ウイングアーク1st(4432)が2回目の上場中止を発表しました。上場タイミングが悪く新型コロナウイルスによる世界市場懸念と原油安により総合的に考えた結果、上場承認を取り消したそうです。


こうなると1回目に上場を行っておくべきだったと経営陣は考えていることでしょう。前回の上場中止も市場動向を総合的に考え上場中止となりました。もう3回目も上場中止になるんじゃない?もしくは他のファンドに買い取って貰うなどの選択肢もあるように思います。


ウイングアーク1st上場中止で承認取消


私もIPO投資を14年間くらい続けていますが、こんなに上場タイミングが悪いIPOは初めてかもしれません。2回にわたり上場承認取消となったIPOはこれまで記憶にありません。※過去にAvanStrateで同じことがあったようです


1回目の上場中止(延期)は判断として良かったようにも思いますが、まさか新型肺炎が世界を巻き込み悪影響を与えるとまでは誰も予想がつかないはずです。


上場中止の内容は下記のように公式サイトに書かれています。


【ウイングアーク1st公式】

2020年2月20日開催の当社取締役会において、当社普通株式の東京証券取引所への上場に伴う株式売出しについて承認いたしましたが、2020年3月10日開催の当社取締役会において、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大及び原油価格の急落等を受けた最近の株式市場の動向等諸般の事情を総合的に勘案し、当該株式売出しの中止を承認し、それに伴い当社普通株式の東京証券取引所への上場申請を取り下げることを決議いたしましたので、お知らせいたします。

なお、今後の上場手続きの再開につきましては、株式市場の動向等を見極めたうえで、引き続き検討してまいります。



今回が1回目の上場中止であればよいですが2回目なので経営陣は相当悩んだと思います。上場規模を縮小し再承認となりましたが今回も上場できないとは運がありません。また昨日が仮条件発表となっていましたが、翌日以降に発表を延期していました。


今回の上場内容は下記になります。

【再承認】ウイングアーク1st(4432)IPO今度こそ上場?規模縮小だが業績好調ストック型ビジネス


1回目が451.1億円の吸収で2回目が約281.1億円でした。3回目は個人的にも経験がありませんがもっと縮小してくるのでしょうか?上場していれば売却することもできますが、上場できなければ市場売却はできません。


2019年1月31日に1回目の承認が発表され1年ぶりに再承認となりましたが、新型肺炎の影響で上場できないとは費用ばかりが発生し少しかわいそうな感じもします。


今回の経営陣判断が正解なのかはわかりませんが、業績は好調のためこのまま維持できればいつか上場できるはずです。


全て売出株となっていることが懸念されますが、グローバルオファリングのため海外販売引受けに期待が持てるような状態であれば再々承認も可能かもしれません。今回上場していればシンジケートカバーで取引成立とならない可能性もあったように思います。


次の承認はいつでしょうね。


FUNDINNO(ファンディーノ)でIPOを引き当てよう! 【口座開設完了しました】
⇒ FUNDINNO公式サイトへ

FUNDINNO(ファンディーノ)


ファンディーノへの投資は未上場企業に投資出来る魅力があります。本来であればベンチャーキャピタルや一部の資産家にしか投資できない環境をファンディーノが提供しています。


詳しくは下記で説明しているのでよかったら参考にしてください。投資方法も色々あり企業が成長する前に投資する方法もあります!またインタビューも行ってみました。




上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!