ライブスター証券がIPO取扱いを開始する事を発表しました。なんと前受金不要でIPOに申込めて、取扱いのすべてを抽選に回す完全平等抽選を採用しています。しかも取扱数は増加傾向にあり初値期待が出来そうな公開株数が少ない銘柄の取扱いも多くなっています。


いわゆるバラマキ銘柄だけの取扱いではないため、とりあえず申し込みをしておくとよいでしょう。さらに幹事引受企業として注目されているため口座は必須となりそうです。



※タイアップ特典が付きました


    【ライブスター証券のIPO抽選ルール】

  • 1口座1抽選の完全平等抽選(機械的な完全ランダム抽選)
  • 配分予定数の100%を抽選に回す魅力的な証券会社
  • 申込単位上限設定はあるが、配分は最低単元配分になる可能性が高い
  • IPO当選後の購入手数料が無料
  • 申込から抽選の段階では資金不要(前受金が不要)
  • 資金は当選後の購入意思決定までに用意すればOK
  • 抽選後は管理画面にログインをすると当選(補欠当選)の場合に表示がある
  • IPO当選の場合は電子メールでお知らせするサービスがある
  • IPO落選時には電子メールのお知らせは無い
  • 補欠当選があるので繰り上げ期待もできる



ライブスター証券のIPOは引受ける株をすべて抽選に回す事が発表されています。さらに前受金が不要なのでIPOに当選した場合のみ資金を入金すれば良いです。かなり手厚いIPO環境なのでIPO取扱拡大に期待がかかりますね!


DSCN2214.jpg
※実際に口座開設してみました


ライブスター証券は業界の中でも特に取引手数料が安いので人気となっています。キャンペーンも随時行われているので、株式初心者には味方となるでしょう。IPO申込タイミングは通常のブックビルディング期間の申込となっており使い勝手もよいです。


また、多くの方にIPOが配分されるように、当選数量は最低単元株数となり基本的に他のネット証券と大差はありません。IPO口座はかなり少ないと思われるため、早めに口座を開設する事でIPO当選のチャンスが生まれるでしょう。取扱い銘柄は、幹事や委託幹事の申し込みが出来るため抽選に参加する機会はあります。


「livestar R」というダウンロード版のトレードツールも無料で使えて人気です。機会があれば使ってみましょう。


ライブスター証券のIPO申込みで気を付けること!

ライブスター証券のIPO申し込みは、お問合せフォームからIPOの申込みをしなければいけなませんでしたが、幹事引受企業となったため申し込み方法が変更になっています。下記に追記しているので参考にしてください。


ライブスター証券IPO申込み手順


株式ログイン画面からログインをすると上記画面が出るので、赤枠のお問合せからIPOを申し込みます。お問合せをクリックすると、問合せフォームが出てくるため下記画像のように入力をします。下記画像のは自動的に入力されているため、からIPO応募申し込みを選択します。


そして、は応募したい銘柄名を入力します。その後、確認しメールの送信をするだけでIPOの申し込みが完了します。


IPO申込フォームライブスター証券


※幹事引受に伴い、申込方法が簡単になりました。下記の記事に要点をまとめているためよかったら参考にしてください。申込方法の変更が行われています。幹事引受に意欲的なので期待しています。



ライブスター証券のIPO抽選申し込み方法が変更された記事へ


ライブスター証券のIPO抽選結果はどうやって確認するのか?

ライブスター証券のIPO抽選結果は「メール」で届きます。IPOに当選、もしくは補欠当選の方にメールが届きます。落選の場合にはメールが届きません。さらにログイン後の管理画面上へ掲載されます。


ライブスター証券IPO申込から当選確定まで


IPO専用のログインページがあるためそこで申し込み銘柄の確認ができるため、申し込み確認をされたい方はチェックすることもできます。他社のシステムを大きな違いはありません。また、購入申し込み最終日までに購入をしないと当選分はキャンセル扱いとなるため気を付けましょう。


当選メールが届いた後は手順に沿って、目論見書の確認(電子交付)をし、必要な購入代金を用意します。気を付けなければいけないのは、当選メールを受け取っても「購入申し込み」をメールで行わなければならない事です。流石に当選した後に、購入申し込み忘れをする人はいないと思うでしょ?


