PayPay(ペイペイ)証券がIPOの取扱いを発表しました。サービス名は「誰でもIPO」と言うことです。IPO専用アプリになり1株から購入申し込みが可能になります。通常は我々が取得している100株単位になりますが、PayPay証券特有の仕組みで1株単位から提供ができるようです。


日本では初めてのIPO専用アプリになり、同社によれば宝くじ感覚で抽選に参加できるということです。IPO当選はなかなかハードルが高いと思われている方に同社のサービスはよいかもしれません。


まとまった利益は出ない可能性もありますが当選確率は現在のところ高そうです。


PayPay(ペイペイ)証券でIPO取扱い開始


⇒ PayPay証券公式サイトへ


【公式ページより】

株式会社PayPay証券(東京都港区、代表取締役社長CEO :林和人)は、1株からIPO(Initial Public Offering:新規上場株式)の購入申し込みが可能な、IPO専用アプリ 『誰でもIPO』※ のサービス提供を11月下旬から予定しております。

『誰でもIPO』 は、新規上場株式を単元(100株)ではなく1株から購入申し込みができる日本初のIPO専用アプリです。抽選倍率の高いIPOを、宝くじのような感覚で、一人でも多くの方に体験いただき、初値の喜びを味わってほしい。 そして、今まで一部の投資家にチャンスが偏っていたIPOの購入申し込みに、少額から誰でも参加できるようにすることで、多くの方に当選の機会を作りたいとの思いでサービスを開始します。



IPO抽選に申込を行ってもなかなか当選できない方のためにも、多くの方に当選のチャンスを作りたいという思いが同社にはあるようです。


公式サイトにある、サンプル画面では申し込み手順が書かれており下記のようになっています。


PayPay証券IPO入金手順と抽選申込


PayPay証券のIPO抽選申込は入金から行わないといけないようです。ブックビルディング期間に入金をし、申し込みを行います。通常のブックビルディング期間と同じ設定になると思われます。


次に「当選祈願中」という画面になり抽選結果を待つようです。抽選結果をメールで受け取る設定などがあるようです。詳しく公式ホームページで随時更新されるようです。


PayPay証券IPO当選画像


次に抽選中画面が表示されスタートボタンを押すことで、IPO抽選が行われるようです。何となくクジに近いものがあり、投資というよりもお祭り感覚でしょうか。この場面は投資家が一番楽しい時間を過ごせそうです。


当選となれば、上記のように約定画面が出てきます。画像では35株の当選になっていることから、1株配分だけではなく少しまとまった株数になるのかもしれません。ただし、公式サイトに「出来るだけ多くの方に当選のチャンス」と書かれていることから1株配分もあり得るかな?と考えています。


PayPay証券の口座開設者はかなり少ないと思われるため、現在のところ当選確率は高いと思います。100株以下の単元未満株(端株)になるため、利益も少なくなりますが、楽しみを得るにはよいと思います。


【PayPay証券の特徴など】
  • IPO目的の口座開設者は少ない
  • 日本初の仕組みが面白く斬新だと考えられる
  • 1株でも当選すれば利益見込みがある
  • ETF取引やCFD取引、積み株など取引きツールが豊富にある
  • 1,000円から株が買えるため気軽に始められる!



そもそも、1,000円から国内株式や外国株式が購入できるサービスを行っており、若い投資家を中心に人気がありました。IPO投資ができると言うことで顧客層も広がりそうです。


資産家の方は魅力を感じないかもしれませんが、抽選を楽しむにはよいと思います。下記にサービス内容を詳しく書いているのでよかったら参考にしてください。




ここで気になったので、同社がどこから株を仕入れるのか?と考えてみました。配分先として思い当たるのは、株主である「みずほ証券」です。その他には、東海東京フィナンシャル・ホールディングスが株主にあるため東海東京証券も考えられるかもしれません。


勝手な妄想ですが、みずほ証券からの委託先として同社でIPO取扱いが行われるのではないかと考えています。そうなると、取扱い銘柄もそれなりに多くなる期待ができます。100株の最低単元でも、100人の当選者が出る可能性があります。初値2倍だと投資した額が2倍になるため面白いですよね。


2018年に上場したアジャイルメディア・ネットワーク(6573)だと1株3,000円が初値売却で15,470円になります。RPAホールディングス(6572)だと3,570円が初値売却で14,280円になります。HEROZ(4382)だと1株4,500円が49,000円になります。


2020年だとヘッドウォータース(4011)が1株2,400円で初値24,000円と10倍になっています!


極端な例だと思いますが、1年を通すと数倍の利益を得ることが可能です。取扱い銘柄がどのようになるのかわかりませんが、当選すれば利益がでる可能性があるため少しでも利益を出したい方は抽選に申し込んでおくとよいでしょう。


逆に1株からの申し込みが出来るため、公開価格割れしそうな銘柄の申し込みを小額で行う楽しさもありそうです。100株だとマイナスになった場合に苦しみますが、1株単位ならチャレンジできそうです。楽しみ方は各々で違うと思いますが、抽選という楽しみがありそうです。


前受け金不要の証券会社も合わせて口座を開設しておくと、100株単位の当選も狙えるため合わせて申し込んでおきましょう。抽選に参加しなければ利益を得るチャンスもありません。




始めてPayPay証券のIPOに申し込んだら当選できた現実

PayPay証券で取扱いが行われたソフトバンクの抽選に申し込んでみました。そうしたらいきなり100株の当選となり驚きました。


株数が多かったためだと思いますが、上限の100株配分となっています。これから取扱いが増えるようなので抽選に参加してみたいと思います。


ソフトバンク100株当選(PayPay証券)


事前に登録したメールアドレス宛に当選メールが届くことがわかり、わざわざログインするのもどうかと思いましたが、抽選中画面で当選の文字が出ると新鮮で嬉しかったです。


ネットの情報を確認してみると、今回の配分はかなり高いことがわかり大型IPOの場合に参加するとよいかな?と考えています。


取扱いがあれば参加しますが、私が予想するに「みずほ証券経由の取扱い」になりそうなので、みずほ証券が主幹事を行う場合に参加すればと考えています。


IPO投資に参加できる機会が増えて同社には感激しています。中々IPOに当選できない方はPayPay証券でIPOに参加してみるのも面白いと思います。


ワンタップバイがPayPay証券に社名変更でIPO取扱いが増える

ワンタップバイがPayPay証券に社名変更を行います。これに伴いみずほ証券主幹事の場合にIPO取扱いを行うと発表されました。


PayPay証券誰でもIPO


やはり、みずほ証券が引受けるIPOをPayPay(ペイペイ)証券で扱うようですね。単元未満株でIPO配分を行う企業が増えているため取扱い銘柄が多くなりそうです。


その分、利益は下がると思いますが面白いサービスなので期待したいと思います。同社にIPO目的で口座開設している方はまだ少ないと思います。


個人的には外国株を手軽に買えるためたまに取引しています。超有名なアメリカ株を数百円で買えるサービスも凄いと思います。アメリカ株に興味があればなお勧めできる証券会社だと思います。


これからPayPay残高で付与されるボーナスも投資に回せる可能性があるようなので、こちらにも期待したいと思います。これができたら物凄い人気になるでしょう。私はネットで買い物をしているためPayPayが結構貯まります。


IPOにPayPay(ペイペイ)が利用できるのか現段階ではわかりませんが、ポイ活している投資家には魅力でしょう。1年を通すと、みずほ証券はトップクラスの主幹事を引受けているため、個人的にも期待しています!


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!