ロードスターキャピタル(3482)初値予想とIPO分析記事になります。

中規模オフィスビルをターゲットとした不動産企業ですが、今回の上場は「クラウドファンディング」への信頼度を高めるために是非頑張ってほしい案件です。業績も好調に推移し波に乗っているため初値期待も膨らみます。


ロードスターキャピタル(3482)初値予想とIPO分析


業種:不動産業
市場:東証マザーズ
公開予定:09/28
BB期間:09/11~09/15


100株単位
公募株数 740,000株
売出株数 360,000株
合計株数 1,100,000株(11000枚)     ←個人的に狙います!!
※オーバーアロットメントによる売出し165,000株


想定価格 1,820円 ⇒ 18.2万円必要!
仮条件  1,640円~1,820円に決定しました
公開価格 09/19に決定予定です


【幹事団】
みずほ証券
SMBC日興証券
SBI証券        ←SBI証券でIPOをはじめる3つのポイント
マネックス証券      ←完全抽選で狙い目
松井証券
岡三証券      岡三オンライン証券取扱決定!
岩井コスモ証券     ←後期型IPOで申込忘れ頻発!
エース証券
丸三証券


ロードスターキャピタルIPO幹事配分と類似企業を考察


仮条件上限1,820円を基に吸収金額を算出すると約20億円、オーバーアロットメントを含めると約23億円となります。


ロードスターキャピタルIPOフィスコ
↑クリックで拡大します     ⇒ ウェルスナビのETF取引が熱い(取引画像あり)


ロードスターキャピタル(3482)IPO販売実績と取引先
↑クリックで拡大します      ⇒ シストレ24タイアップ特典で15,000円です 


東京23区内の数億円から30億円程度の中規模オフィスビルをターゲットとし、テナント不在で稼働率が低い物件や管理が適切に行われていない物件、借地権付建物や区分所有権者・共有者が多数のため権利関係が複雑な物件などが投資対象となります。


取得した物件は価値を高めるための改修工事、適切なテナント誘致をする事で稼働率の上昇や管理費用のコスト低減を行い付加価値を高め、最適な時期に売却を行うことで利益を得ています。


上記の他に、OwnersBook(オーナーズブック)という不動産特化型のクラウドファンディングサービスを提供しています。
仕組みは、貸付先から手数料を受領する他、返済や利息の支払を受け、投資家に対しては元本の返還と利息の配当を行う仕組みです。
※不動産取得に際した、お金を「借りたい人」と「貸したい人」を仲介するイメージです





ロードスターキャピタル初値予想2600円



【幹事配分株数】
みずほ証券 990,000株
SMBC日興証券 33,000株
SBI証券 22,000株       ←SBI証券でIPOをはじめる3つのポイント
マネックス証券 11,000株      ←完全抽選で狙い目
松井証券 11,000株
岡三証券 11,000株
岩井コスモ証券 11,000株     ←後期型IPOで申込忘れ頻発!
エース証券 5,500株
丸三証券 5,500株
※岡三オンライン証券取扱決定!


【業績等の概要】 2016年1月1日~2016年12月31日
売上高4,659百万円(前連結会計年度比55.7%増)
営業利益750百万円(同2.9%増)
経常利益703百万円(同2.1%増)
親会社株主に帰属する当期純利益468百万円(同6.0%増)

第6期第2四半期連結累計期間(2017年1月1日~2017年6月30日)
売上高3,306百万円
営業利益795百万円
経常利益702百万円
親会社株主に帰属する四半期純利益464百万円



【類似企業】
いちご(2337)PER13.32倍 PBR2.24倍
ビーロット(3452)PER13.32倍 PBR3.26倍
ケネディクス(4321)PER12.92倍 PBR1.48倍


ロードスターキャピタルIPOのロックアップとストックオプション


ロックアップ期間は90日間、ロックアップ解除倍率は1.5倍になります。
ベンチャーキャピタル出資は無く株主構成も会社関係が多くなっています。株主名簿には、カカクコムが54,000株(保有率1.2%)保有とあります。
ストックオプション総数は254,000株存在し、行使期限を迎えているのは165,000株(発行価格625.58円)になります。
株主優待はありませんが、株主配当金が21円予定されています(配当利回り1.15%)
 ロードスターキャピタル(3482)IPO新規上場承認記事へ


EPS162.39を基にPERを算出すると約11.2倍、BPS820.58を基にPBRを算出すると約2.22倍となります。
上場時発行済み株式総数4,984,000株を基に時価総額を算出すると約90.7億円です。
2017年12月期の業績予想は売上42%増、経常利益59.6%増の見込みとなります。


    


クラウドファンディング事業収益は2016年度売上から0.2%程度と推測されるために、事業としては成り立っていない気がします。
しかし、オーナーズブック(OwnersBook)を運営しているため同業種からの注目度はかなりあるのではないか?と思っています。
また上場による資金使途には、オーナーズブック知名度向上のため2年にわたり広告費が4,000万円づつ(合計8,000万円)計上されています。


不動産会社と考えれば上場に際した初値期待は低いかもしれませんが、今回は「クラウドファンディングサービス」を手掛けているという事に期待したいと思います。その他にも、AIを利用したオフィス価値算定プログラムの提供も行っています 


ロードスターキャピタル(3482)IPO取扱い決定!! 入金だけで5,000円貰える
岡三オンライン証券
岡三オンラインIPO当選の秘訣   

※岡三オンライン証券タイアップ詳細とIPO抽選詳細

----------------------------------------------------------------------–

【少しレアなIPO口座】
① 立花証券のIPOは1口座1抽選の完全平等抽選なのだ
② 楽天証券のIPOは委託幹事が狙い目かもよ?
③ むさし証券でもIPOの取り扱いは1口座1抽選の平等抽選なんです