Macbee Planet(7095)がいよいよ上場です!大手2社の初値予想を確認すると共に弱く当選者は残念な気持ちになることでしょう。私はIPOチャレンジポイント狙いで家族全員参加で挑みましたが当選はありませんでした。


補欠当選が300株となっていたため補欠を申し込まずIPOチャレンジポイントを諦めました。補欠に申し込み最終的に落選になると1ポイント貰えます。キャンセルした為ポイントも貰えませんでした。


IPOチャレンジポイントの詳細は下記記事で詳しく説明しています!



Macbee Planet(マクビープラネット)


項 目気配運用の内容
板中心値段1,830円(公募・売出価格)
上限値段
下限値段1,373円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲458円以上、7,320円以下


想定発行価格1,860円から仮条件が1,830円~1,990円に決定、その後公開価格が下限の1,830円で決定しています。無理やり仮条件を引上げた結果、下限に決定したような印象を受けます。


地合いの影響が大きいと思いますが嫌な流れとなっています。相場全体の下落によりMacbee Planetが割高になり公開価格割れは免れない展開のようです。グロース株と言われる成長株も軒並み売られているため個人投資家の意欲も減退しているようですね。


しかもMacbee Planetの吸収額が21.1億円と大きく今の地合いでは到底吸収できないようです。


最終初値予想(A社)1,683円
※注目度A

最終初値予想(B社)1,830円
※注目度5段階中上から4番目


人工知能(AI)やビッグデータ関連のIPOになるため基本的には個人投資家に好まれるIPOでも現在の地合いでは魅力が薄くなっているようです。事業はもちろん関係しますが、やはり吸収額が小さくないと公開価格を超えて発進するのは難しそうです。


アディッシュやサイバーセキュリティクラウドも5億円未満の吸収でした。ただ期待したいのはSBI証券主幹事であることです。アディッシュもサイバーセキュリティクラウドもSBI証券主幹事だったため今回ももしかしたら公開価格を超えるかも?と変な期待もしてしまいます。


Macbee Planetの詳細は下記記事でまとめています。大手初値予想の修正が何度も行われているので温度感を確認するのにも参考になると思います。

Macbee Planet(マクビープラネット)IPO上場承認と初値予想!ネオモバ当選期待で儲かるかも


IPOの需要は減っているようですが、新型コロナウイルスと直接関係がない銘柄はどのように評価されるでしょうか!


結局、事業よりもセカンダリー参加者が減り初値買いする機関投資家や個人投資家が減り需要がないだけですよね。大きく割れればセカンダリーで盛り上がる可能性はあるでしょう。


本日上場のNexToneはセカンダリーが盛り上がっています!




NexTone(7094)の初値結果は公開価格割れするも大引けはストップ高

NexTone(7094)の公開価格は1,700円で初値は1,660円でした。日経平均が大暴落している中で頑張ったと思います。そして初値がついた後に公開価格を超えその後も買われ続けました。


この兆候は良いと思います。吸収額が18.1億円と大きく公開価格割れ予想がでていましたが初値後に物色されています。音楽著作権管理事業者の初物上場に興味津々だったと言うことでしょう。


NexTone(7094)初値結果


ちなみに公開価格1,700円を2.4%下回って1,660円で初値を付け、安値1,580円で高値がS高2,060円になっています。PTS取引を確認してみると高値2,090円、安値2,024円になっています。出来高2,500株なので売買が積極的とは言えなさそうです。


翌営業日の始値がどうなるのか興味津々です。一時的に人気になっても市場が混乱中なので逃げ足が速い投資家が多いため博打性が強い環境が続いています。


早く安定した生活が戻ればよいと思いますが、もうしばらくこの状況が続きそうです。NexToneと同日上場となったニッソウ(1444)は公開価格3,750円に対して初値2,800円となり-25.33%も割れています。地方市場のセントレックスだったため人気がなかったIPOですが、25%以上も割れるって恐ろしいです。


ただシンジケートカバーが入らなかった観測があるためこれ以上下落することもないのかもしれません。リスクが高いIPOには手出し無用の環境となっています。実際にはわかりませんがシンジケートカバー取引が行われていないと考えると下値で買い付ける可能性があります。


この手法は証券会社の考え方次第なので何とも言えませんが、人気がなかったことは間違いないでしょう。わくわくする環境が早く戻ってきてほしいと思います。


東証1部上場のプロパティエージェントがクラファンに参入! 【日本初の不動産ポイント投資】
⇒ Rimple(リンプル)公式サイトへ

PA Funding(PAファンディング)


Rimple(リンプル)の不動産投資型クラウドファンディングがメチャクチャ人気みたいです。東証1部上場で独自性のあるサービス展開が投資家に人気なのかもしれません。


しかも利回りが高く第1回は抽選方式を採用していたため当選者おめでとう!状態です。なんと利回り10%で劣後出資採用企業です。詳しくは下記記事でまとめました。




上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!