野村証券のIPOは当選できないのか自分の当選履歴をもとに考えてみました。インターネット口座と店頭証券のIPO抽選ルールについても触れています。野村証券がIPO主幹事になる確率は高いですが、IPO当選を考えると個人的には難しい企業です。
理由はIPO抽選に前受け金が不要だからです。SMBC日興証券や大和証券、みずほ証券など大手はすべて前受け金が必要です。


野村證券IPO抽選ルール


野村證券の個人顧客層はお金持ちが多いイメージが個人的にあります。首都圏の大企業にお勤めの方は野村證券との取引が多い気がします。地方でも有力者の方は野村證券との取引が多いだろうと推測できます。ということは店頭証券の口座を開設してもIPOは貰うことができないのかもしれません。


それは自然のルールみたいなものでしょう。
また、「野村ほっとダイレクト」と「野村ネット&コール」が統一されたこともある意味店頭よりのデータとなる気がしています。過去の状況も踏まえて下記で説明します。


野村證券のIPOは当選できないのかIPOキムの当選歴で調べた結果

野村證券のIPOに当選できるか出来ないかの結論ですが、前受け金不要でも当選できます。ただ当選数は多くなく1年に1回当選できれば良いほうかもしれません。過去には年に何回も当選できていましたが、現在はあまり当選する機会はありません。


SERIOホールディングス(6567)IPO当選画像


SERIOホールディングス(6567)が当選していたのはまぐれですが、申し込まなければ当選もしません。今回は株数が少ないにも関わらず当選できましたが、基本的に野村證券のIPO攻略方法は株数が多い主幹事を狙います。主幹事を狙うことで当選する確率はぐっと引きあがります。


また、主幹事を引き受けない場合でも株数が多ければ当選することはあります。仮条件が発表された後に、幹事引受株数も目論見の訂正事項に書かれていることが多いため要チェックです。下記はSGホールディングス(9143)の当選画像になります。


野村證券SGホールディングス当選


その他にも過去に色々なIPOを頂いていますが、年に1回当選できれば良いほうだと思います。10年間IPOを続けている私が個人的に思っているだけかもしれませんがデータ的にもあてはまります。


先ほども書きましたが前受け金不要のため参加者はどんどん増えます。IPO投資がローリスクだと知った方は必ずと言ってよいほど野村証券の口座は開設するでしょう。そうすると飽和状態になると思われがちですが、その何割かはIPO投資が面倒でやめてしま傾向にあるため思ったほど増えないのかもしれません。


野村證券の名寄せによりIPOブロガーも当選できなくなってきた

野村證券が「野村ほっとダイレクト」と「野村ネット&コール」の統一前に、双方の口座開設者を対象に名寄せを行いどちらか一つの口座でIPO抽選をするようになりました。過去の話ですが、昔はどちらも抽選が行われていたんですよね。しかも特定口座で管理されていたため、知っている方はどちらからも申し込みをしていました。この時点でダブル申込できます。


なぜこのようなことが起きていたかと推測すると野村證券のインターネット部門であったジョインベスト証券が過去にあったからです。私もこの時代からIPOに専念していたため口座を持っていたわけです。ジョインベスト証券はその後自己資本比率の低下から野村証券と合体し野村ネット&コールになります。


野村ネット&コールからさらに組織改編され現在の「野村證券ほっとダイレクト」へと移行していきます。ジョインベスト証券も色々と問題がありようやく野村證券と統一されています。これからIPOをされる方にはある意味公平な抽選が行われることでしょう。


現在は「野村オンラインサービス」という名称に統一されています。


野村證券の店頭口座はIPOに当選できますか?

