インフォメティス(5030)のIPOがグロース市場に新規上場承認されたのでご紹介したいと思います。VC売出し色が強いIPOになるため人気は低そうです。しかも今期(2022年3月期)予想は赤字です。


主幹事はみずほ証券が務め公開株数3,735,400株、オーバーアロットメント560,300株です。上場規模は想定発行価格1,150円から計算すると約49.4億円になります。


インフォメティス(5030)IPOが上場承認
※インフォメティス公式サイト引用


同社の収益モデルは基本的にリカーリング型になるため、顧客企業数や各種アプリのエンドユーザー数が増加すれば利益が増加します。


ただ上場時予想では赤字継続となっているため印象が良いとは言えません。


売上規模もまだ小さく成長企業かもしれませんが不安のほうが先行します。2021年3月期の連結売上が約5.7億円程度ですからね。


プラットフォームへの登録者数は月平均2,300件増と勢いがあります。大和リビングの管理物件に同社アプリが標準採用されているそうです!


インフォメティス(5030)IPOの上場基本データと引受幹事について調べました

項目上場基本データ
上場日上場中止
市場グロース市場
業種情報・通信業
事業内容エナジー・インフォマティクス事業(独自の電力センサーの開発・販売、データマイニング、エネルギーデータ等を利活用するための独自IoTデータプラットフォーム及びアプリケーションの提供並びにエネルギーデータ等を利活用した新サービスの創出)
ブックビルディング4月08日~4月14日
想定価格1,150円
仮条件4月06日
公開価格4月15日
初値結果
企業情報https://www.informetis.com/
監査人太陽有限責任監査法人
手取金の使途
  • 新技術・事業開発に関する費用
  • 採用費及び人件費
  • 本社オフィス増床又はオフィス移転に関する費用
  • 部品の安定確保のための費用
  • 欧州各国での新規事業に関する費用
  • 借入金の返済


項目株数データ
公募株数1,040,000株
売出株数2,695,400株
公開株数(合計)3,735,400株
オーバーアロットメント560,300株
上場時発行済み株数4,879,720株(公募分を含む)
想定ベースの時価総額約56.1億円
幹事団みずほ証券(主幹事)
SBI証券
楽天証券
東海東京証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
東洋証券
松井証券
マネックス証券
委託見込SBIネオトレード証券
DMM.com証券


インフォメティス(5030)の事業内容と上場に伴う評判を考察してみました

想定発行価格1,150円を基に吸収金額を算出すると約43.0億円となり、オーバーアロットメントを含めると約49.4億円規模の上場となります。


同社グループは、エネルギー関連データを独自のAIでエネルギー最適化・脱炭素に貢献する価値あるデータに加工したうえで提供するIoTデータプラットフォームを運営しています。


グループ企業はインフォメティスと連結子会社(Informetis Europe Ltd.)、関連会社(エナジーゲートウェイ)の3社で構成されています。


エネルギーデータを利活用し生活の質を向上させながら、エネルギーの効率的利用を目指す企業向けにエナジー・インフォマティクス事業を行います。


インフォメティス(5030)の業績
※有価証券届出書引用


収益モデルは、プラットフォームを利用する顧客企業数やプラットフォーム上で稼働する各種アプリのエンドユーザー数が増加するにつれて、年々売上収益が積みあがる構造となっています。


継続的な発生を見込むことが可能なリカーリング型の収益があり、「プラットフォーム・アプリ提供」がこれに該当します。


この他、プラットフォームやプラットフォーム上で稼働する各種アプリの利用開始時に、電力センサーの機器販売代金、プラットフォームの初期設定費用やプラットフォーム上で稼働する各種アプリの初期設定費用などの一時的な収益が発生します。


インフォメティスIPOのプラットフォーム登録者数の推移
※有価証券届出書引用


同社グループは、海外領域でも活動し英国に連結子会社(Informetis Europe Ltd.)を設け、欧州圏の現地企業や日本企業の現地法人などとの実証実験を行う等、欧州圏で本格的な事業展開を行う準備があるそうです。


脱炭素化を背景に英国を筆頭とした欧州圏に広がるガスボイラー(ガス給湯器)から電気給湯器への急速なシフトが直近最大の事業拡大機会となっているそうです。


インフォメティス(5030)IPOの販売実績と取引先
※有価証券届出書引用


電力市場はEV化やオール電化の波に乗り、ガスやガソリンなどの一次エネルギー市場を取り込みながら、2050年には最大40%程度の拡大が見込まれており、同社には追い風となる可能性があるようです。


市場で需要見込みはあると思いますが、先行投資が上手くいっているのか微妙なところだと思います。


インフォメティス(5030)の株主状況とロックアップについて調べました

会社設立は2013年4月08日、東京都港区芝五丁目5番1号に本社を構えます。社長は只野太郎氏(1968年5月15日生まれ)、株式保有率は1.14%(46,000株)です。


