TECROWD(テクラウド)が不動産投資型クラウドファンディングを行う情報を掴みました。そこで評判や評価を詳しく調べ投資を行ってよい企業なのか考察してみました。またメリットとデメリットも取上げ深掘りしています。


最大の特徴は新興国に投資ができ利回りが高いことです。そこで投資家の口コミなども併せてご紹介したいと思います。


TECROWD(テクラウド)の評判と評価
※テクラウド公式サイト引用


不動産投資型クラウドファンディングで新しい投資先を探している方にお勧めできる企業だと思います。


新興国に投資を行うため日本国内に投資を行うよりもリスクが高まると考えられます。ただ同社では劣後出資を行っているため安心できそうです。


個人的に気にあることもあるため投資を行う前に記事でチェックして頂けたらと思います!


新興国は成長性が高いとされ投資先としては面白いかもしれません。しかし情報提供の面や為替差益、さらには社会情勢など投資と関係する懸念材料が多くあります。


しかし利回り面でメリットがあるため、自分の投資スタイルとマッチすれば投資を行ってもよいと思います!!

【この記事を読んでわかること】
  • 新興国への投資はリスクがあると説明している
  • 社会的インパクト投資やESG投資にも関係があると説明している
  • メリットとデメリットを取り上げ社会貢献についてふれている
  • ベルギーのサッカープロリーグSTVVのスポンサーを行っていることを説明している
  • TECRA株式会社取締役の遠藤幸一郎氏にインタビューを行った内容がわかる
  • グローバルで怪しい企業ではないとわかり安心できる



TECROWD(テクラウド)の不動産投資型クラウドファンディングは儲かる?優先劣後出資を採用

TECROWDへ投資を行っても元本保証の投資ではないため注意が必要です。これは他社に投資を行っても同じです。


また1口10万円からの投資となっており、他社の1口1万円を考えるとややハードルが高いと思います。投資家の考え方次第でしょうか。


TECROWD(テクラウド)は儲かるのか?
※テクラウド公式サイト引用


同社の公式ページを確認して感じたことは、新興国の不動産投資へのリスク面で「日本の建設会社が品質を管理」していると大きく書かれていることです。


投資を行う際に安心材料になると思います。しかも新興国への投資となっていることで分配金がこれから高くなることが考えられます。


組成されるファンドは円建て運用になるため為替リスクはないと考えて良さそうです。


個人的には新興国不動産に対して高い利回りが期待できると言うことで、もう少し分配金(利回り)が高くても良い気がしています。新興国への不動産投資はリターン期待があるからこそリスクを取ることができるからです。


今後の利回りに注目だと思います。第1号案件では年利6.5%にリリース記念として1.5%が上乗せされています。毎回8%程度の利回りであれば投資家も好んで投資を行うでしょう。


決して6.5%が低いわけではありませんが、海外となると事情が見えにくいため投資先として不安です。それよりも日本国内で投資を行い5%前後の金融商品を狙うほうが安心感はあると思います。


リスク分散を考えた場合はTECROWDへ投資を行うと面白いかもしれません。似たような事業を行う企業が増えているため投資家も困惑している方が多い気がします。


優先劣後出資(優先劣後構造)
※テクラウド公式サイト引用


劣後出資がどのくらい設定されているのか調べてみると1号案件で出資総額の約10.93%に設定されています。このため10%以上は劣後出資を行うと考えて良さそうです。


劣後出資が設定されていると不動産の売却時に評価額が下がっていても投資家の出資金に影響がありません。1号案件の場合は10.93%の評価額が下落しても投資家は損失を被ることはありません。


同社の公式ページによると下記文言が書かれています。


TECROWDの運営会社であるTECRAが共同で出資し、対象不動産の売却時に値下げが発生した場合は、TECRAが先に損失を負担します。損失がTECRAの出資額を超えた場合にのみ、投資家様の元本が棄損する可能性があります。


注意して頂きたのは同社運営会社の支払い能力がある場合の話になることです。このため運営企業の業績や支払い能力などが関係してきます。

海外不動産に投資を行う魅力とは?新興国不動産投資がこれから人気化する理由

不動産投資型クラウドファンディンを用いて海外投資ができる時代に入りました。他社でもこのような流れがこれから始まると考えられます。


同社の場合は先陣を切り投資家にサービスを提供しているため人気が見込めそうです。日本国内では大手企業の参入が相次ぎ企業間の競争が激化しているように思います。


TECROWD 1号ファンドHoimor officeの情報
※テクラウド公式サイト引用


第1号ファンドは「TECROWD 1号ファンドHoimor office」となっています。募集金額が28,500,000円で年利8.0%、運用期間が24ヶ月です。


