ステムセル研究所(7096)IPOの初値予想と幹事割当数などを今回も自己評価したいと思います。上場前の抽選参加スタンスや業績予想などについても調べています。


ファーストインプレッションでは初値高騰となるようです。新奇性ある銘柄のため業績には目をつぶり、個人投資家からの需要で乗り切れるIPOだそうです。


ステムセル研究所(7096)IPOの上場評価と初値予想


項目株数データ
想定価格2,540円
仮条件6月07日
公開価格6月16日
公募株数256,200株
売出株数574,600株
公開株数(合計)830,800株
オーバーアロットメント124,600株
幹事団野村證券(主幹事)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
東洋証券
いちよし証券
エース証券
SBI証券
委託見込SBIネオトレード証券
DMM.com証券


民間さい帯血バンクの最大手企業として知名度が高い企業です。コロナ禍により業績が悪化しているようですが、来期業績予想では業績が戻るようです。


ただ再承認案件になり前回からの疑問もあります。なんと業績が落ち込んでいるにも関わらず想定発行価格が大幅に引き上げられています!2,020円だった価格が今回2,540円ですからね。


この理由は何なのか?主幹事は野村證券になり2020年4月上場を予定していた頃から5億円も吸収額が多くなっています。公開株数の変更は3,600株増えています。


新奇性という面から株価設定が高くなったのか?もしかして上場費用の観点から引上げ?成長性はあるのか?


など様々なことが気になります。とは言え人気化するようなのでブックビルディングには全力参加を行いたいと思います。1999年に設立され日本初の民間さい帯血バンクになるため注目されるとのことです。


親会社が日本トリム(6788)になり、100%子会社である「トリムメディカルホールディングス」がステムセル研究所の89.5%を保有する実質的な親会社になります。上場後も同社の過半数を超える株式を保有することになっています。


雰囲気的には新奇性で個人投資家の買いが殺到?するようなので公募組は利益がでるパターンのようです。セカンダリーも初値状況により盛り上がる期待があるようです。


 

ステムセル研究所(7096)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。非常に参考になる数値なので、投資家のブックビルディングスタンスにも影響を与えると考えています。


IPO初値予想


最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想3,500円~5,000円
※注目度B


どうやら10万円以上は利益が見込めそうです。


IPO投資って新奇性があるとバカみたいに買いが殺到することがあるため、もしかしたら大手予想の上限5,000円をクリアーしてしまうかもしれません。


そうなれば面白いと思いますが事業規模が小さいことが気になります。収益の8割近くは技術料になりストック型の保管料は16%程度の売上げなんですよね。


もっと詳しく知りたい
ステムセル研究所の詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。仮条件発表後には追記する形で最新の初値予想も記載しています。
【再承認】ステムセル研究所(7096)IPOの初値予想と上場データ!

Twitterでも情報発信しているのでよかったら参考にしてください。Twitterは投資材料の宝庫なので上手に使いましょう!


よろしければフォローしていただく事で情報共有ができるようになります。


ステムセル研究所(7096)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事は野村證券が単独で引受けます!


幹事名割当株数引受割合
野村證券(主幹事)747,800株90.01%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券33,200株4.00%
SMBC日興証券16,600株2.00%
東洋証券8,300株1.00%
いちよし証券8,300株1.00%
エース証券8,300株1.00%
SBI証券8,300株1.00%


主幹事の野村證券は外せないため申込みを行っておきましょう。激戦化すると思いますが今回は当選できるかもしれません!


前受け金不要でIPO抽選に参加できるため忘れないように抽選に参加しておきましょう。




それとLINE証券でもIPO取扱いが行われるかもしれません。野村證券案件を取扱うはずなので期待してよいでしょう。


公式サイトには「5月末にIPOサービス開始を決定」と記載がありますからね。と言うことで6月IPOに参加できると思います。




ステムセル研究所(7096)IPOの業績予想と抽選参加スタンス

ステムセル研究所の最新業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。人気が見込めれば積極的に参加しIPOで利益を狙いたいと思います!


業績予想とBBスタンス考察


業績を確認すると2022年3月期の単独業績予想を確認することができました。売上は17.06億円となり前期14.09億円から21.08%増、経常利益1.96億円となり前期9,200万円から113.04%増を見込んでいます。


四半期利益は1.36億円となり前期6,200万円から119.35%増の予想となっています。2021年3月期がコロナの影響で落ち込んでいるだけとは言っても、株価が大幅に引き上げられている根拠って何なんでしょうね。


公募組は利益追求のため参加するしかなさそうです。何をもって割安なのかわかりませんが、日本初の民間さい帯血バンクに期待したいと思います。


EPSが26.96になるためPERは想定発行価格算出で約94.2倍になります。親会社の日本トリムのPERは2021年5月30日確認で15.34倍になり、PBRが1.59倍です。


株価設定が適正価格とは言いにくい気がします。機関投資家の判断により仮条件でさらに株価引き上げも?


面白い材料がある銘柄だと思いますが、親子上場になるため常に監視だけは行っておきたいと思います。雰囲気的には買い上がる気がしています。野村證券の店頭口座の方は申込み前に人気なのか聞いてみると良さそうですね。


朗報!auカブコム証券でも既に取扱いが決定しています。そこでこれからauカブコム証券に口座開設される方はFXキャンペーンに参加するとお得です。


私は夫婦で参加して現金1万円をGETしました。詳細は下記記事でまとめているので口座開設を行っている方はチャレンジしてみると面白いと思います。


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!