のむら産業(7131)のIPOがシャスダックに新規上場承認されたので詳しくご紹介したいと思います。今回も業績や上場規模などを確認し、抽選に参考になるような情報を自己評価してみたいと思います。


主幹事はみずほ証券が務め売出株数(公開株数)661,900株、オーバーアロットメント99,200株です。上場規模は想定発行価格1,210円から計算すると約9.2億円になります。


ベンチャーキャピタルによる100%売出しのため人気は見込めないと思います。


のむら産業(7131)IPOの初値予想
※のむら産業公式サイト引用


同社は包装や梱包資材、包装や梱包機械に関わる問題を解決するためのサービスをワンストップで提供しています。


IPOでは人気と言えない事業のため初値は低調になる可能性があります。VC売出し株と言うことでさらに評価が下がりそうです。


ただ12月1発目の上場(IPO)になるため公開価格割れはないのかもしれません。吸収金額が低いことに期待したいと思います!


のむら産業(7131)IPOの上場基本データと引受幹事について調べました

項目上場基本データ
上場日12月02日
市場JQスタンダード
業種卸売業
事業内容包装資材部門と包装機械部門で構成される包装関連事業、物流梱包事業
ブックビルディング11月15日~11月19日
想定価格1,210円
仮条件1,160円~1,210円
売出価格11月22日
初値結果
企業情報https://www.nomurasangyo.co.jp/
監査人EY新日本有限責任監査法人


項目株数データ
公募株数0株
売出株数661,900株
公開株数(合計)661,900株
オーバーアロットメント99,200株
上場時発行済み株数1,546,250株
想定ベースの時価総額約18.7億円
幹事団みずほ証券(主幹事)
SBI証券
いちよし証券
水戸証券
丸三証券
極東証券
あかつき証券
楽天証券
委託見込SBIネオトレード証券
DMM.com証券


のむら産業(7131)の上場に伴う評判とIPO分析を行いました

想定発行価格1,210円を基に吸収金額を算出すると約8.0億円となり、オーバーアロットメントを含めると約9.2億円規模の上場となります。


業績は売上微増で推移し利益は頭打ちのように感じます。また前期利益は連結で大きく下げているようです。


同社グループは、のむら産業と連結子会社2社(山葉印刷株式会社、パックウェル株式会社)から構成され、包装資材・計量包装機械を主に取り扱う「包装関連事業」、また製函封函機・緩衝材を主に取り扱う「物流梱包事業」を展開しています。


のむら産業(7131)の評判と業績
※有価証券届出書引用


包装関連事業は大きく分けて「包装資材部門」と「包装機械部門」の2つにわかれます。


包装資材部門では、米穀精米袋を中心とした食品及びその他の包装資材の企画・デザイン及び販売を行います。


包装機械部門では、米穀用自動計量包装機を中心として計量包装機械の企画開発及び製造販売を行います。


のむら産業(7131)IPOの事業系統図
※有価証券届出書引用


物流梱包事業は、連結子会社であるパックウェル株式会社が、「包む」「埋める」「封をする」といった梱包における問題を解決するための、製函封函機や緩衝材などの商品の仕入販売を行います。


さらに商品の導入支援やメンテナンス等のサービス提供を行っています。


製商品の具体例としては、エアー緩衝材の製造機及び専用フィルム資材、ウレタン発泡材生成機及び専用溶剤、紙緩衝材の製造機及び専用紙資材、ガムテープの操出機・封緘機及び専用ガムテープ資材などを取り扱っています。


のむら産業(7131)IPOの販売実績
※有価証券届出書引用


国内メーカーと比べ多様なラインナップを有する海外メーカーの商材を仕入れ、直接又は販売会社を通じてエンドユーザーに販売、メンテナンス等を行っています。


主な顧客はオンラインストア企業、発送代行会社、その他製造業等があるそうです。


のむら産業(7131)の経営指標と業績状況を確認してみました

回次第55期第56期
決算年月2019年10月2020年10月
売上高5,047,4214,898,835
経常利益306,012265,243
親会社株主に帰属する当期純利益181,34554,894
包括利益又は四半期包括利益191,78652,315
純資産額1,038,6151,054,748
総資産額3,495,6633,166,871
1株当たり純資産額746.33757.93
1株当たり当期純利益金額130.3139.45
自己資本比率(%)29.733.3
自己資本利益率(%)19.25.2
株価収益率(倍)
配当性向(%)
営業活動によるキャッシュ・フロー333,115△120,952
投資活動によるキャッシュ・フロー△39,028△10,769
財務活動によるキャッシュ・フロー△197,751△233,741
現金及び現金同等物の期末残高1,005,757640,293
※数値は千円単位



第57期第3四半期連結累計期間(2020年11月01日~2021年7月31日)
  • 売上高35億25百万円
  • 営業利益1億74百万円
  • 経常利益1億74百万円
  • 親会社株主に帰属する四半期純利益は1億6百万円


のむら産業(7131)の株主状況とロックアップについて調べました

会社設立は1965年11月09日、東京都東久留米市前沢五丁目32番23号に本社を構えます。社長は清川悦男氏(1960年1月14日生まれ)、株式保有率は9.99%(139,075株)です。日野自動車出身の方となっています。


従業員数76人で臨時雇用者8人、平均年齢43.1歳、平均勤続年数11.0年、平均年間給与5,383,000円です。連結従業員数は99人で臨時雇用者は8人です。


連結会社のセグメント別従業員数は、包装関連事業73人(臨時7人)、物流梱包事業14人(臨時0人)、全社共通12人(臨時1人)となっています。


氏名又は名称所有株式数(株)所有株式数割合(%)ロック
MCP4投資事業有限責任組合761,150株54.70%
清川 悦男139,075株9.99%
株式会社サタケ111,350株8.00%
シコー株式会社69,675株5.01%
アルク産業株式会社68,200株4.90%
堀田 正仁41,500株2.98%
のむら産業社員持株会39,075株2.81%
松本 博27,500株1.98%
※株主上位8名の状況、△表示は新株予約権を表します


