オプティム(3694)初値予想と考察記事になります。
ここは事前人気もよさそうですし、1枚40万のネガサ株なので2倍でも40万円
の利益となりぜひ欲しい銘柄ですね。当選すればの話ですが


オプティム(3694)初値予想を考える


業種:情報・通信業
市場:東証マザーズ
公開予定:10/22
BB期間:10/06~10/10


【事業内容】
当社は、「ネットを空気に変える」というコンセプトを掲げ、もはや生活インフラとなったインターネットが、いまだに利用にあたりITリテラシー(※1)を必要とする現状を変え、インターネットそのものを空気のように、全く意識することなく使いこなせる存在に変えていくことをミッションとして、創業以来すべての人々が等しくインターネットのもたらす、創造性・便利さを享受できるようサポートするプロダクトの開発に尽力しております。
当社の属する情報通信市場は、様々な端末の普及とともにサービスの多様化や高度化が急速に進んだ動きが世界的な潮流となっております。このような市場環境の中、当社はスマートフォン、タブレット、PCなど様々なネット端末に対応したマネジメントサービス(管理、運用サービス)、ITサポートサービスの提供を中心に事業を展開しております。

まとめると⇒ デバイスマネジメント等のソフトウェアの提供を通じたライセンスサービス事業



【資金使途】
手取概算額890,507千円及び「1 新規発行株式」の(注)5に記載の第三者割当増資の手取概算額上限134,718千円については、企業向けサポート技術やリモートサポート技術の高度化のための研究開発費として950,225千円(平成27年3月期:50,000千円、平成28年3月期:425,000千円、平成29年3月期:475,225千円)、グローバル展開に係る人材の採用費及び人件費として75,000千円(平成28年3月期:27,000千円、平成29年3月期:48,000千円)を充当する予定であります。なお、上記調達資金については、具体的な支出が発生するまでは安全性の高い金融商品等で運用する方針であります。



100株単位
公募株数 229,900株
売出株数 0株
合計株数 229,900株(2299枚)
※オーバーアロットメントによる売出34,400株  


想定価格 3930円 ⇒ 39.3万円必要!
仮条件  3700円~4000円決定


【幹事団】
大和証券(主幹事)
SBI証券(副幹事)
SMBC日興証券
みずほ証券
岩井コスモ証券
マネックス証券
岡三証券
丸三証券


想定価格よりも70円引き上げられて仮条件上限が設定されています。
元々のPERが割安ではないためにこのように設定されたのかもしれませんが、
FFRIの爆走によりオプティムにも資金が入ってきそうな気がしています。
仮条件上限の4000円で吸収金額を算出すると約10.6億円となります。


オプティム初値予想と売上業績  
↑クリックで拡大します


ある意味セキュリティーも扱うのでFFRIの連想買いも期待が出来ると思っています。
法人向けににウイルス対策を提供しているんですよね。
業績は好調で15年3月期の経常利益は前期比2.6倍だそうです(売上は18.3%増)
セレスIPOが同日上場となっていますが、オプティム方が人気があると思います。


スマホやタブレット端末が爆発的に増加した社会で、インターネット接続はあたりまえに
なり、高速インターネットも常識化しています。同社はクラウドデバイスマネジメントサービス
において2年連続国内SaaS型MDM市場シェアNO.1を獲得しています。
Wi-Fiのアクセスポイントによってセキュリィティーレベル・運用管理を行える
「Zone Management」テクノロジーに代表される独自技術開発、新しいOS・端末への即時
対応、タブレット、スマートフォン、パソコン以外のデバイスへの対応も積極的に製品開発を
行っています。
リモートマネジメントサービスでは、ユーザーサポート支援ツール「Optimal Remote」を提供し
遠隔操作や遠隔メンテなど柔軟性ある対応が可能だそうです。


IPO的には目論見書を読んでも、あまり理解が出来ない事が実はよかったりします。
なぜか得体が知れない企業は賑わいますからね~
今回はしっかり読めば解るんですけどね 



オプティム初値予想8400円



【トレーダーズ・ウェブ】
2014年3月期の売上高構成比は、クラウドデバイスマネジメントサービス40.3%、リモートマネジメントサービス17.1%、サポートサービス38.2%、その他サービス4.4%。主な販売先はNTT東日本27.8%、KDDI20.4%、NTT西日本15.0%。


【幹事配分】
大和証券 207,600株
SBI証券 6,800株
SMBC日興証券4,500株
みずほ証券  2,200株
岩井コスモ証券2,200株
マネックス証券2,200株
岡三証券 2,200株
丸三証券 2,200株


【業績等の概要】
売上高1,709,896千円(前年同期比19.2%増)
営業利益111,859千円(同17.1%増)
経常利益113,148千円(同15.1%増)
当期純利益50,089千円(同14.3%増)


【類似企業】
インターネットイニシアティブ(3774)PER20.51倍
エンカレッジ・テクノロジ(3682)PER25.46倍
インフォテリア(3853)70.89倍


ロックアップは90日間で1.5倍解除なので6000円です。
EPS121.44を基にPERを算出すると約32.9倍となります。
配当は出ません。
株主構成からみてベンチャーキャピタルはいませんので需給はよさそうです。
ただしストックオプションウェイトがかなりあるので出来高を確認する必要が
ありそうです(公開株数とほぼ同じ程度)
 オプティム(3694)IPOが新規上場承認記事はこちら

 

直近IPOではまとまった利益が期待できそうですし、公開株数が少ないので
当たればウハウハ間違いなしだと思われます。
私は当選したら、キッチンの水屋を今風のシステムに変えたいと思います。
妻がうるさくてね。

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!