セレンディップ・ホールディングス(7318)IPOの初値予想と幹事割当数などを今回も自己評価したいと思います。上場前の抽選参加スタンスや業績予想などについても調べています。


SBI証券主幹事で株数が多く、株価設定も手ごろなので人気化しそうです。M&Aが前面に出ている企業のようですが実はトヨタ系の自動車部品を製造・販売する会社です。


セレンディップ・ホールディングス(7318)IPOの上場評価


項目株数データ
想定価格1,130円
仮条件6月04日
公開価格6月15日
公募株数850,000株
売出株数0株
公開株数(合計)850,000株
オーバーアロットメント127,400株
幹事団SBI証券(主幹事)
野村證券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
みずほ証券
SMBC日興証券
楽天証券
東海東京証券
岩井コスモ証券
岡三証券
東洋証券
藍澤證券
水戸証券
エイチ・エス証券
委託見込岡三オンライン証券
SBIネオトレード証券


事業承継を目的としたM&Aを実施し企業規模を拡大させている企業です。中部地区に強みを持ちモノづくり企業を中心として事業活動を行っています。


トヨタ自動車やトヨタ紡織への売上依存度が高いようです。この他にもアイシン精機とトヨタ自動車が株主となっている「アイシン・エィ・ダブリュ」への売上はここ数年で30%~40%程度にものぼります。


販売先が安定していることで人気が見込めそうです。ただし設定株価が事業内容を考えた場合に割高になるようです。


SBI証券が主幹事を行うと割高でも買われることが多いため、IPO抽選には積極的に参戦しておくべきでしょう。


社名とは裏腹にただの製造子会社的存在なのはどうかと思いますが、吸収額が低いため買われるでしょう。初値パフォーマンスを考えると初値2倍程度が視野に入りそうです。


セレンディップ・ホールディングス(7318)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。非常に参考になる数値なので、投資家のブックビルディングスタンスにも影響を与えると考えています。


IPO初値予想


最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想2,000円~2,600円
※注目度C


個人投資家中心の売買になりそうなので初値が高ければ売られる展開かもしれません。自動車関連の製造業だとPERは10倍以下になる企業が多いと思います。


アイシン(7259)などが参考企業になると思います。同社の場合はメーカーにエンジニア派遣を行うなど他の事業も行っているため、多少PERが上振れしそうです。


M&A(合併・買収)も行いますからね。M&AはIPOで人気があります。


もっと詳しく知りたい
セレンディップ・ホールディングスの詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。仮条件発表後には追記する形で最新の初値予想も記載しています。
【上場】セレンディップ・ホールディングス(7318)IPOの初値予想!

Twitterでも情報発信しているのでよかったら参考にしてください。Twitterは投資材料の宝庫なので上手に使いましょう!


よろしければフォローしていただく事で情報共有ができるようになります。


セレンディップ・ホールディングス(7318)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事はSBI証券が単独で引受けます。


上場規模が小さいにも関わらず幹事引受けが多くなっています。


幹事名割当株数引受割合
SBI証券(主幹事)722,200株84.96%
野村證券63,800株7.51%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券17,000株2.00%
みずほ証券8,500株1.00%
SMBC日興証券8,500株1.00%
楽天証券8,500株1.00%
東海東京証券8,500株1.00%
岩井コスモ証券4,300株0.51%
岡三証券4,300株0.51%
東洋証券1,700株0.20%
藍澤證券900株0.11%
水戸証券900株0.11%
エイチ・エス証券900株0.11%


SBI証券からの申込みを忘れずに行い野村證券と楽天証券あたりで抽選に参加すればよいでしょう。


資金が豊富にある方は口座開設している証券会社から全て申込みを行いましょう。店頭系だと引受割合の10%がネット抽選になります。ステージ制を採用している企業もあります。




また、SBIグループのSBIネオトレード証券でも取扱いが発表されています。


SBIネオトレード証券のIPO取扱い2021年6月上場分


昨日発表分は上記の4銘柄になります。この4銘柄にさらに取扱い銘柄が追加されると考えています。


資金不要でIPO抽選に参加できるため口座を持っている方は申込んでおきましょう。タイアップ特典が付いているため良かったら現金2,000円も頂いてください。


SBIネオトレード証券IPOルールは下記記事でまとめています。




セレンディップ・ホールディングス(7318)IPOの業績予想と抽選参加スタンス

セレンディップ・ホールディングスの最新業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。


人気が見込めれば積極的に参加しIPOで利益を狙いたいと思います!


業績予想とBBスタンス考察


業績を確認すると2022年3月期の連結業績予想を確認することができました。それによれば売上150.10億円となり前期144.60億円から3.80%増、経常利益2.49億円となり前期4.17億円から40.29%減となる見込みです。


四半期利益は1.75億円となり前期3.98億円から56.03%減となるようです。増収減益予想となっています。


PERは想定発行価格計算で25.23倍になるため製造事業会社で考えるとかなり割高な株価になります。


公募組は損する銘柄ではないと思いますが、IPOチャレンジポイントを利用する方はよく考えて申込みを行ったほうがよさそうです。


2021年6月にSBI証券主幹事が多いためIPOチャレンジポイント利用者が多いと競争相手が減る期待があります。考えれば考えるほど難しいですよね。


SBIネオモバイル証券のひとかぶIPOをご存知ですか?1株からIPO抽選に参加できます。


しかも「Tポイント投資」を可能にした日本初の証券会社です。SBIグループなので今回もIPO取扱いを行ってくるでしょう。IPOルールは下記記事でまとめています!!


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!