レナサイエンス(4889)IPOの初値予想と幹事割当数などを今回も自己評価したいと思います。上場前の抽選参加スタンスや業績予想などについても調べています。


大手予想では利益が出る見込みのようですが、投資家の判断はわかれそうです。新型コロナウイルス感染症にも同社は関係があり、材料視される可能性はあります。


ただ現段階で解決できるレベルの話ではなさそうです。新型コロナウイルス感染症に伴う肺傷害に対する後期第Ⅱ相試験を2021年6月に開始している程度の話です。


レナサイエンス(4889)IPOの上場評価


項目株数データ
想定価格630円
仮条件9月06日
公開価格9月14日
公募株数2,240,000株
売出株数711,400株
公開株数(合計)2,951,400株
オーバーアロットメント442,700株
幹事団SMBC日興証券(主幹事)
大和証券
SBI証券
極東証券
東洋証券
いちよし証券
丸三証券
委託見込SBIネオトレード証券
DMM.com証券


同社のPAI-1阻害薬は応用範囲が広く将来性があるとされていますが、素人にはあまり深くわからない分野です。


主要パイプラインは低分子PAI-1阻害薬の「RS5614」や「RS5441」、低分子ピリドキサミンの「RS8001」などがあります。


しかしながら開発は第Ⅱ相止まりとなっており、これから本格的に費用がかかる段階に入ります。商品化はまだ先のことであり現段階で黒字化する可能性は低そうです。


上場後も赤字企業として推移すると考えられます。


ただ医療機器の「RS9001」が2021年度内に薬事承認を申請する予定となっているため、少なからず買われる材料もあるようです。


さらに同社はAIを活用した医療ソリューションを手掛けており、呼吸機能検査診断、透析医療支援システム、糖尿病治療支援システム、発音・発語及び嚥下機能診断、小児発達障害音読診断の5つの開発パイプラインを有しています。


普通の創薬バイオ企業とは異なる開発も行っているため、初値で買われる可能性があるように感じています。この何となくは意外に大事だと考えています。多くの投資家も同じような感覚でしょう。


利回りくんに口座開設を行うとAmazonギフト券が2,000円分貰えます。それと口座開設者には届いていると思いますが、「めざせ!登録2万人キャンペーン」が始まっています。


 

レナサイエンス(4889)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。非常に参考になる数値なので、投資家のブックビルディングスタンスにも影響を与えると考えています。


IPO初値予想


これによると利益が出る期待が残されているように感じます。最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想800円~1,000円
※注目度B


想定発行価格ベースの予想となっていますが利益が狙えるようです。このパターンは基本的に問題がないと考えているため、積極的にIPO抽選に参加したいと思います。


ただ地合いの急変により公開価格割れも十分考えられます。まだIPOの地合いが回復している訳ではありませんからね。


大手予想では底をついたのでは!?的な話がでていました。過去にもこのようなケースは何度も経験しています!


もっと詳しく知りたい
レナサイエンスの詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。仮条件発表後には追記する形で最新の初値予想も記載しています。
【上場】レナサイエンス(4889)IPOの初値予想!コレ利益狙えるかも

Twitterでも情報発信しているのでよかったら参考にしてください。Twitterは投資材料の宝庫なので上手に使いましょう!


よろしければフォローしていただく事で情報共有ができるようになります。


レナサイエンス(4889)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事はSMBC日興証券が単独で務めます。


公開株数が多いため参加者は売買手数料以上の利益が出ればと考えていることでしょう。大きな利益は狙えないためドキドキ感を味わう銘柄だと考えています。


幹事名割当株数引受割合
SMBC日興証券(主幹事)2,095,600株71.00%
大和証券442,700株15.00%
SBI証券295,100株10.00%
極東証券29,500株1.00%
東洋証券29,500株1.00%
いちよし証券29,500株1.00%
丸三証券29,500株1.00%


人気化するのか微妙なので積極的にIPO抽選に参加すれば当選確率は高いと思います。SMBC日興証券からの申込みを中心として、平幹事では丸三証券から参加すればIPO狙いの口座開設者が少ないと思います。


積極的に参加される方は大和証券などからも参加しておきましょう。SBI証券は当選確率が低いと思います。何故ならIPOチャレンジポイント狙いの投資家が多いからです。


丸三証券のIPOルールは下記記事にまとめています。




レナサイエンス(4889)IPOの業績予想と抽選参加スタンス

最新の業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。人気が見込めれば積極的に参加しIPOで利益を狙いたいと思います!


業績予想とBBスタンス考察


業績を確認すると2022年3月期の単独業績予想が出ていました。それによれば売上1.22億円となり前期2.09億円から41.63%減、経常利益-3.99億円となり前期-0.9億円の4.43倍の赤字になります。


四半期利益は-4.00億円となり前期-1.00億円の4倍の赤字計上となる予想が出ています。調べてみてショッキングな数値だと感じます。上場タイミングとして適正なのか判断しかねます。


創業から20年が経過し、結局はダウンラウンドによる処分案件としてとらえることもできますよね。バイオ株で利益を上げるには博打性が高いため、賢い投資家はスルーすることが賢明かもしれません。


上場規模は21.4億円で時価総額は77.3億円になります。


時価総額比較だどペルセウスプロテオミクス(4882)やDelta-Fly Pharma(4598)あたりが参考になりそうです。


新型コロナウイルス感染症の材料で買われると良いですが、個人的には材料不足だと考えています。ただ上場規模が比較的軽く株価設定が3桁の低単価なので、公開価格割れは回避できそうな気がしています。


バンカーズに口座開設を行うとAmazonギフト券が2,000円分貰えます。私は一昨日投資申込みを行おうとしたら、既に募集が成立していました。


募集時間からだいぶ時間が経過していたようです。既存口座開設者も投資を行うことでAmazonギフト券がまた貰えたんですけどね。詳しくは下記記事でまとめています!


クラウドバンクを使った投資を5年間続けています

1万円から投資ができコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回りは6.80%で融資元本回収率は100%を維持しています!

クラウドバンク評判

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。