ライブスター証券がIPO取扱いを開始する事を発表しました。なんと前受金不要でIPOに申込めて、取扱いのすべてを抽選に回す完全平等抽選を採用しています。しかも取扱数は増加傾向にあり初値期待が出来そうな公開株数が少ない銘柄の取扱いも多くなっています。


いわゆるバラマキ銘柄だけの取扱いではないため、とりあえず申し込みをしておくとよいでしょう。さらに幹事引受企業として注目されているため口座は必須となりそうです。



※タイアップ特典が付きました


    【ライブスター証券のIPO抽選ルール】

  • 1口座1抽選の完全平等抽選(機械的な完全ランダム抽選)
  • 配分予定数の100%を抽選に回す魅力的な証券会社
  • 申込単位上限設定はあるが、配分は最低単元配分になる可能性が高い
  • IPO当選後の購入手数料が無料
  • 申込から抽選の段階では資金不要(前受金が不要)
  • 資金は当選後の購入意思決定までに用意すればOK
  • 抽選後は管理画面にログインをすると当選(補欠当選)の場合に表示がある
  • IPO当選の場合は電子メールでお知らせするサービスがある
  • IPO落選時には電子メールのお知らせは無い
  • 補欠当選があるので繰り上げ期待もできる



ライブスター証券のIPOは引受ける株をすべて抽選に回す事が発表されています。さらに前受金が不要なのでIPOに当選した場合のみ資金を入金すれば良いです。かなり手厚いIPO環境なのでIPO取扱拡大に期待がかかりますね!


DSCN2214.jpg
※実際に口座開設してみました


ライブスター証券は業界の中でも特に取引手数料が安いので人気となっています。キャンペーンも随時行われているので、株式初心者には味方となるでしょう。IPO申込タイミングは通常のブックビルディング期間の申込となっており使い勝手もよいです。


また、多くの方にIPOが配分されるように、当選数量は最低単元株数となり基本的に他のネット証券と大差はありません。IPO口座はかなり少ないと思われるため、早めに口座を開設する事でIPO当選のチャンスが生まれるでしょう。取扱い銘柄は、幹事や委託幹事の申し込みが出来るため抽選に参加する機会はあります。


「livestar R」というダウンロード版のトレードツールも無料で使えて人気です。機会があれば使ってみましょう。


ライブスター証券のIPO申込みで気を付けること!

ライブスター証券のIPO申し込みは、お問合せフォームからIPOの申込みをしなければいけなませんでしたが、幹事引受企業となったため申し込み方法が変更になっています。下記に追記しているので参考にしてください。


ライブスター証券IPO申込み手順


株式ログイン画面からログインをすると上記画面が出るので、赤枠のお問合せからIPOを申し込みます。お問合せをクリックすると、問合せフォームが出てくるため下記画像のように入力をします。下記画像のは自動的に入力されているため、からIPO応募申し込みを選択します。


そして、は応募したい銘柄名を入力します。その後、確認しメールの送信をするだけでIPOの申し込みが完了します。


IPO申込フォームライブスター証券


※幹事引受に伴い、申込方法が簡単になりました。下記の記事に要点をまとめているためよかったら参考にしてください。申込方法の変更が行われています。幹事引受に意欲的なので期待しています。



ライブスター証券のIPO抽選申し込み方法が変更された記事へ


ライブスター証券のIPO抽選結果はどうやって確認するのか?

ライブスター証券のIPO抽選結果は「メール」で届きます。IPOに当選、もしくは補欠当選の方にメールが届きます。落選の場合にはメールが届きません。さらにログイン後の管理画面上へ掲載されます。


ライブスター証券IPO申込から当選確定まで


IPO専用のログインページがあるためそこで申し込み銘柄の確認ができるため、申し込み確認をされたい方はチェックすることもできます。他社のシステムを大きな違いはありません。また、購入申し込み最終日までに購入をしないと当選分はキャンセル扱いとなるため気を付けましょう。


当選メールが届いた後は手順に沿って、目論見書の確認(電子交付)をし、必要な購入代金を用意します。気を付けなければいけないのは、当選メールを受け取っても「購入申し込み」をメールで行わなければならない事です。流石に当選した後に、購入申し込み忘れをする人はいないと思うでしょ?


実は私は購入申し込みを忘れていたことがあるんですよね。そんなことにならないように皆さんも気を付けてください。IPO取扱数は予想よりも多く参加の機会はそこそこあります!しばらく前にメルカリが当選していましたが、購入申し込みを忘れて20万円の利益を飛ばしたのは私です。アホですね。


ライブスター証券のIPO取扱い銘柄が増えてくる

ライブスター証券のIPO取扱数は段々と増えています。前受け金不要でIPO抽選に参加できるため口座を開設しておいて損はないと思います。標準ツールの人気も高く、取引手数料も業界性低水準です。


銘柄名 銘柄コード 上場市場
レオス・キャピタルワークス 7330 東証マザーズ
テクノスデータサイエンス・エンジニアリング 7046 東証マザーズ
ZUU 4387 東証マザーズ
日本リビング保証 7320 東証マザーズ
RPAホールディングス 6572 東証マザーズ
SGホールディングス 9143 東証第1部
一家ダイニングプロジェクト 9266 東証マザーズ
西本WismettacHD 9260 東証第1部
壽屋 7809 東証JASDAQ
JSB 3480 東証第2部
Game With 6552 東証マザーズ
スシローグローバルHD 3563 東証第1部
※記事作成時のデータになり取扱い銘柄は増えています


上記は2017年のIPO取扱い銘柄です。2017年の途中からIPOサービスを本格的に開始しているため、取扱い銘柄はまだまだこれから増加すると思われます。
※2018年12月まで更新しました


現在はタイアップ特典をご用意していただいているため、口座開設をお考えの方は是非頂いてください。取引が1回必要になっていますが、通常キャンペーンで取引手数料が約2ヶ月間無料となっています。


IPO承認発表と重なると口座開設が間に合わない可能性もあるため、時間があるときに口座開設をしておきましょう。委託幹事だけではなく幹事引受企業として人気化しそうな企業です。


ライブスター証券の前受け金不要でIPOが当選しました!

ライブスター証券が幹事を引き受けた銘柄でレオス・キャピタルワークスという銘柄があります。IPO目的に口座を開設している方は少ないことは予想できましたが、なんと当選しました。申し込みを行っていればチャンスがあることがわかりました。


ライブスター証券IPO当選画像


もちろん入金不要で抽選に参加できます。当選後に入金を行い購入画面に移動し、購入すればよいため資金が乏しい方には特にチャンスとなりそうです。妻と2名義で参加していますが、取扱い株数が増えてくれば未成年口座も検討したいと思います。


ネット証券の殆どの企業で未成年口座を開設することができますが、店頭証券だと親が「対面口座」を開設し、子供も「対面口座」開設となる証券会社が殆どです。この辺りには気を付けましょう。IPOは申込続ければいづれ当選できます!






ライブスター証券株主優待検索

立会外分売は儲かるのか