ファンデリー(3137)IPOが新規上場承認されました。
マザーズで株数がやや多めとなっており、IPOに当選出来そう?
6月のIPOも狙って行きたいところです!


ファンデリー(3137)初値予想


業種:小売業
市場:マザーズ
公開予定:06/25
BB期間:06/10~06/16


【事業内容】
当社は、MFD事業(健康食宅配事業)及びマーケティング事業(カタログ誌面の広告枠販売、サンプリング等の業務受託、健康食レシピ情報サイトの運営)を展開しております。これら2つの事業は相互に関連しており、独自のビジネスモデルを構築しております。MFD事業で構築した紹介ネットワークを活用し、マーケティング事業においてサンプリング業務を行うなど、収益源を多様化させております。

まとめると⇒ 健康食宅配事業及び企業向けマーケティング支援事業



【資金使途】
差引手取概算額192,100千円については、当社のMFD事業及びマーケティング事業の業容拡大のための人材の採用活動費及び人件費として113,600千円(平成28年3月期:43,200千円、平成29年3月期:53,000千円、平成30年3月期:17,400千円)、当社の認知度の向上及び顧客獲得のために要する広告宣伝費として78,500千円(平成28年3月期:28,900千円、平成29年3月期:35,800千円、平成30年3月期:13,800千円)に充当する予定であります。
また、上記調達資金は、具体的な充当時期までは安全性の高い金融商品等で運用する方針であります。



100株単位
公募株数 300,000株
売出株数 706,000株
合計株数 1,006,000株(10060枚)


想定価格 725円 ⇒ 7.25万円必要!
仮条件  725円~765円に決定


【幹事団】
SMBC日興証券(主幹事)
野村證券
みずほ証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
岡三証券     岡三オンライン証券


      



■ ファンデリー(3137)IPOのポイント
オーバーアロットメントによる売出し150,900株
想定発行価格725円を基に吸収金額を算出すると約7.3億円となり
オーバーアロットメントを含めて算出すると約8.4億円となります。
ファンデリーHP⇒ ヘルスケア事業を通じて豊かな未来社会に貢献


ファンデリー(3137)IPO初値分析
↑クリックで拡大します  委託IPOあり⇒ 楽天証券岡三オンライン証券


売上・利益共に横ばいながら順調に推移しています。
医療機関や調剤薬局、保健所や介護施設などで無料配布されている健康食通販
カタログから集客し、自宅に健康食を届ける仕組みです。
(全国に17,920箇所の紹介ネットワークが存在し、電話では栄養士が対応)
カタログの他には健康食通販オンラインショップも開設し、健康食の販売に取り組んで
います。
受注件数も伸びており、発行部数も伸びており、ヘルスケア媒体としても人気があり
そうです。自社発行カタログの広告枠も販売しており他の収益面も持っています。


会社設立は2000年9月で、東京都北区赤羽に本社があります。
社長は阿部公祐氏で42歳です(株式保有率は73.36%)
従業員数は49名を抱え、平均年齢は25.9歳と若いです。
平均勤続年数は2.5年で平均年間給与は約414万円となります。


ファンデリー(3137)IPOロックアップ状況
↑クリックで拡大します   何かと使える⇒ 松井証券au カブコム証券


【ロックアップの状況】
本募集及び引受人の買取引受による売出しに関し、貸株人かつ売出人である当社代表取締役阿部公祐、売出人かつ当社役員である宮入知喜及び利川美緒、売出人かつ当社株主である阿部恵一並びに当社株主である阿部ふよう及び阿部美子は、SMBC日興証券株式会社(主幹事会社)に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る元引受契約締結日に始まり、上場(売買開始)日から起算して180日目の平成27年12月21日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式(潜在株式を含む。)の売却等を行わない旨を約束しております。
当社株主である投資事業組合オリックス9号及びみずほキャピタル第3号投資事業有限責任組合は、主幹事会社に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る元引受契約締結日に始まり、上場(売買開始)日から起算して90日目の平成27年9月22日までの期間中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式(潜在株式を含む。)のうち411,600株の売却等(ただし、その売却価格が募集における発行価格又は売出における売出価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う東京証券取引所での売却等は除く。)を行わない旨を約束しております。なお、上記411,600株の内訳は、投資事業組合オリックス9号が348,600株及びみずほキャピタル第3号投資事業有限責任組合が63,000株であります。



ロックアップは90日間と180日間でロックアップ解除は公開価格1.5倍となります。
業種的にあまり人気とはなりづらいですが、IPOが人気化している今は狙える
IPOになるかもしれません。数万円取れれば御の字でしょうか。
目論見書にメニューが少しのっていますが、そんなに高くは無く意外にリーズナブル
な価格設定となっています。医療関係に置いてあるパンフレットは信頼度が高いでしょうね。


ファンデリーIPO主幹事です!! 私はネット口座だけで当選しています
SMBC日興証券公式へ


※SMBC日興証券のIPO概要はこちらの記事へ

-------------------------------------------------------

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2014年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】
③ 2014年大活躍の証券会社はこちらの記事へ【東海東京証券】 




ファンデリー(3137)初値予想とIPO分析ブログ記事へ



上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額50万円強でソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!