野村證券の店頭口座開設は今まで行ったことが無いため推測にすぎません。ただ奥さんの父親が野村證券と付き合いがあったため話を聞くことは度々ありました。印象的なことは、1回の注文が500万円~1,000万円だったことです。手数料収入も半端なかったでしょうね。


野村證券でIPOが当たらない理由


当時の預け入れ資金は4,000万円程度だったと聞いています。某社の株を大量に持っていたため換金した時にお話があったようです。上場企業の支店長をしていたため付き合いも野村證券だと思っていたら、主幹事が野村だったためストックオプションの関係で証券口座を開設していたそうです。


なるほど、そんなところにも売却手数料を得る収益構造があるのか!と感心したことを覚えています。ただこれはどの証券会社も同じことが言えると思います。持ち株会などがあるところは利用しないといけないルールなどがあるのかもしれません。


野村證券でIPO当選を狙うには地方支店に口座を開設してください

野村證券だけでなく、大手証券ではどこも同じことが言えると思います。首都圏では資産家が多いため、数百万円程度の資産では相手にされないことが多いようです。このことから私は店頭口座を開設するのを昔からためらっています。


野村證券IPO当選実績


店頭に電話をして聞いたことも実際にありますが、電話口では優しいですが現実は難しいと思います。読者からの報告もあり私の中でイメージはかなりハードルが高いと思っています。そこで人口密度が低い地方に口座を開設することでIPO当選確率を引き上げる方法があります。


考え方次第だと思いますが、機会があれば頑張ってみてください。まあ野村證券店頭を攻略するのは難しいと思いますが、他の証券会社なら可能性はあります。口座開設時にあたかも「資産持ってます!」をアピールすれば1回~2回くらいは配分がある方がいらっしゃるようです。攻略には資産、もしくはメンタルが必要かもしれません。


野村證券のIPO抽選ルール詳細とネット&コール

野村証券ネット&コールが2018年からオンラインサービスと名前が変更されています。IPO申し込みは証券総合口座の開設が必要になります。同時に目論見書をPDFファイルで確認できることが条件になります。

    【野村證券のIPO抽選ルール】

  • 1口座1抽選方式を採用
  • 最低申込株数が10万円未満となる場合には取得代金が10万円以上になるよう調整される
  • 電話では原則IPOの申し込みは不可
  • IPOに当選した場合購入代金相当の現金が必要
  • 当選のほか補欠当選も採用している(繰り上げ当選)
  • 購入申し込みを辞退すると当選は失効となる
  • 個人顧客への配分は販売を予定している数量の10%以上を抽選に回す


抽選は1口座1抽選方式になり機械的に抽選を行います。また、10万円以下のIPOの場合は複数当選になるため、当選者は喜ぶが当選確率はかなり低くなります。入金に際して証券総合口座を開設すると野村カードが届くためATMで入金を済ませたほうが個人的に良いと思います。


野村カードATM


インターネット送金を行っても即時反映されない経験が何度かあるため気になっているところです。反映時間を確認すればよい話ですけどね。購入を辞退してもペナルティーはないと思いますが、もしかすると取引履歴に残るのかもしれません。私は辞退した経験がありますがその後も当選できています。


野村證券のIPO抽選ルールまとめ(ネット抽選と店頭ルール)

野村証券のIPO抽選ルールを上記に書いていますがインターネット配分についてい書いているため店頭口座の方は上記にあてはまりません。逆に販売数量の9割が店頭裁量や店頭抽選になるため資金量に応じて自分を評価してみることをお勧めします。


結局は面倒くさがらずに証券口座を開設し、取扱いがある数だけインターネット申し込みをする方が大半だと思われます。その中でも当選運がある方は続けて当選するし、1年間申し込み続けても当選できない方もいます。当選できない方は店頭口座へ移ることも考えてみるとよいと思いますが、日本で一番ハードルが高いのかもしれないと個人的に思います。


店頭口座でも1回や2回当選することは可能だと思いますが、コンスタンスに当選を頂くのであれば数千万円は必要じゃないかな?と思います。私はその土俵にも上れないためコツコツとインターネット抽選に申込み続けるほかありません。


面倒だと思うかたはIPOをやめてしまえばいいだけの話です。SBI証券のIPOチャレンジポイントも3年間くらい貯めないと当選できないような市場になっていますが、あきらめない人に最後にご褒美が回ってきます。野村證券のIPOだけが当選しないと思うのは口座数と前受け金不要といった理由があるからに尽きます。


岡三オンライン証券も前受け金不要でIPOに申込めます! 【当選期待はある】

岡三オンライン証券タイアップ