実は私は購入申し込みを忘れていたことがあるんですよね。そんなことにならないように皆さんも気を付けてください。IPO取扱数は予想よりも多く参加の機会はそこそこあります!しばらく前にメルカリが当選していましたが、購入申し込みを忘れて20万円の利益を飛ばしたのは私です。アホですね。

ライブスター証券の立会外分売は凄いかも?

同社ではIPOの他に立会外分売にも力を入れています。立会外分売で短期利益を出す方法は、配分があった後に速攻で売却する方法があります。IPOと同じで購入手数料は無料なので、利益が出ていることを確認しながら売却することも可能です。


利益が出る仕組みは、大株主などが株を市場で売却せずに市場外で売却したいと考えた時に、通常よりも割引して販売されるため前日終値よりも数パーセント株を安く買えます。市場が安定していれば利益を高確率で手にできる方法です。


ライブスター証券の立会外分売


立場以外分売にも儲かるコツが存在しているため慣れが多少必要になります。規模やディスカウント率、個別銘柄の人気具合などが関係してきます。ただし、1年間のトータルで計算すると勝率が高く配分後に即売しても利益が出る可能性は高いと思います。


中には即売で数万円獲得できる銘柄も存在しているためIPOと同じように人気が高い投資方法です。配分は抽選になるため「運」は必要です。運以外では口座数を増やせば配分の可能性が高くなります。家族で抽選に参加している方もいるようなので、どこまで本気で取り組むかだと思います。


IPOのように簡単に利益を稼ぐことは難しいですが、銘柄を精査する力を身に着ければ勝率は劇的に高くなります。


【ライブスター証券公式サイト抜粋】

「立会外分売」とは、通常の株式の売買とは別に、金融商品取引所での立会時間外(通常取引の時間帯以外の時間)に行われる現物株取引の一種です。主に、新規に個人株主を増加させることを目的として、上場会社が、大株主である銀行や経営者などの持ち株を、不特定多数の投資家に小口に分けて、売却する(分売)ものです。まとまった株数の売り注文が一度に大量に出ることとなるため、市場を通さずに、あらかじめ決められた価格で売注文が出されます。

株式を一度に売り出すことによる株価の値下がりを防ぎながら、上場会社にとって個人株主の増大と株式の流動性を高める目的として、多数の銘柄で幅広く利用されております。もちろん投資家にとってもメリットがあり、通常この立会外分売では買付手数料が不要である上、分売価格は前日終値よりも低く決定されるのが通例となっています。



IPO投資が暇な時期だけ立会外分売で稼ぐ投資家もいるほど最近ではメージャーな投資になっています。私は中途半端に参加していますが、年に数万円の利益を確保できているため、続けることができればそれなりのリターンはあると思います。


投資は勉強の連続ですが、相性の良い投資は続けることをお勧めします。株主優待のクロス取引だって1年間通せば私でもリターンが数十万円になります。資金は必要になりますが、ローリスク投資は面倒でも取り組めばリターン発生期待は高いと思います。


立会外分売は忙しい投資なので時間的余裕がなければスルーでもよいと思います。配分があった後にスマートフォンを使って仕事前に売却する方もいるそうです。私は時間的余裕がある場合にしか参戦していません!

ライブスター証券の株式売買手数料が安いって知ってる?

ネット証券の中でも同社は特に株式売買手数料が低く設定されています。特に30万円~100万円あたりの手数料に個人的な関心があります。知識がある方は、信用取引を使って手数料を安く抑えたりしていると思いますが、初心者にはハードルがやや高いと考えられます。


ライブスター証券現物取引手数料
※現物取引手数料


ざっくり書いておくと、信用取引手数料のほうが現物取引手数料よりも安く設定されていることが殆どです。これは他の証券会社でも同様のことが言えます。よって現物手数料を支払うよりも、信用買いを行った後に「現引き」すれば手数料を安く抑えることができます。


投資初心者の方には難しいと思いますが、手数料を安くしながら現物株を手に入れることができる方法があります。


ライブスター証券信用取引手数料
※信用取引手数料


公式サイトを見て頂くとわかりますが、手数料がずば抜けて安いことに特徴があります。某証券と比較すると年間数十万円も安くなることが公式サイトで表記されているため参考になると思います。

ライブスター証券のスマートフォン専用アプリが人気!

