NexTone(ネクストーン)とニッソウが上場をするため最終初値予想と気配更新を確認してみました。どちらも公開価格を超えてくる予想が出ていましたが、直前予想は公開価格割れ水準に訂正されています。


連続上場中止、そして公開価格割れが続く中で期待値は高くないものの頑張ってほしいと思っています。早速NexToneから確認してみたいと思います。


NexTone(ネクストーン)IPO


項 目 気配運用の内容
板中心値段 1,700円(公募・売出価格)
上限値段 3,910円(更新値幅85円、更新時間10分)
下限値段 1,275円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲 425円以上、6,800円以下


最終初値予想(A社)1,500円
※注目度A

最終初値予想(B社)1,700円
※注目度5段階中上から4番目


初物と言われるIPOだったため積極的に抽選に参加した投資家も多かったと思います。そのため仮条件上限に公開価格が決定しています。想定発行価格から仮条件が引き下がり割安となっていますが株式市場の暴落により最終的には割高なのかもしれません。


また初物と言うことで適正価格水準がわかりにくくその時の需要で価格が決定する感じのようです。


ただ3月26日上場のサイバーセキュリティクラウド(4493)とアディッシュ(7093)が公開価格を超えて初値を付けていることは好材料です。しかし、それを帳消しにするかのようにNYダウ平均が3月26日終値で915.39ドルの暴落です。


ボラティリティーが大きすぎて何が何だかわからない市場となっています。日経平均先物は530円のマイナスとなっていることから週明けの3月30日の日経平均は下げて始まりそうです。


IPOもどうなるのかわからないため公募組も覚悟が必要だと思います。著作権ビジネスを専門に扱う企業は上場企業の中では他になく魅力的だと思いますけどね。企業詳細は下記記事でまとめています。

NexTone(ネクストーン)IPO上場承認と初値予想!エイベックス著作権で業績拡大中


公開規模が少し大きいことが今となって影響が大きいようです。大手では5億円前後の吸収しか今の市場では安心できないだろと言うことです。ちょっと厳しいですね。




ニッソウの最終初値予想は公開価格割れ濃厚なの?

ニッソウ(1444)IPOの当選報告はお一人しか確認できませんでした。地方上場のため抽選に参加された方が少なかったんだと思います。


公開株数が少ない案件でしたが株単価が高いため私も消極的参加でした。またNexToneと同じでニッソウも仮条件上限で公開価格が決定しています!


ニッソウ(1444)IPO


項 目 気配運用の内容
板中心値段 3,750円(公募・売出価格)
上限値段 8,630円(更新値幅190円、更新時間10分)
下限値段 2,813円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲 938円以上、15,000円以下


最終初値予想(A社)3,450円
※注目度C

最終初値予想(B社)3,750円
※注目度5段階中上から4番目


何処にでもあるような不動産物件のリフォーム工事を行う企業なので新鮮味は全くありません。首都圏をターゲットにし業者経由の仕事を行っているため業績の安定感はあるようです。


住宅リフォーム事業は安定な成長となっていることから今後も業績期待はできます。ニッソウは名古屋証券取引所のセントレックス上場のため流動性に欠け、セカンダリーは盛り上がらない見込みが強そうです。


地方上場でもセントレックスに資金が入ることもあり2019年12月上場の名南M&A(7076)のように上場後急激に買われるIPOもあります。ただ今回は地合い的に難しいと個人的に考えています。企業詳細などは下記記事でまとめています。

ニッソウIPO上場承認と初値予想!セントレックスで地味系だが利益が狙えそう


大手予想では初値買いが入りにくい地方上場のため厳しい展開が予想される。と言った感じになっています。NexToneとニッソウの仮条件はどちらも上限決定となっていますが、週明けの地合いが悪そうなので初値期待はできないようです。


しかしコロナショックの影響で市場がえらいことになりました。資産家は日本株を買いあさっているという報道を見ましたが、個人的にはまだ早いと思っています。リバウンド狙いならありですが、これからまだ下げるのでは?と感じます。


長期的にETF投資を行うならTHEO(テオ)がお勧め!小額で長期的なETF投資を行いたい方に向いている投資です。まとめ記事は下記をご覧ください!




docomoユーザーの方は特典があるので下記記事をご覧ください。少しだけお得になるのでお勧めです。またdポイントに興味がある方もどうぞ~


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式サイト

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額50万円強でソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!