最低投資額は10万円からとなり分配金(配当)は年に4回となっています。内容的には悪くないと思います。


また2号案件は「TECROWD2号ファンドのモンゴル首都ウランバートルのレジデンス」になり、利回り8%が予定されているようです。


公式サイトには「取締役 長谷川がご説明致します」とzoomによる説明も行われるようです。登録投資家を増やすために同社も積極的な情報開示を行っているようです。


このような取り組みは投資家に好感されるため面白いと思います。


TECROWD(テクラウド)の不動産クラウドファンディング仕組み
※テクラウド公式サイト引用


同社によれば新興国を投資のターゲットにしていることで高い利回りの提供ができるとあります。


私もクラウドファンディングを通じて海外不動産に投資を何度も行ったことがあるため、海外不動産投資にも魅力があると考えています。


同社の大きな特徴は下記の4つになります。


  1. 新興国不動産ならではの高い想定利回り
  2. 日本の建設企業が監修(竣工)している
  3. ファンドは為替ヘッジを行い円建てで運用される
  4. 新興国不動産の累計共同開発実績が50億円超となっている


同社の場合は企業規模が大きく日本の建設企業が品質を管理しており、日本クオリティの管理によって完成した物件に投資することができます。


TECROWDで取り扱う物件は海外建設実績が豊富なTECRAが施工を請負・監修した物件となっています。海外投資自体のハードルが高いため、同社のような不動産特定共同事業法(不特法)を利用した投資先にも魅力があります。


海外の新興国不動産へ投資する不安がある方は、国内投資先で完結させる方法でも私は問題ないと思います。


投資家の好みのためリスクが高いとされる海外ファンドに投資をあえて行わなくてもよいでしょう。完全に投資家の好みだと思います。


今後は分配金というインカムゲインの他に、不動産価値の上昇によるキャピタルゲイン的な何かが発生するのか?とそこにも期待しています。


同社は主にモンゴルの不動産を投資対象にしていることから、モンゴルの経済状況によっては不動産価値が大幅に上昇する可能性があると個人的に考えています。もしくはこれまで6.5%~8%程度だった想定利回りがさらに高く設定される期待があります。


期待値だけで何もない場合もありますが、新興国への投資はこれから増えると考えています。参入企業が増えてくると新興国不動産を対象にした投資が盛り上がりそうです。

運営企業TECRA株式会社の企業概要を調べました

運営企業について詳しく調べてみました。


2018年4月に100%子会社の「TECRA Mongolia LLC」をモンゴルに設立しています。このためモンゴルの不動産に強い企業だと想像できます。


項 目その内容
会社名TECRA株式会社
所在地〒220-6004
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-1 クイーンズタワーA4F
設立2004年11月
資本金1億5,660万円
代表者代表取締役社長 今井豊和
登録免許
  • 建設業許可(特-30)第74708号
  • 宅地建物取引業者免許(3)26122号
  • 不動産特定共同事業許可番号 神奈川県知事 第12号
事業内容
  • 建築一式工事
  • 土木一式工事
  • 設計及び監理
  • 海外開発
  • 不動産の売買
  • 賃貸
  • 仲介
  • 管理
※2021年7月23日調べ


2019年5月にはウクライナ・キルギスプロジェクトを開始しています。ウクライナでも不動産開発を行っているのか?と思い調べましたが内容はわかりませんでした。


2017年3月にラオスプロジェクトを開始していたため調べると、「ラオスにおける建設会社による住宅の安定供給を目指すプロジェクト」となっています。日本の建築技術を提供すべく、モデルハウスを作っていました!


