ユニコーン(UNICORN)について評判や特徴をまとめてみました。株式投資型クラウドファンディングを行っている企業になり、IPOやM&A(企業の合併・買収)による大きなリターンを得られる可能性を秘めている投資です。私も他社で実際に同様の投資を行っていましたが、ユニコーンではなんと5万円から投資ができます。


他社では10万円前後の資金が必要だったため同社経由の投資だと資金的余裕があるように感じます。他社と何が違うのか?そしてメリットやデメリットについても再確認したいと思います。株主優待の実施などを行う企業も多いようです。


ユニコーン(UNICORN)評判とデメリット


株式投資型クラウドファンディングとはインターネットを利用し、投資家とこれから上場を目指す企業をつなげる役割があります。上場を目指している企業の中には融資を受けることが難しく隠れた存在の企業もあります。


投資を行ったからと言ってすべての企業が上場するわけではありません。そこに最大のリスクがあると個人的に考えています。ベンチャーキャピタルからの出資を既に受けている企業は上場の可能性が高く、募集段階でもかなり人気があると思います。


同社の宣伝やコンセプトを確認すると「VCなどのプロ投資家より早い段階で投資できるメリット」と書かれています。確かにこれだと儲かるよね?と言った言葉も出てくると思いますが、逆にリスクも大きくなるため個人的にはどうなの?と疑問も湧きます。


投資案件の開示情報を確認しないと何とも言えませんが、できればベンチャーキャピタル(VC)が既に出資している企業のほうがリスク軽減できると考えています。


最終的には投資家が興味ある投資先へ、納得し投資を行えばよいと思います。


ユニコーン(UNICORN)投資をわかりやすく説明してみよう!

上記でも説明しましたが「株式投資型クラウドファンディング」という仕組みを利用した投資環境を提供しています。個人投資家は同社が用意した案件に申し込むことで投資ができ、1社に対し5万円から50万円までの投資ができます。


ユニコーン(UNICORN)上場による投資家へのリターン


同社の評判にも関わってくることから、投資家に提供する未上場企業審査はしっかりと行ってくると思います。中には倒産してしまうような企業もあるかもしれないため、投資家も提供された材料を基に投資先をしっかり選ぶ必要があります。


開示段階では売上が伸びていても収益性に乏しかったり、利益が見込めないような企業も出てくることでしょう。面白い発想を持っている企業が多く事業だけで判断するのは少し怖い気もします。


IRなどは定期的に公開されていることになり最低でも3ヶ月毎にIR(事業報告)が行われます。

利益が生まれる仕組みは早い段階で投資が出来ること

利益が出る仕組みを考えてみます。同社を投資対象と考えている殆どの方が既にイメージしているように、早い段階で投資を行うことで「低い株価」で株を手に入れることができます。私のブログはIPOという未上場株式をテーマとして取り扱っているため読者の方もイメージしやすいでしょう。


ユニコーンだベンチャーキャピタルよりも早く投資できる


ベンチャーキャピタルよりも早い出資となっていますが、この辺りは投資家の判断でしょう。中には既にVCから資金を調達している企業も募集対象になってくると思います。


VC出資の最終的な目的は投資金と利益の回収です。投資を行っても回収見込みがなければ出資しないと考えられるため個人投資家が投資を行うための材料になるはずです。


それに最低でも年1回の株主優待実施を行うことを募集会社と約束しているそうです。企業により異なると思いますが、最低投資額から株主優待を頂くことができると嬉しいと思っています。


もちろん同社は金融庁に登録しており、第1種小額電子募集取扱業者になります。

投資を行った後に懸念される材料が存在する

同社に投資を行い安心していられる方は余裕資金が多い方でしょう。5万円からの投資と言うことでお小遣い感覚の方も多いと思いますが、目的の企業へ投資家成功し株を手に入れても上場(IPO)をするまで資金を回収できないことを知っておきましょう。


株を売りたいときに売ることができず換金性が低い金融商品になります。それに投資先の財務状況が悪い方向へ向かった場合に投資金が消滅することも考えられます。


同社によれば、「金融商品取引法または金融商品取引所規則に基づく情報開示」は義務づけられていないそうです。さらに「企業財務情報と監査法人等の監査」を受けていない場合があるそうです。


ホームページにはリスク面もしっかりと書かれているため勘違いする方も少なさそうです。さらに個人的に少し気になるのは贈与の件です。大体どこも認めてくれるようですが、投資金額が大きい場合にはチェックしておきましょう。

株式投資型クラウドファンディングは人気なのか?

