ウィルズ(4482)とJMDC(4483)の初値予想と幹事配分などを今回も自己評価していきたいと思います。どちらも初値利益は狙えそうな感じですが公開価格割れ懸念がないのは上場規模が小さいウィルズ(wills)IPOでしょう。


まずはウィルズIPOから考察してみたいと思います。同社は業績の伸びも良く投資とも近い位置にある企業です。優待ポイントと優待商品を交換できるサイトを運営していたり、機関投資家マーケティングプラットフォームの運営を行っています。


ウィルズIPOの初値予想と幹事配分


項目 株数データ
想定価格 910円
仮条件 910円~960円
公開価格 12月06日
公募株数 100,000株
売出株数 220,000株
公開株数(合計) 320,000株
オーバーアロットメント 48,000株
幹事団 みずほ証券(主幹事)
大和証券
SBI証券
三菱UFJモルガン・スタンレー
マネックス証券 ←完全平等抽選
楽天証券
松井証券 ←前受け金不要
エース証券
水戸証券
委託見込 au カブコム証券
ライブスター証券
DMM.com証券


株主管理プラットフォーム事業を行いクラウドを用いて事業を行います。個人投資家マーケティングプラットフォームとして「プレミアム優待倶楽部」を運営しているため自社の株主優待設定時には使えるメリットがあります。また優待による株主人数を維持するため同社システムを導入することも考えられるでしょう。


上場企業は時価総額や株主数の人数なども関係があり、今後同社のシステムを導入する企業も増えるのではないでしょうか。多少面倒だと考える投資家もいますが複数の企業で利用できる環境が整えば利便性は高まります。


2019年12月の単体業績予想は16億円の売り上げ予想となり前期比較で37.8%増となります。経常利益が2.7億円となり前期比248.6%増です。売上や利益が低いとはいえイケイケ感が感じられます。そして吸収額が仮条件上限の960円算出で約3.5億円とかなり小粒上場となっています。


IPOでは上場規模が小さければ初値が飛ぶ傾向があるためこの規模であれば公開価格割れは考えられないでしょう。上場が集中していなければ初値3倍も視野に入るようなIPOです。


ロックアップは180日間でロックアップ解除倍率は1.5倍となっています。ベンチャーキャピタル出資や上場企業の株主なども1.5倍解除になっています。


もっと詳しく知りたい

ウィルズの詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。仮条件発表後には追記する形で最新の初値予想も記載しています。

ウィルズ(WILLs)IPO上場承認と初値予想!初値3倍でイベント化?



初値予想1,800円~3,000円!


初値は2倍以上になる見込みのようです。公開株数はOAを含め358,000株しかありません。それに株価が3桁なので個人投資家も複数株で参戦しやすい状況です。


幹事名 配分単位 引受割合
みずほ証券(主幹事) 294,400株 92.00%
大和証券 6,400株 2.00%
SBI証券 6,400株 2.00%
三菱UFJ・モルガンスタンレー証券 3,200株 1.00%
マネックス証券 3,200株 1.00%
楽天証券 1,600株 0.50%
松井証券 1,600株 0.50%
エース証券 1,600株 0.50%
水戸証券 1,600株 0.50%
au カブコム証券 委託決定! -%


IPOの当選を考えた場合に主幹事のみずほ証券からしか当選期待が出来ないように思います。とりあえず申し込めるだけ申込むスタンスで挑みたいと思います。株数的に出来高次第ではセカンダリーも面白い展開が見込めそうです。


水戸証券やエース証券は対面口座の顧客へIPOの販売が行われると思います。12月前半~中盤のIPOになるため資金にゆとりある投資家が多いでしょうから当選期待は低そうですね。


中盤~後半になると申し込みを行わない方も続出してきます。そこが狙い目なので最後まで頑張りぬきましょう。B級のIPOに当選すれば10万円くらいの利益は出そうです。


またIPO投資よりもソーシャルレンディング投資はどうでしょうか?私はどちらも同時に行っていますけど複利って凄いと感じています。新キャンペーンでSAMURAI証券に口座開設を行うだけでAmazonギフト券1,000円が貰えます!興味があれば下記記事から詳細確認できます。


SAMURAI証券Amazonギフト券キャンペーン詳細記事へ


JMDC(4483)IPOの初値予想と幹事配分はこうなる!利益狙いで本当に良いのか

JMDCのIPOは少し難しいと思います。利益が出ている企業になりますが何しろ上場規模が163億円と大きいため上場ラッシュとなった現状で初値利益はあまり期待が出来ないかもしれません。


