ワンタップバイ(One Tap BUY)は儲かるのか真剣に考えてみました。デメリットやメリットなど大手ブログなどを見て納得できることも書いています。どちらかと言えばメリットが大きい気がしますが、あてはまらない方は、口座開設をするのは間違いかもしれません。誰もが利益を出したいと願う投資ですが、甘い世界ではないので投資初心者は特に注意が必要です!


ワンタップバイの大きな特徴として米国株式や日本株式を1,000円から購入できることがあげられます。普通株式も端株を利用すれば1,000円から購入できる企業も存在しますが、手数料面で大きく損をすると思います。また大手企業の株は基本的に高いため1,000円程度で株を購入することは難しいでしょう。


ワンタップバイ(One Tap BUY)儲かるの?


気軽に投資を始められるため、ワンタップバイは若い層に定評がある企業です。「スマホ証券」というキャッチコピーもあり、簡単に売買が行えるスキームが用意されています。米国株式の取扱い銘柄は、日本人に馴染みがある優良企業で構成され、日本株式も一流企業ばかりで構成されています。メジャー企業を取引対象とすることで、流動性の観点から利益を得る期待もできます。


同社へ出資している企業もメジャーな企業が多く、ご存知の方も多いことでしょう。証券会社では「みずほ証券」が出資しています。またスマートフォン関係の企業になるため、ソフトバンクやYahoo、大手広告代理店のオプトホールディングなどの出資先も見受けられます。


ワンタップバイ(One Tap BUY)の口座開設をしたほうがいい人

投資に興味があり、ワンタップバイに口座開設をしたほうがいい人の特徴を考えてみました。一般的に言われていることを書いていますが、納得できる部分は多いでしょう。気軽に始められるため若い世代に人気の投資ですが、ある程度市場を形成すれば今後は新しいサービスを展開してくると思います。


  • 株のことがわからないけど売買を始めてみたい人
  • 株主になり株の世界に入ってみたい
  • 株を資産として積み立てたい
  • まとまったお金がない
  • 自分で投資先企業のことを調べる知識やスキルがない
  • お金がないけど株で子供のために少しでも資産を残したい
  • 外国株式を小額から積み立てたい



自分が投資初心者だと思う方は、私も口座開設をお勧めします。しかし、個別銘柄を自分で探したり、四季報などを読める方は口座開設をお勧めしません。投資のことがわかるようになるまでしばらく時間が必要です。興味がある銘柄の四半期業績はもちろんですが、業績予想の進捗率など様々なことが絡んでくるため、知名度が低い個別銘柄への投資はリスクが高くなります。


だからと言って知名度が高い銘柄はそれなりの資金が必要となり、1回の投資で数十万円が必要になります。投資初心者が個別銘柄にまとまったお金を投資するにはリスクが高くなるため、ワンタップバイのサービスを使うのは良いことだと思います。


議決権を調べてみると、外国株式には自分名義の議決権はないそうですが、日本株式の場合は100株(最低単元)になると議決権が発生するそうです。


ワンタップバイ(One Tap BUY)の口座開設をしないほうがいい人

逆に口座を開設しないほうがいい人につても考えてみました。私のサイトはIPOというカテゴリーのため、ある程度資金を持った方が多いと思われます。よって口座開設をしないほうがいい人にあてはまると思います。1,000円程度の株を買って積み立てる意味がどこにあるのか?と疑問視している方も多いと思います。


  • 自分で取引銘柄を決めることができる人
  • 投資した銘柄の売買に明確な理由を持てる人
  • 10万円以上の株を簡単に購入できる資金がある人
  • 入出金手数料などにこだわりがある人
  • 小額投資や積立に興味がない人
  • 証券会社で取引を頻繁にしている人



株取引を頻繁に証券会社で行っている人は、ワンタップバイに口座開設をする意味はないと思います。興味本位で取引をしてみたい方は別として、利益目的で取引するには単価が低いと思います。


そもそも、株式を数千円から取引できるサービスが特殊だと感じます。数千円でも毎月積み立てればまとまった資産を形成できますが、投資をすでに行っている方は数千円が2倍になってもたいして喜ぶことはないでしょう。狙いは数十万円からでしょう。


ワンタップバイ(One Tap BUY)でもETFが買えるサービスが始まる

個別銘柄の取引の他、ETF(上場投資信託)を買うこともできます。分散資産を行いリスク回避を行いたい方向けのサービスになります。ETFにも色々と種類がありますが、同社の場合はわかりやすいサービスとなっています。


ワンタップバイのETF取引


ETFも1,000円から取引が可能で米国株と日本株の取扱いがあります。個人的にはETF投資は少しまとまった資金が必要だと感じます。日本株の「ブル」「ベア」は取引したことがありますが、米国株式になると3倍適用商品もあるようです。好き嫌いがあると思いますが、投資初心者向けの商品ではないと個人的に思います。


ネット証券などに口座を開設すると同様のETFがあるため、積極的な取引を望まれる方はSBI証券などへ口座を開設されることをお勧めします。外国株式だとマネックス証券も積極的に取扱いがありお勧めです。


ワンタップバイ(One Tap BUY)でCFD取引がはじまりました!