同社のスマートフォンアプリが人気となっています。名称は「livestar S2」と言い、AndroidやiPhoneに対応しています。もちろん無料で使うことができ、カスタマイズや板画面から発注することも可能です。


スマートフォンの専用アプリlivestar


リアルタイムの株価チェックや入出金処理、注文はもちろんのことスマートフォン1台で様々な機能に対応しています。この他、スマートフォン機能を活かしたテクニカルチャートや各種ランキング機能など分析に役立つ機能も備わっています。


またパソコンだと「livestar R2」と言うシステムを無料で使うこともできます。デフォルト画面は少し寂しいためこのシステムを使っている方は多いようです。


ライブスター証券パソコン用無料ツール


    【ライブスター証券のPC用無料ツール】

  • 気配比搭載の板からダイレクト発注
  • 注文確認画面省略機能完備
  • 自由度の高い銘柄連携機能
  • スマホ向け取引ツールとお気に入り連動
  • エクセル感覚の操作性で便利な右クリックメニュー
  • イフダン取引など多彩な注文方法搭載
  • NISA口座にも対応している

※イフダン(IFDO)とは1回の注文で新規注文と2つの注文予約を同時に設定できる注文



イフダン(IFDO)注文は覚えておくと便利です。ネット証券でも取扱いのない企業は複数存在しています。無料ツールだからと言って馬鹿にできないためぜひ覚えておきましょう。FX取引をされている方には馴染みのある注文方法だと思います。


ライブスター証券のIPO取扱い銘柄が増えてくる

ライブスター証券のIPO取扱数は段々と増えています。前受け金不要でIPO抽選に参加できるため口座を開設しておいて損はないと思います。標準ツールの人気も高く、取引手数料も業界性低水準です。


銘柄名 銘柄コード 上場市場
レオス・キャピタルワークス 7330 東証マザーズ
テクノスデータサイエンス・エンジニアリング 7046 東証マザーズ
ZUU 4387 東証マザーズ
日本リビング保証 7320 東証マザーズ
RPAホールディングス 6572 東証マザーズ
SGホールディングス 9143 東証第1部
一家ダイニングプロジェクト 9266 東証マザーズ
西本WismettacHD 9260 東証第1部
壽屋 7809 東証JASDAQ
JSB 3480 東証第2部
Game With 6552 東証マザーズ
スシローグローバルHD 3563 東証第1部
※記事作成時のデータになり取扱い銘柄は増えています


上記は2017年のIPO取扱い銘柄です。2017年の途中からIPOサービスを本格的に開始しているため、取扱い銘柄はまだまだこれから増加すると思われます。
※2018年12月まで更新しました


現在はタイアップ特典をご用意していただいているため、口座開設をお考えの方は是非頂いてください。取引が1回必要になっていますが、通常キャンペーンで取引手数料が約2ヶ月間無料となっています。


IPO承認発表と重なると口座開設が間に合わない可能性もあるため、時間があるときに口座開設をしておきましょう。委託幹事だけではなく幹事引受企業として人気化しそうな企業です。


ライブスター証券の前受け金不要でIPOが当選しました!

ライブスター証券が幹事を引き受けた銘柄でレオス・キャピタルワークスという銘柄があります。IPO目的に口座を開設している方は少ないことは予想できましたが、なんと当選しました。申し込みを行っていればチャンスがあることがわかりました。


ライブスター証券IPO当選画像


もちろん入金不要で抽選に参加できます。当選後に入金を行い購入画面に移動し、購入すればよいため資金が乏しい方には特にチャンスとなりそうです。妻と2名義で参加していますが、取扱い株数が増えてくれば未成年口座も検討したいと思います。


ネット証券の殆どの企業で未成年口座を開設することができますが、店頭証券だと親が「対面口座」を開設し、子供も「対面口座」開設となる証券会社が殆どです。この辺りには気を付けましょう。IPOは申込続ければいづれ当選できます!


当選するには運も必要ですが、無料で利益を得るチャンスがある投資なんて他には考えられません。もう10年以上続けているため数千万円を手にできていますが、結構努力したいと思います。運は本当に馬鹿にできないため、抽選申し込み忘れだけには気を付けましょう。


IPO申込が前受け金不要の証券会社! 【幹事入りでこれから期待できる】
⇒ ライブスター証券公式サイト(特典付き)

ライブスター証券タイアップ






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事