守谷輸送機工業(6226)のIPOが東証2部に新規上場承認されたのでご紹介したいと思います。ニッチ事業になりますが業績は好調のようです。しかしIPO的には人気があまり見込めないでしょう。


主幹事はSMBC日興証券が務め公開株数4,260,000株、オーバーアロットメント639,000株です。上場規模は想定発行価格770円から計算すると約37.7億円になります。


東証2部上場と考えると今の市場では厳しい印象を持ちます。


守谷輸送機工業(6226)IPOが上場承認
※守谷輸送機工業公式サイト引用


コロナ禍によりホームエレベーターを除いたエレベーターの新規設置台数が激減しています。ただ同社の業績は伸びているためシェアなどを考えると良さそうです。


今後はeコーマス関連の物流施設で需要が見込めるとの観測があります。船舶用エレベーターについては海運市況の改善などから新造船への需要が回復してきているそうです。


同社の経営は物流施設や工場等に対する建築需要の動向や、新造船需要の動向に左右される傾向があるため、需要ありきでしょう。


東アジア等を中心に積極的な海外展開を行い、グローバルに活動しているということで知名度は高そうです。


守谷輸送機工業(6226)IPOの上場基本データと引受幹事について調べました

項目上場基本データ
上場日3月17日
市場東証2部
業種機械
事業内容荷物用エレベーター等の製造、据付工事、販売及び保守・修理事業
ブックビルディング3月02日~3月08日
想定価格770円
仮条件730円~810円
公開価格810円
初値結果820円(公開価格1.01倍)
企業情報https://moriya-elevator.co.jp/
監査人EY新日本有限責任監査法人
手取金の使途
  • 工場の新設及び生産設備の更新・合理化投資等
  • DX及びシステム化投資
  • 本社部門の一部移転等
  • 人材採用に伴う人件費
  • 借入金の返済


項目株数データ
公募株数2,130,000株
売出株数2,130,000株
公開株数(合計)4,260,000株
オーバーアロットメント639,000株
上場時発行済み株数17,333,000株(公募分を含む)
想定ベースの時価総額約133.5億円
幹事団SMBC日興(主幹事)
東海東京証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
みずほ証券
マネックス証券
SBI証券
委託見込auカブコム証券


守谷輸送機工業(6226)の事業内容と上場に伴う評判を考察してみました

想定発行価格770円を基に吸収金額を算出すると約32.8億円となり、オーバーアロットメントを含めると約37.7億円規模の上場となります。


同社は非連結子会社1社(上海守谷電梯有限公司)の合計2社で構成されています。2008年6月に中国での資材調達及び船舶用エレベーターの保守等を目的に上海事務所が開設されています。


事業は国内と海外におけるエレベーター等の製造や販売、据付及び保守・修理事業を行います。


守谷輸送機工業(6226)の業績
※有価証券届出書引用


国内では主に荷物用及び船舶用エレベーターに係る事業活動を営んでいます。


2つの工場とテクニカルセンター、8つの支店・事務所及び保守・修理業務の委託先として48のサービス拠点を有して国内の全地域をカバーしています。


海外では上海守谷電梯有限公司が中国における資材調達窓口として、同社の購買代理業務を担っているそうです。


仕入コストの低減に重要な役割を果たし、中国における船舶用エレベーターの据付、保守業務等を展開しています。


守谷輸送機工業IPOの製造販売と保守
※有価証券届出書引用


主な製品やサービスは、荷物用エレベーターと船舶用エレベーターになります。


荷物用エレベーターは、かご床がフォークリフト等で長期間使用しても剥がれやたわみが少ない等の堅牢性、冷凍・冷蔵倉庫向けでの結露対策といった使用環境に応じた性能・機能の確保が求められるそうです。


同社では、積載荷重が2t以上の中大型エレベーターや荷物を連続して搬送できる垂直自動搬送機「マックリフター」、冷凍・冷蔵倉庫向けエレベーター、自動車用エレベーターなどの製品を展開しています。


この他、顧客と保守契約や点検契約を締結し、委託されたメンテナンス、修理及び建築基準法や労働安全衛生法で義務付けられた定期検査・定期点検業務を行っています。


守谷輸送機工業IPOの生産と販売実績
※有価証券届出書引用


船舶用エレベーターは、造船各社を受注先とし大型の外航船やフェリー等に設置される乗用エレベーターになります。


建物用と異なり、船の振動や衝撃にも耐えうる構造や防錆・防沫性能が求められます。


守谷輸送機工業ではシンドラーエレベータから船舶用エレベーターの技術を譲り受け、2003年8月に販売を開始しています。


現在では国内及びアジア市場において事業展開しています。2002年7月にシンドラーエレベーターから技術等を譲受しています。


守谷輸送機工業(6226)の株主状況とロックアップについて調べました

会社設立は1950年3月30日、神奈川県横浜市金沢区福浦一丁目14番地9に本社を構えます。社長は守谷貞夫氏(1940年12月16日生まれ)、株式保有率は19.05%(2,970,000株)です。


従業員数296人で臨時雇用者27人、平均年齢39.8歳、平均勤続年数8.1年、平均年間給与6,537,000円です。


セグメントはエレベーター事業の単一セグメントになります。


氏名又は名称所有株式数(株)所有株式数割合(%)ロック
株式会社M2W5,500,000株35.28%
守谷 貞夫2,970,000株19.05%
守谷 順子2,330,000株14.95%
濵 芽久実1,200,000株7.70%
戸塚 昌代1,150,000株7.38%
守谷 和香子1,150,000株7.38%
株式会社横浜銀行290,000株1.86%×
※株主上位7名の状況、△表示は新株予約権を表します