ワンタップバイにCFD取引が登場しました。証拠金1万円からの取引となり、差金決済取引になります。取扱いは日経225先物、米国500(E-miniS&P500)先物となり、どちらかの株価指数の動きを予測して売買額を決めて約定するだけの簡単な取引です。


個人的には初心者がCFD取引をするのは少し疑問ですが、1万円で10万円分の取引が可能となるため、リスキーな方向けのサービスだと思います。取引手数料は0円となっています。


ワンタップバイCFD取引詳細


売り、買い、どちらからでも売買は可能となります。24時間取引が可能なのは大きなメリットだと思いますが、少し勉強をしてから取引を行ったほうがよいでしょう。公式サイトではマンガ形式でわかりやすく説明されているので、CFDのことを理解していない方は読んでおきましょう。


ワンタップバイ(One Tap BUY)の手数料は2種類にわかれる!

ワンタップバイには定額プランと都度プランの2種類の手数料設定があります。手数料は高くないためそれほど気にすることはないと思いますが、定額プランができたことから頻繁に取引を繰り返す方もいるようです(為替レートには35銭のスプレッドが加算されます)


ワンタップバイ取引手数料


定額プランは1ヶ月間どれだけ取引をしても980円(税別)です。毎回手数料を取られるのが嫌な方は使ってみるとよいでしょう。基本的に取引回数が多くないと元は取れないと思います。もしくは取引量が多い方向けのサービスです。米国株式や日本株式、ETF市場の全ての取扱商品を「個別の売買手数料・スプレッドなし」で取引できる設定になっています。


都度プランは1約定あたりの売買金額に0.5%が手数料として取られます。1,000円だと5円になります。取引条件としてニューヨーク市場(本市場)が閉場時は0.7%になります。市場が開いているときに1万円の売買を行うと50円、10万円だと500円になります。10万円だとネット証券よりも割高となります。


そんな方は定額プランを利用するとコストを低く抑えることができます。私なら都度プランを選択し、積み立てを行います。メリットとしては米国株式を定額で簡単に購入できることです。このサービスはよいと思います。証券会社では別途外国株式口座やまとまった資金が必要になります。

株の自動つみたてアプリ「積み株」を使えば自動積み立てが可能

同社が開発したアプリを使うことで、自動積み立てができます。優れているのは、積み立ての途中でも停止や再開が可能なことです。購入前にメールが届くため口座残高の確認も事前にできます。積み立てはもちろん1,000円から可能なので長期的に継続することができます。


積み立て投資の場合は、相場の一時的下落などの値動きをあまり気にすることなく安定したポートフェリオが構築できるためお勧めの方法です。少し極端だと思いますが、公式サイトには下記データが掲載されています。


株の自動つみたてアプリ「積み株」


10年間のリーターンになります。世界経済は拡大しているため今後も同様の期待ができる可能性はあります。相場が崩れてきたら売ってしまえばいいだけですが、長期積み立てによるメリットは大きいようです。

おいたまま買い付けで送金せずに投資ができる

対象金融機関が設定されており、記事作成段階では「みずほ銀行」と「ソフトバンクカード」に対応しているサービスになります。使い方は、One Tap BUYアプリから簡単に設定できます。


預金口座に残高があれば、送金をせずに株が買えるサービスになります。証券口座に送金しなくても株が買えるため一部の方は便利になると思います。対象金融機関は今後増える可能性がありサービス拡大期待はあると思います。


みずほ銀行やソフトバンクは同社へ出資しているため、柔軟な対応ができるようです。24時間365日いつでも株を買うことができます。


ワンタップバイ(One Tap BUY)に口座を開設するメリットは結局なに?

同社への口座開設を検討している方は、上記で説明したように小額投資を検討している人になるはずです。そして自分で投資判断がまだできない投資初心者が取引を開始するのに適しています。


投資をするのであれば値動きの他に配当金なども気になると思いますが、同社で株を1株でも保有していれば配当金は出ます。もちろん配当を実施している企業の株を購入していなければ配当は貰えません。さらに日本株であれば株主優待も貰うことができます。


株主優待は日本株式を対象としており、外国株式の保有では優待は貰えません。基本的に米国株は配当重視になり、優待設定はありません。株主優待は日本独自の株主への還元方法になります。また、日本株式で株主優待を貰える条件は単元株以上を保有している必要があります。単元株とは、「通常の株式取引で売買される最低売買単位」のことです。基本的に100株単位になります。


株主優待狙いで同社へ口座を開設する方はいないと思いますが、積み立て投資を行っていると優待獲得の期待ができるでしょう。同社へ口座を開設した方の約7割は投資未経験者となっています。若い方はパソコンを持っていない方も多く、同社のスマートフォンだけで取引がすべて完結するスタイルが好評のようです。


ワンタップバイ取引画像サンプル


また、金額単位で注文ができるため非常にわかりやすいシステムが人気だそうです。もちろん預けた資金はみずほ信託銀行による管理が行われ、守られます。みずほ信託銀行が倒産するよなことがあっても、信託法により信託財産は守られる仕組みが備わっています。万が一予想外のことが起こり、信託法で守られない場合は、投資者保護基金から1人1,000万円までが保証されます。


詳しく情報を知りたい方は、Q&Aの他、電話やメールサポートが行われているため問い合わせをしてみるとよいでしょう。私が若いころはこのようなサービスはなくまとまった資金が必要でしたが、現在は投資のハードルがかなり下がってきています。株式投資に興味がある方は検討されてもよいと思います。


同社に口座開設をすれば、すべてのサービスを受けることができ、口座開設なども無料となります。税金の申告が不要な特定口座も用意されているため手間を省きたい方は特定口座の源泉徴収ありを選択しておきましょう。スマートフォンの他、パソコンでも取引が可能となっています。