エコノス(3136)IPOが新規上場承認されました。
札幌証券取引所アンビシャスへの上場承認となり2013年3月の北の達人コーポレーション
以来の承認です。地方IPOへの参加はネット取引が制限されている場合もあり
やや注意も必要です。


エコノス(3136)IPO初値予想


業種:小売業
市場:札幌証券取引所アンビシャス
公開予定:06/24
BB期間:06/05~06/11


【事業内容】
当社グループは、「今後の地球環境の大きな変化を食い止めるためには、多くの人が地球環境保護へ関心を向けて実際に行動を起こすことが重要であり、その底辺を広げるための場所と方法を提供することで、エコロジー(環境)とエコノミー(経済)とを両立させ、地球環境と地域経済が将来にわたって持続することが可能な社会を実現する」という経営ミッションのもと、店舗でのリユース品の販売と買取を行う「リユース事業」とカーボン・オフセット・プロバイダー(注1)とエコロジープロダクツの提供を行う「低炭素事業」の2つのセグメントの事業を行っております。
当社グループは、時代の変化に合わせて、このような環境保護に関する様々なソリューションを提供し続けてまいります。

まとめると⇒ 古物商、電気器具・住宅設備機器・各種ソフト・楽器及びこれ等に関連する物品の販売、書籍及びこれ等に関連する物品の販売、インターネットを利用した物品の販売、カーボン・オフセット・プロバイダー事業、環境コンサルタント事業



【資金使途】
手取概算額46,300千円については、「1 新規発行株式」の(注)5に記載の第三者割当増資の手取概算額上限12,144千円と合わせて、平成28年3月期におけるリユース事業の新規出店のための設備投資予定額61,910千円に充当する予定であります。なお、実際の充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。



100株単位
公募株数 100,000株
売出株数 60,000株
合計株数 160,000株(1600枚)


想定価格 550円 ⇒ 5.5万円必要!
仮条件  550円~600円に決定


【幹事団】
岡三証券   岡三オンライン証券
SBI証券
上光証券
SMBCフレンド
日本アジア証券
エース証券


         



■ エコノス(3136)IPOのポイント
オーバーアロットメントによる売出し24,000株
想定発行価格550円を基に吸収金額を算出すると約0.9億円となり
オーバーアロットメントを含めて算出すると約1億円です。
かなり吸収金額が少ないので妙味ありそうです!
エコノスHP⇒ エコの先駆者を目指します。。


エコノス(3136)IPO分析結果
↑クリックで拡大します    ネットからIPO申込を開始!⇒ 東海東京証券


売上横ばい。利益も微妙~な企業です。
創業は昭和39年、北海道北見市で電気機器販売を目的として開業しています。
ハードオフやブックオフのフランチャイジー契約などで店舗を伸ばしているリユース事業
では61店舗を展開しています。その他の事業では、低炭素事業などがあります。
EC事業部では、ネット通販サイトのamazon等などにも出店しているそうです。


会社設立は1964年3月で、本社は北海道札幌市白石区北郷四条です。
社長は長谷川勝也氏で49歳になります(株式保有率は29.01%)
従業員数は121名で平均年齢は33.7歳、平均勤続年数は7.8年です。
平均年間給与は346万円となっています。
(連結従業員は134名。臨時雇用は単体で年間298名、連結300名)


エコノス(3136)上場承認
↑クリックで拡大します   図書券が貰えるタイアップ⇒ FXトレーディングシステムズ


【ロックアップの状況】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、貸株人である長谷川勝也、長谷川嘉男、当社株主である株式会社ハードオフコーポレーション、ブックオフコーポレーション株式会社、ヤマモトアセット株式会社、藤原智宏、崎顕一郎、万行輝彦、新行内宏之、服部倫康及び高橋輝雄は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の平成27年12月20日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(ただし、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)を行わない旨合意しております。
売出人である石澤淳一、尾西利子、当社株主である道銀どさんこ2号投資事業有限責任組合、だいし経営コンサルティング株式会社及び投資事業組合オリックス10号は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成27年9月21日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し及びその売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う札幌証券取引所における売却等は除く。)を行わない旨合意しております。
なお、ロックアップ対象株式は、上記株主が保有する当社株式のうち542,149株です。



ロックアップは90日間と180日間になり、ロックアップ解除は1.5倍となります。
ベンチャーキャピタルがやや多い感じですが、ロック対象です。
需給的にこの規模で上場すると、買い優先だと思われます。
昨年度上場の日本PCサービスも多少お祭りになりましたので
地方上場=不人気とはならないのではないでしょうか。

ここ数年のIPO人気で地方上場でも吸収金額が少なければ意外に良いパフォーマンス
が期待できるかもしれません(自己判断でお願いします)
岡三証券幹事なのでエムケイシステム(3910)のように岡三オンライン証券にも引受が
あると思われます?


エコノス幹事のSBI証券!! ネット証券の中でIPO引受け最多数
SBI証券公式HPへ


① SBI証券のIPO詳細記事はこちらへ
② SBI証券のIPOポイントを貯めておけばいずれIPOに当選します

-------------------------------------------------------—-

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】  
② 2014年大活躍の証券会社はこちらの記事へ【東海東京証券】
③ 主幹事もする店頭系ネットでお勧めしている記事へ【SMBC日興証券】 



エコノス(3136)初値予想とIPO分析記事へ



上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!