タスキ(2987)の抽選結果に驚きました。グラフィコよりもIPOチャレンジポイントを使ったのに100株当選でした!撃沈というよりも笑えてきました。幸いお金に困っていないことが救いだと思います。


やはり2020年は私にとって最悪な年のようです。しかしIPOに当選できたことは素直に感謝したいと思います。運命の別れ道みたいで面白いですよね。


タスキ(2987)IPO当選と公開価格
※タスキ公式サイト引用


事業は投資マンションのデベロッパー企業になり、新築投資用IoTレジデンス販売が主力になります。この他にもコンサルティングやクラウド型サービスプラットフォームの「タスキDayPay」、エクイティ型のクラウドファンディングも手掛けています。


事業自体に新奇性はなく上場規模が2.3億円と小さいことで注目されています。業績は好調で不動産事業になるためPERは低く設定してあります。


SBI証券が主幹事を引受け複数配分期待でしたが残念な結果となっています。IPOチャレンジポイントをばらまいているため200株当選だと嬉しかったんですけど仕方がありません。


そもそも運気低迷中なので100株当選の覚悟もできていました。ただ現実をみると4,000円以下で売ることはできません。5,000円くらいになれば嬉しいですね。あり得ないと思いますが、私は上場3日目にならないと注文もださないでしょう。


タスキ(2987)IPOの公開価格が決定

タスキIPOの公開価格は仮上限上限の670円に決定しました。公開株数とOAを合わせて345,000株になるため株数も少ないIPOです。


時価総額は35.5億円になります。ベンチャーキャピタルが1社しかいないため高値で売り抜けるだろうという話です。調べた感じではVCというよりも投資業を行っている企業が株主に複数社あると感じました。


ここまで来たら個人投資家も高値で売り抜けるしかありませんね。670円の株が何処まで高くなるのか妄想しておきたいと思います。まさかの10倍?なんて妄想しておきたいと思います。現実的には4倍~5倍あたりでしょか。


タスキの事業詳細や業績などは下記記事でまとめています。
タスキ(2987)IPO上場承認と初値予想


タスキ(2987)IPOの幹事別抽選結果はこうなりました!

IPOの銘柄としては悪くありません。IPOチャレンジポイントを利用した当選だったため残念なだけです。初値2倍くらいだと一生売れずに終わりそうです。


それもありかもしれません。ただしばらく前のソフトバンクPOの抽選対象外に比べると落ち込みは殆どありません。何度もあり得ない状況を経験すると慣れるものですね。


幹事名抽選結果
SBI証券(主幹事)当選
藍澤證券抽選なし
岩井コスモ証券抽選前
エイチ・エス証券落選
岡三証券落選
極東証券不参加
東洋証券不参加
むさし証券抽選前
水戸証券不参加
岡三オンライン証券落選


タスキSBI証券当選


もしかしてIPOチャレンジポイントを使って資金枠の当選か?と驚きました。株数から考えると1万株程度では無理ですよね。


それと仲良くさせて頂いている方達も100株当選みたいです。こうなれば5,000円まで様子見かな?とさえ思ってしまいます。IPOセカンダリーが好調だとそれもありでしょう。


PERは9.3倍なので初値5倍くらいは見込めそうです。大手予想では3,600円以上の見込みがあるようです。真に受けると30万円利益ですよね。それでもポイント当選者は売りたくないでしょう。


タスキ(2987)IPOの最新の初値予想は?

タスキの大手初値予想は3,000円~4,000円になっています。前回100株配分だったBranding Engineer(7352)は公開価格490円で初値が3,500円でした。


上場来高値は4,045円になっています。その後株価は低調みたいですね。低調と言っても公開価格の4.8倍あたりで推移しています。※9月23日調べ


最新のIPO初値予想


タスキIPOの場合はビーロット(3452)が上場したパターンが意識されるようです。現在は株式分割しているため単純比較はできません。


やはり上場3日目に初値形成の可能性が高いようです。30万円の利益が出ればよい感じですけどポイント当選者は判断に困りそうです。


コツコツ利益を出すならクラウドファンディングへの投資が最適!

IPOのように利益を稼ぐ事はできませんが年間に5%程度のリターンを求めることができるクラウドファンディングへの投資もご検討ください。


私は相変わらず350万円程度を運用しています。コロナ禍で一時はどうなるかと思いましたが元金毀損となるようなことはありませんでした。順調に投資額に対してリターンがある状況です。


海外ファンドも運用していましたが無事償還されました。


【人気クラウドファンディング】
  1. Funds(ファンズ)
  2. CREAL(クリアル)
  3. Rimple(リンプル)
※記事へのリンクです


海外投資はあまりお勧めできないため国内事業者をご紹介しています。


Funds(ファンズ)は安定の人気となっています。上場企業が絡んでいるため信頼度が抜群にあると思います。ただ人気過ぎるため他のクラウドファンディングも検討したほうがよいと思います。


抽選によっる投資も可能なのでタイミングが合えば投資できます。私も抽選で当選し投資を行ったことがあります!先着順は自分の頑張り次第だともいます。それはそれで面白いです。


IPOで利益が大きく出ればクラウドファンディングへ回そうと思っていましたが、それも叶わないようです。それも投資人生ですよね。

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!