アイ・パートナーズフィナンシャル(7345)IPOの初値予想と幹事割当数などを今回も自己評価したいと思います。上場前の抽選参加スタンスや業績予想などについても調べています。


既に話題となっていますが、SBI証券のIPOチャレンジポイントのボーダーラインが気になります。


ただしベビーカレンダー(7363)のボーダーラインが650ポイントだったためそれ以上のポイントが必要になりそうです!


アイ・パートナーズフィナンシャル(7345)IPOの上場評価


項目株数データ
想定価格2,850円
仮条件3月19日
公開価格3月30日
公募株数100,000株
売出株数0株
公開株数(合計)100,000株
オーバーアロットメント15,000株
幹事団SBI証券(主幹事)
楽天証券
エース証券
あかつき証券
みずほ証券
マネックス証券
藍澤證券
岩井コスモ証券
エイチ・エス証券
東洋証券
水戸証券
むさし証券
委託見込SBIネオトレード証券
DMM.com証券


同社の業種が「その他金融業」となっており、比較対象になる企業は「証券会社」となります。証券会社のIPOは公開価格割れはないと言えますが、極端に人気とは言えません。


ただ今回は極小規模での上場であり初値が高くなると予想されます。


同社が手掛けるIFAとは独立(中立)的な立場から資産運用のアドバイスを行う専門家になります。コロナ禍でも必要とされ需要が伸びているようです。一般投資家には関係が殆どありませんが、富裕層には大事な相談役と言えそうです。


証券会社の何処にも属さないとされているため中立的な立場を前面に出しているようです。取引先では2020年3月期発表の数値で楽天証券が55.9%の売上を占めています。続く企業がSBI証券となっています。


本来なら楽天証券が主幹事を務めても良さそうなものですが、東京証券取引所で公開されている「主幹事候補証券会社一覧」に楽天証券の名前がないためSBI証券が引受けていると考えられます。


SMBC日興証券との取引も以前は行われていたようですが、現在は終了しているため幹事入りしていないとの観測があります。実際はどうなのかわかりませんが大人の事情でしょうか。


 

アイ・パートナーズフィナンシャル(7345)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。非常に参考になる数値なので、投資家のブックビルディングスタンスにも影響を与えると考えています。


IPO初値予想


最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想10,000円以上
※注目度A


かなりざっくりした予想値が出ているようです。新年度に入り予算を多く持つ機関投資家の参戦期待はあるのか?個人投資家主体で売買が行われるのか?いろいろ思惑がありそうです。


先に上場する銘柄のセカンダリーが賑わいを見せなければ高い初値が期待できないだけに予想も難しいのかもしれません。


一応、成長力があり期待できると言ったコメントも各社で見られるようです。想定ベースの吸収額は約3.3億円で上場規模は22.5億円です。


もっと詳しく知りたい
アイ・パートナーズフィナンシャルの詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。仮条件発表後には追記する形で最新の初値予想も記載しています。
【上場】アイ・パートナーズフィナンシャル(7345)IPOの初値予想は100万円抜き!?

Twitterでも情報発信しているのでよかったら参考にしてください。Twitterは投資材料の宝庫なので上手に使いましょう。


よろしければフォローしていただく事で情報共有ができるようになります。最終初値予想の記事を書けない時は予想値をツイートしています!!


アイ・パートナーズフィナンシャル(7345)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事はSBI証券が単独で引受けます。


幹事名割当株数引受割合
SBI証券(主幹事)85,000株85.00%
楽天証券5,000株5.00%
エース証券1,000株1.00%
あかつき証券1,000株1.00%
みずほ証券1,000株1.00%
マネックス証券1,000株1.00%
藍澤證券1,000株1.00%
岩井コスモ証券1,000株1.00%
エイチ・エス証券1,000株1.00%
東洋証券1,000株1.00%
水戸証券1,000株1.00%
むさし証券1,000株1.00%


主幹事のSBI証券からしか当選するとは思えないような割当株数となっています。主幹事引受けも少ないため超激戦になります。


IPOチャレンジポイントがなくても当選できるため、ダメもとで抽選に参加しておきましょうIPOルールは下記記事でまとめています!




また、SBIネオトレード証券でもIPO取扱いがある事が発表されています。株数が少ないため当選確率は低くいと思いますが、前受け金不要でIPO抽選に参加できるため申込だけには参加しておきましょう。


事前入金を行わなくても当選できます!


立て続けに取扱いを発表しているため口座だけは持っておいて損はありません。タイアップ中なので期間限定で2,000円を頂くことができます。よかったらご利用ください。




アイ・パートナーズフィナンシャル(7345)IPOの業績予想と抽選参加スタンス

アイ・パートナーズフィナンシャルの最新業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。


考えなくても全力参加となりますが、入金してまで参加しなくてもよいと思います。株数が少なく平幹事では当選が厳しい状況ですからね。


アイ・パートナーズフィナンシャル(7345)IPOの業績予想


業績を確認すると2021年3月期の業績予想を確認することができました。売上は37.52億円となり前期24.67億円から52.1%増になります。経常利益は1.91億円となり前期700万円から2480.5%増になります。


四半期利益は1.24億円となり前期が0.0円となっています。急成長していることは間違いなさそうです。前期は配当が5円出ているようですが、今期は未定となっています。


EPS180.47からPERは15.79倍、BPS674.61からPBRは4.22倍になります。指標的には上値がありそうな水準です。


どうやら上場企業の中では初物扱いになるようなので初値高騰となりそうです。上場規模が小さいことで初値3倍あたりは視野に入りそうです。それ以上はその時の地合いだと思います。


当選する事はないと思いますが、アイ・パートナーズフィナンシャルIPOに当選できたら上場日までウハウハでしょうね。


SBIネオモバイル証券でもIPOに抽選参加できます!口座開設を行っている方は申込みを行っておきましょう。


アイ・パートナーズフィナンシャルも取扱いとなるはずです。Sharing Innovations(4178)とベビーカレンダー(7363)はブックビルディングが始まっています。


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!