大栄環境(9336)IPOの初値予想と幹事割当数などを自己評価したいと思います。ファーストインプレッションは不参加でも良さそうな銘柄だと判断しました。


配当金28円を予定し想定ベースの配当利回りは2.20%となります。プライム市場へ直接上場するため公開価格割れの可能性は低いようです。


大栄環境(9336)IPOの評価


項目株数データ
想定価格1,270円
仮条件11月28日
公開価格12月05日
公募株数3,500,000株
※国内募集1,750,000株、海外募集1,750,000株
売出株数28,600,000株
※国内売出15,584,000株、海外売出13,016,000株
公開株数(合計)32,100,000株
オーバーアロットメント4,815,000株
幹事団SMBC日興証券(主幹事)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
大和証券
SBI証券
野村證券
岡三証券
岩井コスモ証券
松井証券
楽天証券
委託見込auカブコム証券
CONNECT
岡三オンライン


同社は廃棄物処理大手になり廃棄物や汚染土壌の再資源化や処分等を行います。この他、廃棄物処理施設の運営も行います。


投資家にわかりやすい事業のため他社と比較して投資を行うだけの銘柄だと思います。直近の連結業績で売上は伸びていますが減収傾向にあるようです。


業績規模が大きいため機関投資家次第のIPOになると思いますが、あまり人気は見込めないと考えています。株価設定も妥当なところにあるため上場直後に上値を試す展開は想定しにくいと思います。


企業規模は異なりますが類似企業だとPER10倍~20倍あたりに位置し、どちらかと言えば15倍以下になる銘柄が多いようです。アミタホールディングス(2195)だと株価1,021円でPER30.39倍と高い位置にあります。


グループ企業が三菱UFJ銀行と東京海上日動火災保険との業務提携契約を行った材料で一時的に株価が飛んでいるようです。


同社は大型の上場になり成熟しているため基本的に初値が飛ぶようなことはないでしょう。海外販売が公開株式の40%程度となっていますがそれほどインパクトがある状況ではないようです。


1単元数千円の利益が得られれば公募組は成功のイメージでしょう。割れる可能性は低いかもしれませが盛り上がらずに終了するパータンが予想されてます。


想定発行価格1,270円から算出される吸収金額は約468.8億円、時価総額は1,207.5億円です。


大栄環境(9336)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。非常に参考になる数値なので、投資家のブックビルディングスタンスにも影響を与えると考えています。


最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想1,250円~1,350円
※注目度B


上限の1,350円になれば1単元あたり8,000円の利益です。10枚手に入れられれば80,000円です!


以前であれば、プライム市場(東証1部)に直接上場するIPOは複数単元当選で利益を獲得していましたが、今は状況が異なると思います。


しかも、上場日の12月14日はスカイマーク(9204)と同日上場です。こちらも約367.5億円の吸収と大型のため資金分散は避けられないと思います。


不安であればIPOに参加せずスルーすることが賢明だと思います。同社の事業内容や上場承認時のデータは下記記事でまとめています。

大栄環境の上場データと初値予想を考察


大栄環境(9336)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事はSMBC日興証券が単独で引受けます。


直近でSMBC日興証券が主幹事を引受けるIPOが多くなっているため、証券口座を開設していない方は準備しておきましょう。


幹事名割当株数引受割合
SMBC日興証券(主幹事)13,867,300株80.00%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券1,040,000株6.00%
大和証券953,300株5.50%
SBI証券433,3002.50%
野村證券346,700株2.00%
岡三証券346,700株2.00%
岩井コスモ証券173,300株1.00%
松井証券86,700株0.50%
楽天証券86,700株0.50%


あまり魅力がある銘柄ではありませんが、IPOには当選しやすいと思います。


仮条件次第だと思いますが大幅に株価が引き下げられるようであれば不参加でいいと思います。某社もスルーで良いのでは?と言ったスタンスのようです。


業績は安定していると考えられますが、業績ありきの銘柄で面白みがありません。配当利回りが高ければ買い材料になりますが利回りが低すぎます。


とりあえず様子見、もしくは不参加決定でも良いと考えています。IPOに当選してもパフォーマンスが悪そうです。


お得情報!ストリームに口座開設を行うと5,000円分の株式が貰えます。スマートフォンに特化した企業で株式売買手数料がなんと完全無料になっています。


株ロトキャンペーンが行われているため下記記事でその内容をまとめました。よかったら参考にしてください。




大栄環境(9336)IPOの業績予想と抽選参加スタンスまとめ

最新の業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。


人気化することはなさそうですが中期的に利益面の心配はなさそうです。ただ類似企業との差別化となる設備などはチェックしておきましょう。


大栄環境(9336)IPOの業績予想
※大栄環境公式サイト引用


業績を確認すると2023年3月期の連結予想を確認することができました。それによれば売上673.37億円となり前期649.92億円から3.61%増、経常利益130.61億円となり前期133.04億円から1.83%減となります。


四半期利益は84.45億円となり前期88.70億円から4.79%減の予想が出ています。


想定発行価格1,270円を基に指標を計算すると、EPS91.19からPER13.93倍、BPS728.86からPBR1.74倍になります。配当は28円なので配当利回り2.20%です。


上場による手取金の使途は「設備投資資金」となっているため業績拡大の可能性はありますが、初値にはあまり関係がないと思います。


同社の場合は成熟業態のため将来を見越した資金が入りにくそうです!


COZUCHIの口座開設でAmazonギフト券1,000円分をプレゼントしています。限定タイアップ特典になり、公式サイトに表記がないため下記記事を参考にして頂ければと思います。


1ヶ月で終了する可能性もあるため興味があれば急いだほうがよさそうです。こちらも詳しく記事でまとめています。


クラウドバンクを使った投資を6年間続けています

1万円から投資できコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回り5.8%で融資元本回収率は100%を維持、楽天ポイントも貰えます!

クラウドバンク

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。