シキノハイテック(6614)の抽選結果が出そろいました。完全に落選すると思っていましたが主幹事から当選を頂きました。ココナラに当選できませんでしたが、上場規模が小さいため初値1,500円までは可能性があるようです。


どうなるのかわかりませんが当選した株主は1,000円以上で売りたいIPOだと思います。上場2日目の初値形成となる可能性が高いためベビーカレンダーとジーネクストの上場と被りそうです。


シキノハイテック(6614)IPOの抽選結果は当選


もしかするとSharing Innovationsが加わり4銘柄で資金分散になるかもしれません。3月の優待権利最終日の29日も近いことから忙しくなりそうです。


同社は半導体関連品メーカーになり業績が決して良いとは言えないようです。今期は減益ながら四半期利益は前年を超えるようです。


株価設定が元々低いためバリュエーションを考えると買いが入りやすいようです。取引先にはデンソーやソニーLSIデザインの名前があります。


ベンチャーキャピタル保有株はありますが、ロックアップ対象となるためVCの売り圧力は低そうです。ただ外部株主が多いとされているためロックアップ対象外の株主が動いてきた場合に初値が押し下げられる可能性があるようです。


半導体市場へ買いが入っているため同社にも大きな買いが見込まれています。材料的には来期予想への期待から買われる展開が想定されるようです。雰囲気的には初値3倍は可能みたいです。



シキノハイテック(6614)IPOの公開価格が決定

公開価格は仮条件上限の390円に決定しています。


目論見には「申告された総需要株式数が公開株式数を十分に上回る状況」と記載されています。株価設定が低いためブックビルディングに参加した投資家が多かったと予想できます。


上場規模が約5.5億円と極小のためBBが積み上がらないわけがありません。当選確率もかなり低かったと考えられます。


幹事引受け価格は358.80円に決定しています。同社の業績や事業内容、さらには株主構成などは下記記事を参考にしてください。

シキノハイテック(6614)IPOの初値予想


シキノハイテック(6614)IPOの幹事別抽選結果はこうなりました!

抽選結果がすべて発表されたため今回もまとめてみました。


幹事名抽選結果
みずほ証(主幹事)当選
野村證券落選
大和証券落選
SMBC日興証券補欠当選
SBI証券落選
マネックス証券落選


シキノハイテック(6614)IPO当選画像


ちょっと自分でもあり得ない当選ラッシュとなっています。2021年前半で運を使い果たしてしまうのではないかと心配しています。


ただ当選が続く事はこれまで何度も経験しています。その後、気が付くと当選できなくなるパターンです。今のうちの利益を出しておきたいと思います!


運気が上昇しているためマネックス証券での当選も期待しています。なかなか当選しませんが今年も1銘柄当選を目指しています。ブックビルディングが重なっている今が当選チャンスなんですけどね。




朗報!PayPay証券でIPOの取扱いが期待されています。IPOルールをまとめたのでよかったら下記記事も参考にしてください。みずほ証券主幹事の場合に取扱い予定となっています。




シキノハイテック(6614)IPOの最新の初値予想は?

最新の初値予想を調べてみました。


最新のIPO初値予想


大手予想によれば1,100円~1,300円となっているようです。同日上場となりそうなので初値3倍に届くのか?と疑問もありますが、吸収額考えると初値3倍の可能性はあると思います。


初値売りが良いのかどうかは今後考えたいと思います。


ネット抽選ではみずほ証券が200株配分、野村證券が300株配分だったためネット組は当選しにくかったと思います。


同社のビジネススタイルは人気とは言えませんが、同業種のPERは20倍~40倍程度となっている企業が多いようです。


シキノハイテックのPERは公開価格算出で約8.8倍と低いため、初値3倍で適正値?と言った感じでしょうか。基本的に公開株以外の株流通は少ないと考えられています。


半導体のLSI設計やIPコアの開発、半導体製造の検査関連機器や装置などが主力売上となっています。IPOに資金が入っていることで公開価格割れはないと考えられます。


JASDAQスタンダードへの上場となっており、他のIPOに比べると資金が入りにくいかもしれません。


もうすぐ終了!ストリームで5,000円分の株を誰でも貰えます。期間限定のキャンペーンになるため必要な方はお急ぎください。下記記事に要点をまとめた記事を作成しました。よかったら参考にしてください。


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!