ニーズウェル(3992)初値予想とIPO分析記事になります。

独立系情報サービスを行っている企業になり、業績も好調に推移しています。鉄板IPOと思われるためぜひ当選したいところです 


ニーズウェル(3992)初値予想とIPO分析記事


業種:情報・通信業
市場:ジャスダックスタンダード(JQS)
公開予定:09/20
BB期間:08/30~09/05


100株単位
公募株数 200,000株
売出株数 150,000株
合計株数 350,000株(3500枚)   ←運が良ければ当選できるか?


想定価格 1,590円 ⇒ 15.9万円必要
仮条件  1,590円~1,670円に決定しました!
公開価格 09/06に決定予定です


【幹事団】
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券   カブドットコム証券
SMBC日興証券     ←IPO当選を多く頂いている企業です 
エース証券
SBI証券        ←IPOチャレンジポイントを貯めると当選可能
マネックス証券   ←完全平等抽選だから人気なんです


ニーズウェルIPO幹事配分と類似企業を考察


仮条件上限は想定価格から80円引き上げられ1,670円となりました。
1,670円を基に吸収金額を算出すると約5.8億円、オーバーアロットメントを含めると約6.7億円となります。
吸収金額も少なく需給は良好でしょう!


ニーズウェル初値予想は2.3倍超え
↑クリックで拡大します        ⇒ ライブスター証券がIPO取扱い開始


ニーズウェルIPO販売実績と取引先
↑クリックで拡大します        ⇒ 最新四季報が立花証券だと見れる 


業務系システム開発を主力とし、顧客の基幹業務に関わるシステム開発(金融、通信、流通、サービス等)を行っています。
新規のシステム導入にとどまらず、導入後、顧客企業先に常駐して保守を行いながら、顧客の新商品発売等へのシステム対応から各種機能の追加・拡張、操作性の向上等、当該システムやその周辺領域に関して生じる大小さまざまな派生的なシステム開発を継続的に行う事ができるそうです。


基盤構築は、ITシステムの基盤となるサーバ等ハードウェアの環境設計、構築、導入を実施するとともに、ネットワーク環境における通信機器の設定を行います。その他にもIoT関係や映像機器、医療機器、車載機器等に組み込まれるアプリケーション等の開発なども行っています。


事業領域や顧客幅が広いため、顧客がシステムを一度導入すると継続して収益が発生する仕組みだと思われます。増収増益が続いていますが、上場によりさらに新規顧客が増える事でしょう。




ニーズウェル初値予想4,100円



【幹事配分株数】
みずほ証券 304,500株
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 14,000株
SMBC日興証券 14,000株     ←IPO当選を多く頂いている企業です 
エース証券 7,000株
SBI証券 7,000株        ←IPOチャレンジポイントを貯めると当選可能
マネックス証券 3,500株    ←完全平等抽選だから人気なんです

※カブドットコム証券委託取り扱いあり


【業績等の概要】 平成27年10月01日~平成28年9月30日
売上高4,586,752千円(前年同期比15.1%増)
営業利益408,923千円(前年同期比15.2%増)
経常利益405,373千円(前年同期比15.7%増)
当期純利益256,999千円(前年同期比21.6%増)

第31期第3四半期累計期間(平成28年10月01日~平成29年6月30日)
売上高3,801,475千円
営業利益387,489千円
経常利益382,178千円
四半期純利益は248,381千円



【類似企業】
デジタル・インフォメーション・テクノロジー(3916)PER31.9倍 PBR6.51倍
SYSホールディングス(3988)PER27.25倍 PBR3.8倍
クレスコ(4674)PER22.71倍 3.45倍
KSK(9687)PER12.43倍 PBR0.91倍


ニーズウェルIPOのロックアップとストックオプション


ロックアップ期間は90日間で、ロックアップ解除倍率1.5倍以上となります。
ベンチャーキャピタル出資はありません。
ストックオプション総数は144,600株存在し、全て行使期限に突入しています。
発行価格は全て341円、行使期限は平成29年6月04日~平成37年6月03日までとなります。
株主優待はありませんが、株主配当金は50円出るようです。配当利回りは約2.99%になり高い水準となります。
 ニーズウェル(3992)IPO新規上場承認記事へ


EPS157.51を基にPERを算出すると約10.6倍です(BPS予想未定)
上場時発行済み株式総数1,949,000株を基に時価総額を算出すると約32.5億円です。
2017年09月期の業績予想は売上10.1%増、経常利益4.7%増の見込みとなります。


    


上場に際し、心配するようなところがないIPOだと思われます。
しかもジャスダック上場なのでマザーズよりも確実性があるように思います(配当も出る)
みずほ証券主幹事で株数が少ないため当選期待は低いと思いますが、誰かに毎回当選しています。3銘柄連続当選を頂いていた頃の運気は何処に行ったのだろうか・・・・なんて 


ニーズウェル(3992)IPO幹事です!! 私はネット口座だけで当選しています
SMBC日興証券公式へ


※SMBC日興証券のIPO概要はこちらの記事へ

-------------------------------------------------------

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2017年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】
③ 入金不要でIPOに参加できる貴重な企業です 【岡三オンライン証券】