日本PCサービス(6025)IPOが新規上場承認されました。ポバール興業に続いて名古屋証券取引所が来ましたね!(ポバール興業は名証2部です)主幹事は東海東京証券となり、公開株式が250,000株となります。オーバーアロットメントは37,500株で、市場からの吸収額は約1.25億円とかなり小さい上場です。


日本PCサービスIPO初値予想


業種:サービス業
市場:名証セントレックス
公開予定:11/26
BB期間:11/07~11/13


【事業内容】
当社の事業は、パソコンやタブレット端末、デジタル家電等のネットワーク対応機器に関する設定設置やトラブルに対し、訪問または電話で対応、解決するサービスの提供を行っております。
 事業セグメントは、スマートライフサポート事業による単一セグメントであり、同事業はフィールドサポート事業と会員サポートセンター事業に区分されます。

まとめると⇒ パソコン、タブレット端末、デジタル家電等のネットワーク対応機器に関する設定やトラブルに対して訪問または電話で対応し解決するサービスの提供



【資金使途】
手取概算額95,050千円及び「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限15,007千円の合計手取概算額上限110,057千円については、平成27年8月期におけるセキュリティ強化のための電話転送システム、スタッフ管理システムの導入費用として51,000千円、事業所の新設費用として9,555千円、人員確保のための採用費として10,000千円を充当する予定であります。また、残額については、当社の認知度向上を図るための広告宣伝費に充当する予定であります。 なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用する方針であります。




100株単位
公募株数 250,000株
売出株数 0株
合計株数 250,000株(2500枚)


想定価格 435円 ⇒ 43,500円必要
仮条件  11/05予定⇒ 430円~480円に決定!


【幹事団】
東海東京証券(主幹事)
SMBC日興証券(副幹事)
SBI証券
マネックス証券
岩井コスモ証券


■ 日本PCサービスIPOのポイント
オーバーアロットメントによる売出し37,500株
想定発行価格435円に基づく吸収金額は約1.09億円となり、
オーバーアロットメントを含めて算出すると約1.25億円となります。
地方上場ですがこの規模ならいけそうですね♪


日本PCサービスIPO評判
↑クリックで拡大します


売上順調で利益は赤字から急激に伸びています。
フィールドサポート事業では、関東・関西・中部及び九州の主要都市に直営店舗を展開し
正社員を配置しており、その他の地域では当社と加盟店契約を締結しているパソコンサポート
業者(加盟店)を通じて、全国でサポートサービスを展開しています。
会員サポートセンター事業では、委託契約を締結している提携企業の会員に対し、電話もしくは
リモート(遠隔操作)により、パソコンをはじめとするネットワーク対応機器の設定・故障対応等のサービスをコールセンターで提供しているようです。


会社設立は2001年となっており、大阪府吹田市広芝町に事務所を構えています。
社長は家喜信行氏で1976年生まれの38歳ですね。
経歴を見ますと、翼システムに1998年入社ですか・・・
イメージ悪いですね~
ここは事件が起きてますので個人的イメージは悪いです(ここのシステム使った事あるし)
株主にはジャパンベストレスキューシステム(2453)が17.48%保有と大きいですね。
VC保有も10%以上ですね。


従業員数は158人で臨時雇用は33人。
平均年齢は31.1歳となり平均勤務年数は2.8年、平均年間給与は約335万円
となっています。労働組合は無し。


日本PCサービス ベンチャーキャピタル(VC)状況
↑クリックで拡大します  


【ロックアップの状況】
本募集に関連して、貸株人である家喜信行、当社株主である守屋博隆、奥田恵一郎及び羽根田昭仁は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の平成27年5月24日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等を行わない旨合意しております。
当社株主であるジャパンベストレスキューシステム株式会社、ジャフコV2共有投資事業有限責任組合、明治キャピタル9号投資事業組合、ジャフコV2-W投資事業有限責任組合及びジャフコV2-R投資事業有限責任組合は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成27年2月23日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、その売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う名古屋証券取引所における売却等は除く。)等を行わない旨合意しております。
なお、上記株主のうちジャフコV2共有投資事業有限責任組合については52,900株、ジャフコV2-W投資事業有限責任組合については4,900株、ジャフコV2-R投資事業有限責任組合については2,200株が、ロックアップ対象株式となります。



ロックアップは90日間と180日間と分かれています。
VCの方が先となっていて注意が必要です。
また1.5倍になるとロックアップが解除されますので気を付けましょう。

 
地方上場になり取り扱いがない証券会社もありますので売買をされるときには
気を付けたいものです。吸収金額が少ないので公募割れは無いと思いますが、
配当は実施しておりませんし、株主優待もありません。
投機的な売買のみでしょうか。


日本PCサービスIPO副幹事 私はネット口座だけで当選しています
SMBC日興証券公式へ


※SMBC日興証券のIPO概要はこちらの記事へ

オーナーズブックを使った投資を2年以上続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。不動産事業を行っているスペシャリスト集団が安定した利回りを提供します。

また貸付型案件は全て不動産担保設定ありとなるため安心できます。日本で初めて不動産特化型クラウドファンディングを行った企業としても有名です。

OwnersBook(オーナーズブック)評判とデメリット

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。最大利回りで100万円投資すると1年間に60,000円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は30万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額300万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!