従業員数43人で臨時雇用者0人、平均年齢39.8歳、平均勤続年数3.7年、平均年間給与7,280,000円です。連結従業員数は52人で臨時雇用者は0人です。


セグメントはエナジー・インフォマティクス事業の単一セグメントになります。


氏名又は名称所有株式数(株)所有株式数割合(%)ロック
ジャフコSV4共有投資事業有限責任組合3,099,920株77.05%
ジャフコグループ株式会社269,400株6.70%
IEファスト&エクセレント投資事業有限責任組合89,300株2.22%×
株式会社日立製作所80,400株2.00%
日本郵政キャピタル株式会社71,420株1.78%×
ダイキン工業株式会社53,520株1.33%
只野 太郎46,000株1.14%
※株主上位7名の状況、△表示は新株予約権を表します


ジャフコSV4共有投資事業有限責任組合とジャフコ グループには90日間(2022年7月23日まで)のロックアップが付与されています。解除倍率設定はありません。


その他の上位株主には180日間(2022年10月21日まで)のロックアップが付与されています。こちらも解除倍率の記載はありません。


日立製作所やダイキン工業株、博報堂DYホールディングスや個人株主などが対象になっています。親引けはありません。


インフォメティス(5030)IPOの初値予想と幹事引受け株数をチェックしました

大手初値予想は仮条件発表後に掲載を予定しています。しばらくお待ちください。


最新業績予想の他、仮条件発表後のPERやPBRなども後日追記します。


幹事名割当株数引受割合
みずほ証券(主幹事)-株-%
SBI証券-株-%
楽天証券-株-%
東海東京証券-株-%
いちよし証券-株-%
岩井コスモ証券-株-%
東洋証券-株-%
松井証券-株-%
マネックス証券-株-%


また赤字グロース銘柄の登場です。2022年3月期の業績を調べると四半期利益が-1.47億円になる予想が出ています。


上場時も赤字予想になっていることで需給面で苦労しそうです。地合いが改善してもVC売出し案件のため人気はないと思います。


売上は伸びており、プラットフォームへの登録者も増えているため期待できる部分もありますが、IPOとしては厳しい印象を思っています。


当選を狙うのであればみずほ証券からでしょうか。キャンセル狙いでIPOに参加するには手間がかかりそうですね。新年度に入りPayPay証券でもIPOの取扱い期待でしょうか!




また、マネックス証券のマネックスカードについてしばらく前に調べてみました。やばいくらい人気みたいですね。


マネックス証券に口座開設している方は申込みができます。証券口座を先に開設しないと利用できません。詳しくは下記記事でまとめています。




類似企業のPERやPBRを調べました

類似企業とPERやPBRは仮条件発表後に記載したいと思います。


類似企業PER
PBR
PER-倍PBR-倍
PER-倍PBR-倍
PER-倍PBR-倍

ストックオプションの株数や発行価格を調べました

ストックオプション行使期間株式の数発行価格
2015年8月01日~2023年7月15日4,000株500円
2017年7月01日~2023年7月15日2,000株500円
2023年3月31日~2031年3月30日1,700株5,434円
2023年12月01日~2031年11月30日151,900株2,800円
2023年12月01日~2031年11月30日24,000株2,800円


ストックオプション(新株予約権)は6,000株が上場時に行使期限を迎えます。


代表取締役や役員、従業員などに対して新株予約権が与えられることになっています。


インフォメティス(5030)IPOの評価と申し込みスタンス!まとめ

インフォメティスのIPOは上場中止になる可能性があるかもしれません。


この手の銘柄は2022年に承認されても上場が出来ていません。同社の場合はどうでしょうか。


インフォメティス(5030)IPOの評価
※インフォメティス公式サイト引用


2014年から本格導入が開始された現行スマートメーターについて、2024年度から順次新メーターへの交換が始まる予定となっています。


この他、電力データは電力データ以外の技術との組み合わせによる新たなサービスの創出が期待されている分野です。


IT系の技術を持つ企業のため期待値は高いと思いますが、上場時承認時の実績がショボ過ぎます。


世の中には必要な企業かもしれませんがIPO時には人気が低い気がします。期待値だけで投資家も投資しないような環境ですからね。


最新のAI技術をエネルギーデータに応用する期待は世界で高まっていると思います。


ファンディーノさんの口座開設を行うと当サイト特典でAmazonギフト券1,000円分をプレゼントしています。対象者の全ての方が貰えます!!


未上場(非上場)株に投資ができるチャンスなのでよかったらご利用ください。詳し内容は下記記事でまとめています。


クラウドバンクを使った投資を6年間続けています

1万円から投資ができコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回りは6.80%で融資元本回収率は100%を維持しています!

クラウドバンク評判

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。