券はIPO取扱数が多く抽選に参加する機会が多い

IPO取扱い数が2015年3月期(通期)約85%で主幹事や幹事に入っています。という事はIPO抽選に参加できる機会が増えます(現在も多くの主幹事や幹事を引き受けています)
次の項目でも触れていますが、IPOに当選しない場合にIPOチャレンジポイントが貯まります。つまり落選をしてもポイントが貯まるため今後のIPO配分に期待ができます。


SBI証券のIPO抽選ルール
※画像は過去のものですが、現在もインターネット証券における取扱い数は最大級です


SBI証券はネット証券大手という事だけあり、主幹事も引き受けますからIPO当選の期待も高まります。実は昨年の騰落率第5位のあんしん保証の当選をしています。大きな利益となり大変感謝しています。


一回のIPO当選で85.4万円もの爆益!

あんしん保証IPO当選SBI証券画像


2015/4/1~2015/12/30までにSBI証券で取り扱った61銘柄のうち、初値が発行価格よりプラスだったのはなんと53銘柄あり86.8%にもなります。そのうち初値2倍以上は19銘柄で31.1%です!
年間通すとかなりの引受数なのでIPO口座でも楽しませてくれる企業になります。
※上記データは過去のものですが現在も似たようなことが起きています


さらに、SBI証券は株主優待でも使える企業なので幅は広がりそうです。下記の記事に株主優待の取り方を説明しています。一般信用売建を使ってリスクなく株主優待権利を獲得することができます。

参考⇒ SBI証券で一般信用取引(短期)を利用した株主優待クロス取引手法


また、上記の記事が古くなったので気合を入れて別の記事を書いてみました。こちらは長文なので時間があるときに見ていただければと思います。記事作成に4時間近くかかりましたが読者からのコメントは嬉しかったです。
SBI証券以外の一般信用売建企業についても記載しています。さらに皆さんが気になる逆日歩の仕組みや受渡日についても詳しく書いています!


投資初心者が株主優待クロス取引


IPOチャレンジポイントを貯めてIPOに当選する方法とは?

IPOに外れても、IPOチャレンジを貯めるとIPO当選確率がアップします。目安としては100回くらい落選しないとポイント当選は期待できません。少し人気の銘柄などは200ポイントが目安でしょう。50万円を超えるような銘柄だと300ポイントくらい必要になることもあります。


私が当選した「あんしん保証」は180ポイントあたりだったと思います。あまり人気がなかったんですが、上場当日は急騰してくれました。何があるか上場してみないとわかりません。


SBI証券のIPOチャレンジポイント配分例


「IPOチャレンジポイント」は新規上場株式のブックビルディング後の抽選・配分に外れた回数に応じて加算されるポイントです。
このポイントが貯まるとIPO抽選に優位になり、当選の確率が高くなる仕組みです。


だから資金が少ない方でもIPOに申込続けているといつかはIPOに当選する事ができます。
またちょっとしたアドバイスになりますが、銘柄によってIPO初値が数倍にもなる可能性があります。そんな時にIPOチャレンジポイントを使うと1回の当選でもガッツリとした利益が出る可能性があります。


ちなみに上記のあんしん保証では公開価格1460円×200株の初値利益が5730円×200株で854,000円の利益になりました。NISA口座なので税金は掛かっていません。
また未成年口座などの開設もできるためお子さんがいらっしゃるご家庭だとポイントを貯めて将来の資産形成を考えるのも賢いと思います。私は未成年口座を利用してしっかりポイントを積み立てています。


下記はSBI証券のIPOチャレンジポイントについて書いた記事です。似たようなことを書いているので見る必要はないと思いますが、IPOチャレンジポイントの増減表が載っているため気になる方は見てください。


SBI証券IPOに当選する方法


その他にもIPO当選は毎年頂いてます。画像が少し見にくいですが、ブログのを引っ越ししたため下記のようにいまいち画像になっています。パソコンも壊れたため当選画像も消えてしまいました。ソーシャルワイヤーは175ポイントくらい使って300株の当選でした。


現在は300ポイント越えの口座があるため50万円から100万円抜きを本気で考えています。何度もあと10ポイントくらい足らずに運を逃がしていますが、いづれ私にも大きな利益が転がり込むと考えています。他の証券会社では考えられない仕組みなのでSBI証券の落選は苦になりません。


IPOチャレンジポイントを使わなくても主幹事の際には当選する可能性が高いため期待してよいと思います。ポイントを使わなくても当選したことは何度もありますからね。


SBI証券IPO当選利益

ソシャルワイヤーSBI証券複数株当選!



ライトアップ(6580)IPO複数当選300株

SBI証券のNISA口座を使ってIPOを売却すると大きなメリットがある

SBI証券のNISA口座を利用してIPOを売却すれば税金の面で大きなメリットがうまれます。NISA口座で発生した利益が非課税になるためです。IPOで使えば鉄板投資方法だと個人的に考えています。


SBI証券のNISA口座開設キャンペーン


IPO投資は投資の中でもリスクが低い投資方法とされています。
上記の「SBI証券はIPO取扱数が多く抽選に参加する機会が多い」を見て頂いた通りに8割以上の確率で初値がプラスとなっています。また私のIPOブログを見て頂いている方には投資スタンスが伝わると思いますので、人気の無いIPOには申込は控えることも重要かと思います。


NISA口座なら年間120万円までの投資から得られる利益に対して税金がゼロになります。通常であれば復興税を含め20.315%の税金が掛かりますが、NISA口座を使えばゼロです。上記のあんしん保証売却益で課税されたとするならば税金は173,491円になります。
普通に支払っていたら損をした気分にさせられます。


NISA口座はIPO以外にも使えますのでご自分の投資スタンスにより使い方を決める方が良いと思います。
長期投資による配当利益も税金がゼロになり考え方次第では色々と使えると思います。またジュニアNISAも始まりましたので、ご資産に余裕があればお勧め致します。
参考⇒ ジュニアNISAのポイント記事


上記のようなことからIPO投資をするならまずSBI証券の口座を開設しておくとよいと思います。私の場合はメイン口座なのでどのみち必要ですが、IPO引受幹事から考えても口座は持っておくべきでしょう。


⇒ SBI証券公式サイトへ