上位株主には180日目の2022年5月30日までのロックアップが付与されています。ロックアップ解除倍率の記載は目論見にありません。


また親引けは行われません。


のむら産業(7131)IPOの初値予想と幹事引受け株数をチェックしました

大手初値予想は仮条件発表後に掲載を予定しています。しばらくお待ちください。最新業績予想の他、仮条件発表後のPERやPBRなども後日追記します。


仮条件範囲が1,160円~1,210円に決定し想定発行価格が上限となっています。そのため吸収金額は最大で9.2億円とかわりありません。時価総額は18.7億円です。


ファンド(VC)が完全に売り抜けするIPOになるため投資家のイメージはあまり良くないでしょう。しかも配当に期待したいのに配当が出るのか出ないのかはっきりわからないまま上場します。


配当が出ないのであれば誰がのむら産業の株を買うのだろうか?と疑問が付きます。何しろ精米袋等の販売を主力にし日本国内で消費量が減る想定のため成長性は全く感じられません。


また昨今は原油高となっているため原価の高騰も考えられると思います。業績も良いとは言えずIPOとしては人気がないと考えています。


大手初値予想1,200円~1,500円
修正値1,200円~1,350円

※注目度C、修正値は11月16日に追記


業績予想を確認すると2021年10月期の連結業績予想が出ています。売上51.12億円となり前期比4.37%増、経常利益3.21億円で前期比21.13%増になります。


四半期利益は2.01億円で前期比272.22%増になります。増収増益に感じますが前期の落ち込みが酷かっただけです。前期四半期利益は0.54億円となっています。


公開価格が1,210円決定の場合の指標はEPS144.74からPER8.36倍、BPS895.10からPBR1.35倍になります。配当や株主優待の設定は現時点ではっきりわかっていません。


公募組は不参加予定の方が多いようです。私が参加している投資家グループもほぼ不参加のようでした!


幹事名割当株数引受割合
みずほ証券(主幹事)576,100株87.04%
SBI証券13,200株1.99%
いちよし証券13,200株1.99%
水戸証券13,200株1.99%
丸三証券13,200株1.99%
極東証券13,200株1.99%
あかつき証券13,200株1.99%
楽天証券6,600株1.00%


人気は別として当選を狙うのであればみずほ証券からの申込を優先しておきましょう。ベンチャーキャピタルによる売出し株のため人気はなさそうですが上場規模は小さめです。


みずほ証券のIPOルールは下記記事でまとめているので参考になればと思います!




最近は丸三証券が幹事入りすることが増えてきました。まだ口座開設を行っていない方は準備だけしておいたほうがよいかもしれません。


たまに引受け株数が多い場合があります。こちらもIPOルールをまとめています。




それとバンカーズのAmazonギフト券キャンペーンが11月30日までとなっています。口座開設で1,000円分のアマギフが貰えて投資を行えばさらに追加でアマギフを貰うことができます。


気になる方はキャンペーン内容をまとめたのでよかったら参考にしてください!!




類似企業のPERやPBRを調べました

類似企業とPERやPBRは仮条件発表後に記載したいと思います。


類似企業PER
PBR
大成ラミック(4994)PER10.01倍PBR0.89倍
丸東産業(7894)PER4.54倍PBR0.42倍
ショーエイコーポレーション(9385)PER9.58倍PBR1.28倍
※2021年11月13日の株価基準

ストックオプションの株数や発行価格を調べました

ストックオプション行使期間株式の数発行価格
該当事項なし-株-円


ストックオプション(新株予約権)はありません。


ツイッターでもIPO記事のチェックができます!

最新情報を手に入れたい方やレア情報、気になったことをツイートしています。IPO投資歴は15年と長くソーシャルレンディングも6年目突入!安定の利益でブログも15年目に突入。


のむら産業(7131)IPOの評価と申し込みスタンス!まとめ

のむら産業のIPOは当選歴を増やすために参加する感じです。利益狙いの申込みだと痛い目を見る可能性があります。


ただ吸収金額が低いため公開価格割れはないのでは?と予想します。


のむら産業(7131)IPOの評価
※のむら産業公式サイト引用


売上高全体に占める米穀業界への売上高が、2020年10月期で約81%と高い比率となっています。のむら産業単体だと約96%になります。


主食用米の需要量は減少傾向にあるため将来性があるとは言いにくいと思います。また、米穀業界の卸再編等の顧客統廃合や、消費者ニーズの多様化による需要の変化などがネックとなるようです。


生産拠点の多くが東日本エリアに集中しているため、東日本エリアの販売割合が高く、2020年10月期の販売実績は包装資材の約92%、包装機械の約75%となっています。強みでもありますが開拓余地がありそうです。


VC(MCPパートナーズ)とのMBO(マネジメント・バイアウト)は2013年7月です。またのれんの減損もあるため投資前にしっかり確認しておきましょう。為替変動リスクのある外貨建資産と負債もあるそうです。


当サイト限定でCOZUCHIとタイアップさせて頂くことになりました。先着順でAmazonギフト券(アマギフ)を2,000円分プレゼントしています。


口座開設ベースとなっているためハードルはかなり低いと思います!


クラウドバンクを使った投資を5年間続けています

1万円から投資ができコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回りは6.80%で融資元本回収率は100%を維持しています!

クラウドバンク評判

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。