SAMURAI(サムライ)証券でAmazonギフト券キャンペーンが行われています。しかも調べてみるとSAMURAI&J PARTNERS(4764)の100%子会社となり透明度が高い企業でした。またトラブルもなく運用状況も良いそうです。


コンセプトは「証券会社が運営する投資型クラウドファンディング」になり、予定利回りが3%~10%となっています。最低投資金額は1万円から可能となり他社と条件は変わりありません。運用期間は短いファンドで6ヶ月となっています。


SAMURAI(サムライ)証券Amazonギフト券キャンペーン


同社のサービスは資産運用したい個人とお金を必要とする企業をインターネット上で結びつける金融サービスになります。


SAMURAI(サムライ)証券の大きな特徴としては証券会社(第一種金融商品取引業者)による運営になります。競合となる企業は第二種金融商品取引業者になるため比較企業はクラウドバンクになると思います。


クラウドバンクも証券会社になり事業規模も大きく人気のソーシャルレンディング企業です。私のメイン取引先となっています。今月も償還金が発生してるため再投資を行う予定です。


第一種金融商品取引業者になるには厳格な基準があるため取得レベルが高くなります。より高い財務要件が求められ厳格な法令順守体制・内部管理体制が必要になります。そのため日本証券業協会にも加盟しています。


クラウドファンディングの市場規模


私も投資金額を増やしていますが市場全体の勢いがあるため急成長している分野です。同社の場合は投資型クラウドファンディングに特化しているようです。私も口座を開設していないためこれから投資を行ってみたいと思います。


投資先が増えてきたので資金分散となっていますが企業倒産などを考えるとメリットがあります。また投資を行っていると企業別に色々と方向性などがわかるため自分とマッチングしている企業に資金を多めに投資するとよいかもしれません。あまりにも人気がある企業は投資することもできないため口座開設後に投資状況を確認するのもよいと思います。


しばらく前にFANTAS fundingに口座を開設しましたが人気があり過ぎて投資できていません。悲しいですけど引き続き募集申し込みの激戦に挑みたいと思います。


同社の場合は「匿名組合型」と「社債型」の2種類のファンドが用意されているようです。社債型の利回りを確認すると8%程度の利回りが多いようです。すべて償還済みとなり実績もあるようです。社債なのに8%も配当が出るの?とまだ疑問がありますがリスクが高いのかもしれません。


メイン投資は匿名組合型になると思われるためファンドを調べるとこちらも利回りが高く直近で6.5%~9%となっているようです。


投資型クラウドファンディングの種類


投資スキームなどは公式サイトを見て頂きたいと思いますが利回りが高く魅力的だと感じます。同社ホームページでは貸付内容や収益状況など口座を開設しなくても確認できるあたりがよいと思います。


金融庁の規制緩和による影響でしょうか。これまで同社ホームページを確認していなかったためわかりませんが透明性が高いように感じます。


個人的に気になるのは運用期間が少し長めだと思うことくらいでしょうか、さらに分配方針が償還時一括になっているファンドが多いようです。この辺りはファンドにより違うと思われます。


商品スキームも細部まで書かれており情報公開において他社よりも優れているかもしれません。


SAMURAI(サムライ)証券キャンペーンをまとめてみました

同社は定期的にキャンペーンを行っているようです。今回は新規口座開設によるキャンペーンが9月05日~10月31日までとなっています。前回のキャンペーンは商品30万円の購入で3,000円となっているため口座開設者が対象となることもあるようです。


SAMURAI(サムライ)証券キャンペーン詳細


項 目 その内容
キャンペーンの概要 新規会員登録でAmazonギフト券500円分プレゼント
対象期間 2019年9月5日(木)~2019年10月31日(木)
対象者 期間内に新規会員登録が完了したお客様
プレゼント内容 新規会員登録が完了したお客様に500円分のAmazonギフトをプレゼント


簡単な内容ですが興味がある方は参加しておきましょう。早速私も参加し口座を開設しておきたいと思います。投資するのかは今後考えたいと思いますがまずは10万円程度投資を行い様子見でしょう。


IPOに当選できませんがソーシャルレンディング投資で年間20万円稼げたら嬉しいと考えています。所得税の申告をしなくても個人的には問題なさそうですからね。


投資の際に担保付案件を選んでおくと安心できそうです。もう4年以上投資を行ってきましたが最近のソーシャルレンディングは情報が豊富で安心できる環境が備わってきたように思います。


小額投資でしたが当時は投資額が償還されることに驚いていました。ここ数年でソシャレンの企業規模の構造もかなり変化しそうです。SAMURAIの場合は証券会社運営で投資家が殺到するかもしれません。現在のところクラウドバンクに注力していますが新しい企業が登場してくる可能性はありますよね。


SAMURAI(サムライ)証券に実際に口座開設を行い気が付いたこと

サムライ証券に口座を開設してみました。口座開設時に気になることは特にありませんが本人確認のためにマイナンバーが必要になっています。どの企業でもそうですが、同社は特に証券会社だからでしょうか。


先日、SBIソーシャルレンディングにも投資をするため口座を開設しましたがマイナンバーが必要となっていました。他のソーシャルレンディング事業者ではまだ必要としない企業もあるようです。


どうせ長期的に利用するのであれば登録は必要のため行っておきたいと思います。同社の場合はその他に「電磁的方法による交付等に関する同意書」や「個人情報保護に関する基本方針」などのページを開かないとチェックできない項目があるのでそのあたりを気を付けたらよいと思います。

SAMURAI(サムライ)証券会員申込完了


口座開設を行うには本人確認証とマイナンバーを用意しておき、出金用の銀行口座の入力もしなければなりません。後から入力するのではなくはじめに入力しておくパターンです。企業によってはログイン後に入力が必要となることもあります。


口座開設には審査があるため3営業日~5営業日くらいかかるそうです。その後、簡易書留が届く流れとなっています。口座開設申し込みを行うと同社管理画面にログインが出来るためファンドの詳細確認もできるようになります。


取扱いファンドを大きく分けると3つにわかれ「エクイティー」「劣後ローン」「シニアローン」となります。


サムライ証券のファンド種類の画像


自分のリスクにあった商品を選ぶことができ「選べる環境」が人気となっています。


取引残高報告書などは四半期ごと3ヶ月毎に取引内容と該当基準日の残高金額をマイページ電子交付画面に掲載となっています。口座への入金は自己負担となり商品購入の手数料発生はありません。


また一度投資を行った場合はファンドの償還期限まで資金が原則返金されませんのでご注意ください。相続等やむをない場合は個別に対応するようです。


これまで大きな資産を持っている一部の投資家にしか公開されていなかったスキームを個人投資家が出資できるようにしたソーシャルレンディングは現在急成長している分野です。


自分で不動産を購入するにはハードルが高いため同社のような事業者が間に入り、個人投資家に小額から投資を募る構造が人気となっています。サムライ証券では1万円から投資が出来るようになっています!そしてポートフォリオの10%の投資からスタートすることをお勧めしています。


私の場合は入金額自体が少ないので投資した金額だけ入金することにしています。


証券会社が運営するクラウドファンディングの透明性が魅力! 【親会社が上場企業なんです】
⇒ SAMURAI(サムライ)証券公式

SAMURAI証券






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事