ラオスで日本の建築技術の教育を行い建築技術の底上げを狙っているようです。建設会社による住宅の安定供給を行い社会貢献を行っているように感じました。このような事が同社の評判や企業評価を引き上げる材料につながると思います。


また、本社は神奈川県横浜市にあり、横須賀にもオフィスがありました。


子会社の「TECRA MONGOLIA LLC」はモンゴルにあります。意外とグローバルな企業だとわかりました。直近では増資も行っていることから企業規模を拡大させているようです。



TECROWD(テクラウド)の口座開設手順を調べてみました

TECROWDへの口座開設は事前登録の申し込みとなっています。サービス開始間もないことからこのような流れになるのかもしれません。第1号ファンドは先行予約で即日完売となっています。


現在は事前登録の申し込みから「ログイン情報の登録」を行う流れに変更されています。



TECROWD(テクラウド)の口座開設手順
※テクラウド公式サイト引用


口座開設の手順は「ログイン情報の登録」フォームから氏名とメールアドレスを入力します。その後、登録メールアドレスに申し込みができるURLが届きます。


また、会員登録を行った後に本人確認の流れになります。


法人口座開設も可能となっており、その場合は同社公式ページに用意された「お問い合わせ」ページから連絡を行います。通常の口座開設手順と異なるため法人口座開設を行う方は気を付けてください。


第1号案件は先行予約だけで募集金額に達したため一般募集なしとなっています。2号案件から申し込みができるようです。


TECROWD(テクラウド)のメリットとデメリットを考察!

TECROWD(テクラウド)のメリットとデメリットを調べました。


同社に投資を行うことは新興国への投資になります。その為ESG(環境・社会・ガバナンス)投資にも関わってきます。社会的責任投資とも言われます。


ESG関連ファンドの組成も投資信託経由でたくさん出てきています。それだけ新興国を意識した投資が高まっていると考えられます。


この他にもSDGs(持続可能な開発目標)とも関係があると思います。



【メリット】
  • 年利8%程度の高利回り設定
  • 急成長している国や地域に投資ができる
  • 新興国に投資を行うことで社会的インパクト投資ができる
  • 投資を行った後は償還されるまでほったらかしで投資ができる
  • 日本の建設会社が品質を管理している
  • 優先劣後構造により投資リスクを下げることができる
  • 投資家の出資金は分別管理体制になっている
  • ファンドは円建てで運用される(為替ヘッジあり)
  • 口座開設費や口座維持管理費は無料



【デメリット】
  • 10万円からの投資なので手掛けにくい
  • 新興国投資は政情不安や内戦、テロなどの心配がある
  • 情報が限られるため投資対象となっている不動産の実態がつかみにくい
  • 為替が安定していない
  • 元本保証の投資ではない



メリットとしての考え方になりますが、リターンを追求するだけでなく新興国への投資は社会的インパクト投資につながります。


わかりやすくお伝えすると、クラウドクレジット公式サイトに書かれている文言が良さそうなのでご紹介します。


【クラウドクレジット公式】
社会的インパクト投資とは、貧困層支援や教育問題など社会的課題の解決に取り組む企業や領域に投資し、経済的なリターンと社会的なリターンの両立を実現する投資手法を指します。


経済的リターンと社会的リターンの両立を目指す投資を指しますが、近年この考えが世界に広がっています。このような観点から新興国へ投資を考える投資家も増えています。


クラウドクレジットにも投資を実際に行っているため興味があれば下記記事も参考になると思います。


新型コロナウイルス感染症が世界的に広がり、社会的インパクト投資やESG投資という考えも投資家に浸透しています。




また、デメリット面では海外への投資と言うこともあり情報が入りにくいと考えています。この辺りは仕方がないことなのかもしれませんが、一度投資を実行したファンドは償還期限まで待つしかありません。


運用期間が長い場合は政情不安なども考慮して投資を行う必要があると思います。


為替が安定していなくても同社の場合は為替ヘッジを行っているため投資家はあまり関係がないかもしれません。ただしその分のコストが発生するため利回り低下につながると考えられます。


メリットとデメリットの内容を比較し、投資を行ってもよいと思った方は口座開設をお勧めします。


ファンドの解約を調べると「やむを得ない場合を除きファンドの解約はできない」ことになっています。困ったときは一度相談するとよいかもしれません。


TECROWD(テクラウド)で投資を行った投資家の口コミを調べてみた結果

口コミを調べてみて感じたことは口座開設を行っている方がまだ少ないことです。


海外へのクラウドファンディングだと「クラウドクレジット」や「CAMPFIRE Owners」などへ資金が向かっているのかもしれません。










積極的な方は海外のクラウドファンディング企業に口座開設を行うケースもあるようです。私はそこまではやってませんが、海外ファンドへの投資経験は数案件あります。


その場合に失敗したと思ったのは為替ヘッジなしのファンドを選んだことです。私の場合は投資を行った時よりも円高になったため利回り低下が見られました。


逆に想定利回りよりも高く償還されたこともあるため投資タイミングにも注意が必要です。同社の場合は円建なので基本的には気にしなくてよいはずです。


CAMPFIRE Ownersだとカンボジア農業支援ファンドの組成が行われています。CAMPFIRE Owners(キャンプファイヤーオーナーズ)でも投資を行っているため興味があれば下記記事も参考にしてください。


