明日は3社が上場します!グラフィコ(4930)、まぐまぐ(4059)、トヨクモ(4058)の最終初値予想と気配運用を確認しておきましょう。


今回はセカンダリーに参戦する方も多いと思います。そうなると初値が通常よりも高くなることが予想されます。トヨクモIPOが一番人気となり上場1日目は初値付かずのようです。まぐまぐも上場1日目は初値が付かないみたいですね。


グラフィコは初値が付いた後にどのような値動きなのかチェックしておきたいと思います!


グラフィコ(4930)の大手初値予想
※グラフィコ公式ページ引用


まずグラフィコの気配運用と大手初値予想を確認してみたいと思います。IPOチャレンジポイントが3ポイント足りなくて当選できなかったIPOの初値がどうなるのか気になっています。


続くIPOのために何とかセカンダリーが上向けばと考えています。ただ株価が高くなるため公募組も早めに利益を確定させたいと思う方も多そうです。


項 目気配運用の内容
板中心値段4,090円(公募・売出価格)
上限値段9,410円(更新値幅205円、更新時間10分)
下限値段3,070円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲1,023円以上 16,360円以下


再承認になるため初値がどのようになるのか期待と不安がある銘柄です。ただ情報筋によればあまり関係がないようです。


再承認により業績が安定し逆に良かった面もあるそうなので上場後の業績にも期待ができそうです。


女性向け健康食品や化粧品、医薬品などを取扱うファブレスメーカーになり知名度も高いため、来期も予想通りに業績が進めば増収増益になるそうです。


グラフィコは初値持越しになる可能性はあまりないみたいなので、上場後の値動きがチェックポイントになりそうです。大手初値予想は8,000円になっています!


IPOチャレンジポイントを利用して200株当選となった方は爆益になりそうです。おめでとうございます。詳しい事業内容は下記記事でまとめています。
グラフィコ(4930)IPO上場承認と初値予想


まぐまぐ(4059)の最終初値予想と気配運用!手ごろなセカンダリーIPOに資金は入るのか?

まぐまぐ(4059)の業績は2020年9月期で減収減益になっています。そのことから投資しにくいと考えていましたが初値は公開価格の2.3倍を超えてくるようです。


IPOチャレンジポイントのボーダーラインは350ポイントあたりでした。グラフィコと同じ200株の複数配分になっています。


まぐまぐ(4059)IPOの大手初値予想
※まぐまぐ公式ページ引用


項 目気配運用の内容
板中心値段810円(公募・売出価格)
上限値段1,863円(更新値幅41円、更新時間10分)
下限値段608円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲203円以上、3,240円以下


810円の株が3倍程度になる見込みです。大手初値予想は2,500円となっています!ご当選された方おめでとうございます。


メールマガジンはオワコンなどと言われ、業績もコロナ禍により悪化しているため評価はあまり良くなかったと思います。また、エアトリ(6191)と親子上場になるためデメリットもあります。


ただ上場観測がだいぶ前から出ていたことで市場関係者の驚きはなかったそうです。ファンド持ち分がないため上場後の安心感はあると思います。詳しくは承認記事で確認をお願い致します。
まぐまぐ(4059)IPO上場承認と初値予想


業績面の評価よりもこれまでメールマガジンとしての知名度から買われる展開でしょう。メールマガジンの勢いが落ちても今後はウェブメディアで収益を上げていけば業績回復も近そうです。


個人的には現在の市場を考慮しても初値2.5倍あたりか?と考えていましたが3倍以上は可能のようです。ここからセカンダリー売買がどうなるのか見ものです。


同日3社の中では株単価が一番低くなると思われるため、売買のターゲットになれば面白そうです。サンアスタリスク(4053)のように上に羽ばたけばよいですね。期待しています。


FXTFに口座開設だけで現金2,000円が貰えます。さらに1回取引で3,000円をプレゼント!詳しくは下記記事でまとめています。




トヨクモ(4058)の最終初値予想と気配運用!上場3日目に売買スタートは本当

トヨクモ(4058)は初値3倍程度では売買が成立しないようです。直近で株価が10倍になっている類似企業があるため公募組も売渋りする可能性があります。


ベンチャーキャピタルも1社しかいないため早期売却は考えにくそうです。事業は法人向けクラウドサービスの開発や販売を行っています。


トヨクモ(4058)IPOの大手初値予想
※トヨクモ公式ページ引用


項 目気配運用の内容
板中心値段2,000円(公募・売出価格)
上限値段4,600円(更新値幅100円、更新時間10分)
下限値段1,500円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲500円以上、8,000円以下


テイアンドエス(4055)やニューラルポケット(4056)のセカンダリーを見てしまうと公募組も初値売却を行うのか難しいところでしょう。


今回は続いて上場するIPOが控えているため資金が流入し続けるのか?といった不安もあるようです。軽量級のIPOで初値高騰が予想されますが、セカンダリーで株価が上昇するのか不安も多いようです。


大手初値予想は公開価格4倍の8,000円を予想しています。詳しい企業情報などは下記記事でまとめています。
トヨクモ(4058)IPO上場承認と初値予想


翌日には2社の上場が控えています。セカンダリー的には初値3倍あたりからだと面白そうですが、公募組が売り渋ると状況だと考えています。


NY市場が暴落し始め株式市場も弱気感が漂っていますが、逆にIPO市場が起爆剤になることを祈っています。ともかく明日上場する3社は良い初値が付きそうなので公募組は大きな利益を手に入れることができそうです。


トヨクモの業績は2020年12月で増収増益となっています。PERは79.1倍にもなりますがここからどこまで上昇するのか?見ものです。


読者の方が複数人トヨクモに当選しているので楽しみにしています。私はこの3社のどれにも当選していません。本日、抽選発表がされるタスキ(2987)で複数当選できることを祈るしかありません。


今年のIPOは乗りおくれているため何とか当選したいと思います。直近ではI-ne(4933)の当選しかありませんからね。2020年はIPO利益がまだ41万円くらいしか出ていません。IPOで損失も出ていませんけど1回当選したら抜かれる環境は辛いですね。


日本初のTポイントで投資ができるサービスが開始です! 【月額20円の管理料からOK】
SBIネオモバイル証券


ネオモバイル証券でもIPOの申込みが行われています。口座開設を行っている方は申込みを行っておきましょう。


IPOの抽選申込はアプリ経由しかできないため気を付けてください。パソコンから管理画面にログインしてもIPO抽選に参加できません!


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!