上位株主には180日間(2022年9月12日まで)のロックアップが付与されています。ロックアップ解除倍率の記載は目論見にありません。MTE従業員持株会もロックアップ対象です。


また、上場前の第三者割当等による割当者との間で継続所有等の確約を行っています。


親引けは426,000株を上限としてMTE従業員持株会が引受先となっています。


守谷輸送機工業(6226)IPOの初値予想と幹事引受け株数をチェックしました

大手初値予想は仮条件発表後に掲載を予定しています。しばらくお待ちください。最新業績予想の他、仮条件発表後のPERやPBRなども後日追記します。


仮条件範囲が730円~810円に決定し想定発行価格770円を挟むように設定されています。この地合いでも仮条件上限を引き上げてきた理由は実力と実績があるためだと考えられます。


設立から70年以上経過し代表者の血族とみられる大株主が多く存在するため、上場時のイメージはあまりよいとは言えません。上場後株主が入れ替わる期待も出てきそうです。血族のロックアップは180日間となっています。


大手初値予想750円~800円
修正値745円~810円

※注目度B


業績を確認すると2022年3月期の単独予想を確認することができました。売上140.82億円となり前期比4.18%増、経常利益19.69億円となり前期比14.94%増となります。


四半期利益は12.47億円となり15.04%増を予想しています。物流施設向けエレベーターの新規設置工事が順調に進んでいるそうです。


公開価格が810円決定の場合の指標はEPS81.57からPER9.93倍、BPS418.62からPBR1.93倍になります。配当金は出ると考えられますが現在未定となっています。


東証2部では上場規模が最大39.7億円となるため荷もたれ感が大きいと言えます。ただ実力ある企業と言うことでそれなりの需要が見込めるとされています。時価総額は最大140.4億円を見込みます。


結局は外部環境次第の値動き次第となりそうです。


幹事名割当株数引受割合
SMBC日興(主幹事)3,791,400株89.00%
東海東京証券127,800株3.00%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券127,800株3.00%
みずほ証券127,800株3.00%
マネックス証券42,600株1.00%
SBI証券42,600株1.00%


東証2部とは言え業績がしっかりしている企業の登場です。何か買われる材料があることを期待したいと思います。


当選を狙うのであれば主幹事のSMBC日興証券からの申込を中心に行っておきましょう。


その次に当選しやすいのはマネックス証券だと思います。今の地合いだと厳しい印象を受けますが地味に業績が伸びています。




TECROWD(テクラウド)(テクラウド)の利回りがなぜ高いのかセミナーを受講してきました。サッカーチームのスポンサーも行っている企業で2022年1月に香川真司選手がそのチームに入団しています。


不動産投資型のクラウドファンディンになり、セミナーの受講内容を下記記事でまとめてみました!!




類似企業のPERやPBRを調べました

類似企業とPERやPBRは仮条件発表後に記載したいと思います。


類似企業PER
PBR
フジテック(6406)PER20.03倍PBR1.91倍
ダイフク(6383)PER29.71倍PBR3.89倍
三菱電機(6503)PER14.02倍PBR1.06倍
※2022年3月03日の株価基準

ストックオプションの株数や発行価格を調べました

ストックオプション行使期間株式の数発行価格
2023年3月16日~2031年3月15日385,000株267円


上場時に行使期限に入るストックオプション(新株予約権)はありません。


発行済株式総数15,203,000株に対する新株予約権の割合は2.5%とかなり低いようです。


また、筆頭株主の株式会社M2Wは代表の守谷貞夫の親族及び親族の資産管理会社となっています。


守谷輸送機工業(6226)IPOの評価と申し込みスタンス!まとめ

守谷輸送機工業のIPOは地味な事業なので東証2部への上場が似合っていると思います。


ただ上場規模が大きめなので需給不安となる可能性があります。今の地合いだと10億円の買いが入るのか?と言われている状況なので約37.7億円の吸収は厳しいかもしれません。


守谷輸送機工業(6226)IPOの評価
※守谷輸送機工業公式サイト引用


2021年3月期の配当性向が6.6%なので配当はあまり魅力がないかもしれません。今期も配当は実施してくると思います。


取引先を確認すると大手企業との提携が多く安心感があります。


アフターコロナでエレベーター業界も需要が改善する可能性が高いと思いますが、業績よりも初値時の需給が単純に不安です。


DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進し、製品やサービス、又ビジネスモデルを変革し事業の持続的な拡大を狙うようですが、上場時はあまり人気がないと個人的に考えています。


東証2部のIPOは微妙な銘柄が多いですからね。


THEO+docomoだとETF投資が1万円からできます!その内容を下記記事でまとめてみたので興味があれば参考になると思います。


ドコモユーザー以外でもdポイントは利用できます。もちろん無料登録が可能なので私もdポイントを集めています。世界株式が下げているところで購入すればリターンを得られる可能性が高いと考えています!!


クラウドバンクを使った投資を6年間続けています

1万円から投資できコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回り5.8%で融資元本回収率は100%を維持、楽天ポイントも貰えます!

クラウドバンク

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。