こちらでは利益狙いで日本保証とコラボしたファンドに投資を行っています。上記でご紹介した「カンボジア農業支援ファンド」にはまだ投資を行っていません。



TECROWD(テクラウド)にインタビューを行い投資の魅力を引き出してきました

独占インタビューという形式でTECROWDにインタビューをさせて頂きました。かなり濃い内容を聞いているため同社へ投資を考えている方は是非参考にして頂けたらと思います。


インタビューはTECRA株式会社の取締役である遠藤幸一郎氏に行っています。


海外ファンドへの投資になるため2重課税の問題もお聞きしています。新興国のモンゴルへ投資することになるため投資前に知っておいたほうがよい情報が含まれています。


多くの企業が不動産のプロになりますが、同社は「建築のプロ」としてモンゴルで活動を行っているそうです。この言葉は忘れられませんね。


モンゴルの経済発展のために日本の投資家に応援を募る内容も必見です。現地の開発を加速させるためにも日本の投資家の力が必要なのかもしれません。モンゴルと日本の友好にもつながると感じました。


また、シント=トロイデンVV(STVV)のスポンサーをなぜ行っているのかもお聞きしています。詳しくは下記記事をご覧いただければと思います。




TECROWD(テクラウド)評判と評価のまとめ!

TECROWD(テクラウド)は海外投資の中でも新興国をターゲットにしています。その為、運用利回りが高く設定されリターンを追求できる投資先だと思います。


その代わり、新興国では政情不安などによりリスクが高くなる傾向にあると思います。どの投資先にも言えることですが、リスクが高いファンドは利回りも高くなる傾向があります。


TECROWD(テクラウド)評判と評価のまとめ
※TECRA公式サイト引用


TECRA公式サイトで調べているとシント=トロイデンVV(STVV)のスポンサーを行っていました。しかも同社はゴールドスポンサーです。これには驚きです。ちなみにオーナーはDMM.comになります。


ベルギーのプロリーグをスポンサーという形で応援しており日本選手も登録を行っています。これを知り一気に企業評価が高まりました。※後日インタビューを行いスポンサーの事についてお聞きしています


クラウドファンディングやソーシャルレンディングを行う企業が増え、企業情報が見えにくい中でTECROWD(テクラウド)は社会的な貢献を行っている企業だとわかり安心できました。


TECROWDファンド
※テクラウド公式サイト引用


同社への投資は新興国をターゲットにした不動産投資型クラウドファンディングになるため投資リスクは高いかもしれません。そして10万円からの投資となっているため、やや投資を行うハードルが高いようです。


現状では人気化しており、これからの成長も期待したいと思います。


これまでの内容を簡単にまとめると下記のようになります!


【TECROWDまとめ】
  1. 投資元本は保証されていない
  2. 劣後出資が行われるためリスク軽減につながる
  3. 新興国への投資はリスクが高い反面、利回りも高い!
  4. ファンドは円建て運用
  5. 怪しい企業ではない
  6. 社会的インパクト投資を行うことができる


日本国内に投資を行うよりも新興国への投資はリスクが高いと思います。ただこれからファンド組成が増えてくると信用が高まると思います。


サッカーチームのスポンサーを行っているのには驚きましたが、本業でも社会貢献の一環として日本式の建設を伝承するなどの活動を行っています。


モンゴルなどの支援を行っている地域では評価が高い企業なのかもしれません。結局行きつくところは運用企業の信頼になります。日本企業として新興国で頑張って頂きたいと思います。


また、できる限り投資家に還元できるように利回り面でも頑張って頂きたいと思いました。人気が高まる前にテクラウドに投資を行うほうがよいかもしれません。


新興国へ投資を行ってみたい方は同社を利用してみると面白いかもしれません。


タイトルの最大のデメリットとはモンゴルの政情不安だと考えています。だから魅力ある投資先ともいえるかもしれません!!


クラウドバンクを使った投資を5年間続けています

1万円から投資ができコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回りは6.80%で融資元本回収率は100%を維持しています!

クラウドバンク評判

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。