ヤプリ(4168)IPOの抽選結果がほぼ出そろいました。吸収額が176.1億円に拡大し時価総額は368.6億円にもなります。IPOの評判も高く世界でも珍しい存在のようです。


赤字企業となっていますが、SaaS型によるサービス提供で解約率も低いそうです。グロース株として期待され企業成長が期待できる銘柄となっています。


ヤプリ(4168)IPOの抽選結果
※ヤプリ公式サイト引用


同社サービスはスマートフォンアプリの開発や運用、分析などをプログラミング不要で提供しており、これに特化した類似企業は存在しないようです。


そのため注目され初値利益が狙えるようです!収入のベースはサービスの月額利用料になり、有料オプション機能などは課金方式で行われます。


クラウドを用いたサービスになり事業はIPOで好まれるはずです。問題なのは赤字続きで今期も純損失が約6.6億円となっていることです。ただ売上げは前期比で37.7%増と好調です。


上場段階の雰囲気ではいずれ黒字化すると見込んだ買いが入る感じのようです。長期投資であれば面白い銘柄なのかもしれません。知らないうちに株価が倍増している期待はあると思います。


ただ某社でも取り上げられていますが上場日の12月22日は、ウェルスナビ(7342)とKaizen Platform(4170)の3社同日上場です。ウェルスナビは約197.3億円の吸収見込みでKaizen Platformは約66.2億円の吸収見込みとなります。


この日だけでもマザーズで440億円程度の吸収が行われるため不安はあります。機関投資家次第だと思いますが、個人投資家が一番期待しているのはウェルスナビでしょう。


機関投資はヤプリなのかもしれませんけどね。個人的にはKaizen Platformが一番選ばれないと考えています。ウェルスナビへ投資を実際に行った記事は下記でまとめています。当サイト特典がついています!



ヤプリ(4168)IPOの公開価格が決定

ヤプリの仮条件範囲は2,960円~3,160円で公開価格は上限の3,160円に決定しています。事前評価も高かったことから上限決定は妥当なのかもしれません。


赤字企業だと成長性に疑問を持ってしまいますからね。ただ機関投資家の評価は高いようです。


目論見には「申告された総需要株式数は公開株数を十分上回る状況」と書かれています。幹事引受け価格は2,923円になりました。


株数などの変更は行われていません。また海外販売は2,785,900株に決定しています。売出株4,495,400株からの比率は62%にもなります。公開株数で計算すると57.5%です。※計算にはOAを含まず


ここで思いましたが簡易的なグローバルオファリングで海外比率が半分以上なので、ウェルスナビとKaizen Platformもその流れなのかも?と疑問が湧きます。


その場合は日本の個人投資家への配分が減るためIPOに当選しにくい状況になるのかもしれません。嫌な割合ですね。


同社については下記記事で事業内容や株主構成などをまとめています。よかったら参考にしてください。

ヤプリ(4168)IPO上場承認と初値予想


ヤプリ(4168)IPOの幹事別抽選結果はこうなりました!

問題の抽選結果発表になります。ここまで当選確率が高くてもことごとく落選しているため、当選は難しいと考えていました。


そして抽選結果は見事に落選しています!


幹事名抽選結果
みずほ証券(共同主幹事)落選
大和証券(共同主幹事)抽選前
野村證券落選
SBI証券落選
マネックス証券落選


ヤプリ(4168)IPO抽選結果


ポピンズホールディングスは補欠当選になっていましたが、補欠も繰り上がらない状況が続いています。


読者が当選するのはうれし反面、あまりにも当選できないためモチベーションが下がっています。このままクリスマスやお正月を迎えることができません。


既に12月IPO抽選結果が後半戦になろうとしている状況で1つも当選していません。当選している方は既に5つも6つも獲得しているようです。


せっかくなので当選されている方は爆益で良い年を迎えてください!








それとTwitterで凄い方をお見かけしました。私とは雲泥の差の運気をお持ちのようです!


マネックス証券で立て続けに当選されています。我が家は未成年口座でも申込んでいましたが補欠すらありません。凄いとしか言いようがありません。


またネットではたくさんの当選者報告があり盛り上がっているようです。今回のように株数が多い場合は完全平等抽選を行っているマネックス証券からの申込みは徹底しておきましょう。引受けた株数を全て抽選に回しています!




ヤプリ(4168)IPOの最新の初値予想は?

最新の初値予想を調べてみました。利益が見込めるそうなので期待してよいでしょう。


最新のIPO初値予想



大手予想は4,000円~4,500円となっています。公開価格が3,160円なので10万円位は利益が見込めそうですね。


上場日前後の地合いが崩れないことを祈っています。


またヤフーニュースでワンタップバイが1月に社名をPayPay証券(ペイペイ証券)に変更すると出ていました。そしてIPOを取扱う予定と掲載されています。これまでIPOの取扱いは過去にソフトバンクがありました。


みずほ証券が主幹事を務めた場合に委託販売するそうなので、これからPayPay証券でIPO取扱いが期待できます。直近でもみずほ証券主幹事が多いためかなり期待できるでしょう。


早めに口座開設しておくと大和証券のCONNECT(コネクト)みたいにガンガン当選報告が上がるかもしれません。私は既に口座開設を行い投資をしています。IPO関係の記事は下記にまとめています。誰でもIPOというサービスです!


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!