しかしノーリツ鋼機株式会社が親会社でありしっかりとした企業なので公開価格割れする可能性も低いように思います。多少の損失覚悟であれば積極的に攻めてよい銘柄でしょう。


JMDC(4483)IPOの初値予想と幹事配分


項目 株数データ
想定価格 2,780円
仮条件 11月29日
公開価格 12月06日
公募株数 2,000,000株
売出株数 3,100,000株
公開株数(合計) 5,100,000株
オーバーアロットメント 765,000株
幹事団 野村證券(主幹事)
みずほ証券
SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
マネックス証券 ←完全平等抽選
委託見込 au カブコム証券
ライブスター証券
DMM.com証券 ←取扱い増加中


実際そこまで警戒するようなIPOではないのですが、上場する銘柄が集中しているため勿体ないと感じます。上場が詰まっていなければ1割~2割の初値利益が狙えたのではないかと感じます。


利益率も高く、ITを使った事業かつ参入障壁が高いとされている事業のため魅力があります。株数が多いため当選はそれほど難しくなさそうです。


2020年3月の連結業績予想は112.1億円の売上げを予想し前期比較で11.3%増、営業利益は19.5億円予想のため前期比較で32.5%増です。四半期利益は12.6億円となり前期比24.7%増となるようです。業績の伸びも良く配当が出れば買い需要はよりありそうです。


医療ビッグデータというカテゴリーになりICTに取り組んでいる企業です。これから期待される分野になるため上場後の業績に期待を持つ投資家も多いと推測します。


普通に医療ビッグデータとしてのテーマがあり、AIテクノロジーや遠隔画像診断サービスなど買われる材料が沢山あります。この時期に上場することが勿体ない感じです。初値が低ければ時期に株価が上がる気がします。


もっと詳しく知りたい

JMDCの詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。仮条件発表後には追記する形で最新の初値予想も記載しています。

JMDC(4483)IPO上場承認と初値予想!医療にIT組込みで当選狙い



初値予想2,800円~3,500円!


もしかすると公開価格割れになるかもしれませんがほんと微妙なIPOだと思います。普段であれば積極的に参加できそうなのだけど?という感じです。


幹事名 配分単位 引受割合
野村証券(主幹事) 4,080,000株 80.00%
みずほ証券 306,000株 6.00%
SMBC日興証券 306,000株 6.00%
三菱UFJ・モルガンスタンレー証券 306,000株 6.00%
SBI証券 76,500株 1.50%
マネックス証券 25,500株 0.50%
au カブコム証券 委託決定! -%


ロックアップは90日間になりロックアップ解除倍率設定はありません。新株予約権も条件が設定されているため需給は良いと思います。初値でどれだけ買い需要があるかが問題です。


初値形成後はもみ合いとなるかもしれませんが低値で売る投資家は少ないでしょう。将来性があるため今後の業績期待はできると思います。ホント時期が悪い時に上場しますね!


類似企業のPERは何処も高くWelby(ウェルビー)だとPER132.07倍、PBR12.42倍です。バリューHR(6078)だとPER44.1倍でPBR9.02倍になります。



ちなみにJMDCだと想定発行価格2,780円算出でPER53.61倍、PBR5.75倍になります。意外と公開価格が妥当水準かもしれません。一時オリンパス子会社になったこともありますがM&Aで現在のノーリツ鋼機グループに入ったようです。


同日上場のランサーズ(4484)よりもだいぶ人気があると思われますが、吸収額が大きいため投資家のモチベーション次第かもしれません。機関投資家は参戦意欲があるそうなので公開価格割れは避けられるのではないでしょうか。


あとは地合い次第の展開でしょうね。IPOにあまり当選できていなくて本当にIPOって当選できるのか?と疑問を感じている方にお勧めかもしれません。野村證券主幹事でもOA含め5,865,000株あれば当選確率は高いでしょう。


IPO投資に興味がありエンジェル投資家になりたい方にはファンディーノもお勧めです。インタビューしたので後日記事を配信したいと思います。かなりのボリュームですよ!


FUNDINNO(ファンディーノ)でIPOを引き当てよう! 【口座開設完了しました】
⇒ FUNDINNO公式サイトへ

FUNDINNO(ファンディーノ)

※FUNDINNO(ファンディーノ)の評判や審査について詳しく調べ実際に投資してみました






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事