株式投資型クラウドファンディングへの投資は他社案件を見ても人気があります。市場に資金がこれほど余っているのか?個人投資家の投資意欲はこんなにあるの?と思うばかりです。


多少リスクがあっても企業の将来性や応援という気持ちが投資家にあり、最終的に売却益を得ることが目標となるも上場前から株を持っているだけで儲かった気になるのかもしれません。


ベンチャー企業へ投資を行い税制面の優遇措置を行える「エンジェル税制」についてはまだ公式サイトに書かれていないようです。


エンジェル税制申告の方法


【中小企業庁抜粋】

エンジェル税制とは、ベンチャー企業への投資を促進するためにベンチャー企業へ投資を行った個人投資家に対して税制上の優遇措置を行う制度です。ベンチャー企業に対して、個人投資家が投資を行った場合、投資時点と、売却時点のいずれの時点でも税制上の優遇措置を受けることができます。また、民法組合・投資事業有限責任組合経由の投資についても、直接投資と同様に本税制の対象となります。



今後、同社で取り扱う案件候補は下記のようになっています。AI(人工知能)や再生医療、仮想通貨ブロックチェーン、テクノロジー系やIoTなどの取扱いがあるようです。


株主優待は自社商品を提供できなさそうな企業が多いのかもしれないためクオカードや図書カードなのかも?


ジャンル・分野 企業のサービス内容
AI AIのインフラをローコストで実現する企業
AI AI×ITによるプロジェクトマネジメント支援企業
Bio Tech 再生医療で未来をサポートする企業
Blockchain ブロックチェーンを広げる為のプラットフォーム企業
Consumer 新しい味で地域活性化を目指す企業
Ed Tech ITを使い教育とテクノロジーを融合させて地域格差をなくす企業
IoT 電池からの解放を目指す新技術の企業


IPOでも人気の人工知能やIT技術を使った企業案件が中心になりそうです。農業と技術を組み合わせたアグリテックなども個人的に気になるため期待したいと思います。


利益追求型の企業になるため将来のビジョンも重要でしょう!


⇒ ユニコーン(UNICORN)公式ページへ


ユニコーン(UNICORN)について深掘りし企業情報を確認してみた

株式投資型クラウドファンディングのユニコーンという企業をご存知ない方もいるかもしれません。同業種ではFUNDINNO(ファンディーノ)やエメラダ・エクイティーなどが有名かもしれません。


特にFUNDINNOは国内取り引き料が最大規模になっているため資金の集まり方も凄いようです。私も小額ですが投資を行っています。


ただ5万円から投資が行える企業は他にないため魅力です。やはり最低でも10万円からの投資になることが多く興味があってもハードルが少し高いように思います。


UNICORNの事業内容


同社はこれから取扱いを増やしていくため現在最注目企業と言えそうです。その他の事業を調べてみると株式投資型クラウドファンディングの他、クラウドファンディングサポートや企業成長丸ごとサポート、ユニコーンインキュベーションプログラム、セミナー講座の企画運営などを行っています。


公式サイトによると同社の強みは短期間で成長を加速化させスタートアップに特化したサービスを行えることにあるようです。事業者は新規事業を立ち上げるところから、上場もしくは事業売却までのサポートを受けることができます。


また、スタートアップとは短期間でビジネスモデルを構築し市場開拓を行えると言った意味合いがあります。イノベーションを起こすともいわれます。ベンチャー企業と少し意味合いが異なりますが似たような意味で使われることも多いようです。


クラウドファンディングサポートの流れ


クラウドファンディングサポートを少し説明すると、資金が足りない個人や法人に対して購入型クラウドファンディングを行い、資金調達や実現したいプロジェクトのサポートを行います。募集ストーリーから始まり、SNSを活用した拡散までサポートを行います。


企業成長丸ごとサポートでは、担当者の定期訪問で様々なニーズに迅速に対応することができるようです。毎月定期的に担当者がオフィスに行き、現在の経営課題や要望をヒアリングし解決策の提案を行うサービスです。


ユニコーンインキュベーションプログラムでは、企業価値10億ドル以上の非上場企業を目指す起業家の支援プログラムになります。セミナー講座は起業の仕方や資金調達の仕組み、資産運用などをリアルセミナーやオンラインコンテンツで提供しています。


全ての事業(サービス)が今回の株式投資型クラウドファンディングとつながっています。

ユニコーンの会社概要詳細

同社の会社概要を調べてみました。代表取締役の安田次郎氏は三菱UFJモルガンスタンレー証券で本邦企業の資本政策、資金調達やIR戦略の立案(執行)を行っていた人物です。公式サイトによれば三菱UFJモルガンスタンレー証券に勤めていた後、下記のように書かれています。


※クレディ・スイス、リーマン・ブラザーズの株式資本市場部にて、国内外における株式及び株式関連の資金調達において数多くの主幹事案件を執行。野村證券移籍後は、第三者割当型の資金調達案件や事業会社が保有する株式の売却や自社株買いについて、デリバティブを活用したスキームなどのソリューション提供業務に従事。



スタートアップ企業の資金調達手段がいまだに融資だけとなっている日本に、変革を与えるために生まれた企業かもしれません。日本では成長が見込める企業でも世の中に出ることなく終わってしまうことも多いと言われています。


よく「イノベーション企業」が日本では生まれないと言われますが、金融機関だけの融資だとスタートアップ企業に融資を行う金融機関は殆どないかもしれません。良いアイデアがあっても資金面でつまずくことは実際多いと思います。


自社収益が目標になりますが、イノベーション企業が生まれることを期待したいと思います。企業情報の詳細は下記のようになっています。


項 目 その内容
法人名 株式会社ユニコーン(Unicorn, Inc.)
代表者 安田 次郎
取締役 家本省次郎
新庄靖生
石川喜久
佐伯正親
小泉義正
会社所在地 〒107-0051
東京都港区元赤坂1丁目7番18号
KIZUNA EAST
電話番号 03-5324-2286
会社設立 2015年12月28日
事業内容 株式投資型クラウドファンディング
クラウドファンディングサポート
アウトソーシングサービス
セミナーの企画・運営
資本金 8,900万円(資本準備金含む)
※2019年4月22日調べ
登録番号 第一種少額電子募集取扱業者
関東財務局長(金商)第3110号
加入協会 日本証券業協会


ユニコーン(UNICORN)のメリットとデメリット総まとめ

同社に投資を行う際のメリットとデメリットを取り上げてみました。投資家目線では収益ありきだと思いますが、上場しても企業収益が期待できるのであれば上場後も売らずに成長を見守ることで投資額の数十倍の利益も期待できる可能性があります。


IPO後に成長した株の価格


上記のようにIPOを行い突然株価が数倍に成長する銘柄も中にはあります。初値が高すぎると急落する可能性もありますが、上場前から業績を見ることができ、どのように成長していくのかビジョンをよりわかっているため期待することもあるでしょう。


多くの方が上場段階で売却を行うと考えられますが、中には買い増しを行う方もいるかもしれません。と言うことで下記にまとめてみました。


    【メリットまとめ】

  • 未上場で成長性ある企業に投資ができる
  • 投資先は3ヶ月に1度の情報提供を義務化
  • 株主優待を得ることができる
  • IPOやM&Aによるリターンを得る可能性がある
  • 5万円からの定額投資が可能
  • 社員には投資銀行や証券出身のIPOのプロが多い
  • インターネット上で簡単に投資ができる
  • 申込みから8日間はキャンセル可能でキャンセル料も掛からない
  • 口座開設費や維持管理費は無料



    【デメリットまとめ】

  • 投資金が返ってこない可能性がある
  • 投資先が全て上場(IPO)やM&Aを行うとは限らない
  • 上場後の株価が投資金よりも高い金額とは限らない
  • 投資を行いたくても先着順になるため投資できない可能性がある



まとめると上記のようなメリットとデメリットがあると思います。この他、投資対象となる年齢も決まっており、20歳以上75歳未満の日本国内移住者と定められています。


また金融資産が200万円以上ないと審査に合格しないようです。この辺りは自己申告だと思いますが余裕資金で投資を行いましょう。リスク性の金融商品に対して1年以上の投資経験があることも審査基準であるそうです。


私は基準をクリーアできているため早速口座開設を行い、投資できる準備を整えておきたいと思います。


ユニコーン(UNICORN)へ投資を考えている方への個人的な意見

株式投資型クラウドファンディングに投資を行った経験がある私の感想ですが、余裕資金であることから企業応援の考えが大きいように思います。将来性ある事業、そして社会に受け入れられるビジネス、自分が興味ある職業など投資理由は様々だと思います。


しかし、企業応援であっても投資家という立場からリターンは求めます。投資を行い数年間寝かせておかなければならない未上場株であってもその中に楽しみを見つけ、事業報告書やサービス動向などを監視しなければなりません。


自分が投資を行ったスタートアップ企業が世の中で活躍するとなれば喜ばしい気持ちでいっぱいになることでしょう。またデメリットでも上げましたが、投資先の企業が全て上場するわけではありません。同社の審査基準でIPOを行いそうな企業を投資対象としていますが中にはIPOにたどり着けない企業も出てくることでしょう。


この辺りにも楽しみがあり、出来るだけ種をまいておくとそのうち花開く投資だと思うほうがよいと思います。リターンをすぐに求めるような方には不向きの投資方法だと思います。上場すれば投資額の数倍を得る可能性があるため個人的には楽しみな投資だと考えています。出来れば早めに投資を行いたいと考えています!


⇒ ユニコーン(UNICORN)公式

ユニコーン投資






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事